ベジット

「「ベジータとカカロットが合体してベジットってところかな……

          んでもって…… こいつが超ベジット!! 」」


鳥山明の漫画『ドラゴンボール』及びアニメ『ドラゴンボールZ』に登場した、孫悟空ベジータが合体したキャラクター。
ベジータとカカロット(悟空)が合体したから「ベジット」。分かりやすくて大変結構です。
ゴジータが「フュージョン」という「技」で合体したのに対し、ベジットは「ポタラ」という「道具」で合体している。

キャラクター概要

ポタラとは界王神に代々伝わる、イヤリングの形をした秘宝(身に付けていた現界王神は知らなかったが)。
左右一対のイヤリングを二人の人間が一つずつ身に付けることによって、強制的に合体することができる。
フュージョンと違って気の調整や恥ずかしい変身ポーズは必要無く、体格が同程度である必要も無い。
そして合体の制限時間は無し。しかもポタラを外しても、合体は解けない。ようは一生そのまま。……と思われていたのだが(後述)
さらに書籍「ドラゴンボール超エキサイティングガイド」の記述によれば、
フュージョンが融合する両者の力を「加算」するのに対し、ポタラは 「乗算」 するという大盤振る舞いである。
また、ドラゴンボールテレビスペシャル第三弾のコミックスにおいて、ベジットは超サイヤ人4以上かもしれないと書かれている。

+ 余談ではあるが

Z・改

当初の予定では、悟空と悟飯が合体して魔人ブウと戦うはずだったが、悟飯がブウによって吸収されてしまったため、丁度占いババによってこの世に戻っていたベジータと合体することになった。
最初は悟空が自分との決戦の際に力を隠していたことが気に食わずに拒否していたベジータだったが、ブウによってブルマが殺され、トランクスも吸収されたことを知って渋々承諾した。
ちなみに合体すると一生そのままであることは合体の直前、ブウに攻撃されるギリギリのタイミングのところでベジータに知らされたためベジータ的には結構不満の残る合体であったが、いざ合体で誕生したベジットはやたらノリノリで戦っていた
ベジットの性格はどちらかというと悟空よりなのかもしれない。

合体した後はスピード・パワー・技能全ての面で、悟飯を吸収したブウを遥かに上回る凄まじい戦闘力を見せた。
ブウの持つ能力である変化光線を当てられてアメ玉にされても、 強さは変わらない というデタラメっぷりであり、どういう原理かアメ玉の状態でも喋ったり、
舞空術で空を飛んだり、凄まじい強靭さを持つはずのブウの肉体を軽々突き破ったりとやりたい放題である。

「どうする?お前の相手は世界一強いアメ玉だぞ!」


加えて悟飯吸収魔人ブウを完全消滅させることが出来るレベルの攻撃を軽々と繰り出しながら、わざわざ引きちぎったブウの一部だけに当てて「倒そうと思えばいつでも倒せる」アピールをしたりなど、散々魔人ブウをコケにする余裕ぶった傲慢な態度を見せ、観戦している界王神たちもヤキモキさせた。

しかし実は、こうした傲慢な態度や挑発は魔人ブウを追い詰めることで吸収を使わせ、ブウの体内に居るはずの悟飯達を救出するためにブウの体内に侵入する作戦であり、実際のところはかなり思慮深い性格のようだ。

そして思惑通り、ブウに吸収を使わせるためにわざとちぎった肉片を元に取り込まれる寸前にバリヤーを張ることで、ブウに吸収されずに体内に侵入することに成功する…。
……といったところで、バリアを解いた途端に合体も解けてしまった
作中ではブウの体内の汚れた気が原因だと推測されているが、詳しい事は下記。
そして「合体なんぞ二度と御免だ」というベジータによってポタラは壊されてしまい、「ベジット」としての出番は終了となった。

なお、纏っているオーラにスパークが付いていたため、作中では超サイヤ人2形態で戦っていたようだが、あまりにも余裕のあり過ぎる戦いぶりから、作中の戦いでは本気を出していない可能性が高い
この状態のままであれば、悟飯吸収ブウだろうが純粋魔人ブウだろうが瞬殺できたものと思われる。
作者魔人ブウが無理矢理にでも元に戻したがるのも無理はない。
ちなみにアニメでは、通常の状態でも悟飯吸収ブウと互角以上にやり合っている。
普通の超サイヤ人になるだけでも余裕だったのかもしれない。

原作コミックとアニメ版Z・改の「魔人ブウ編」のその後を描く『ドラゴンボール超』*1の「未来トランクス編」では
悟空の姿を模した「ゴクウブラック」と、とある理由でゴクウブラックと手を組んだ第10宇宙の界王神見習いの界王「ザマス」がポタラを使って融合した「 合体ザマス 」に対抗するために悟空がべジータに提案し、界王神からポタラを渡され、再び「ベジット」に合体する事に。
大幅に実力を上げた相乗効果で通常のベジット状態でも以前よりも遥か格段に強くなるはずだが、とある事実を聞いた悟空とべジータは早期決着を決意する。
ポタラを身に付け融合し、合体ザマスの前に姿を現して、早々に超サイヤ人ブルーに変身し「 超サイヤ人ブルーベジット 」になり、合体ザマスに立ち向かっていく。
超サイヤ人ブルー状態の悟空とベジータと同じく、超サイヤ人ブルーに変身すると髪の色も同じく青色になる。

「「オレはベジータとカカロットの合体、ベジットだ!!

          そしてこれが…… ベジットブルー!! 」」


+ ポタラの秘密?

超サイヤ人ブルーベジットと合体ザマスの力は互角で戦闘自体は圧倒し、(多少はダメージを受けており、ブウほど一方的な戦いにはならなかったが)、徐々にベジットが優勢となる。
合体戦士としてはそこで初のダメージを被っているが、相手の隙を突き、必殺技の気の刃で挽回するなど、まだまだ余裕はある様子。今までゲームなどでしか使用してなかった ファイナルかめはめ波 も披露する。
そして勝負を決めようと猛攻を畳み掛ける途中に、上記の理由で再び二人に分離、合体ザマスに二人とも反撃されてしまい、またもや不利な状況に陥ってしまうことに。

ベジットの必殺技


基本的に悟空とベジータの技を使うが、2人にはないオリジナルの技も使用する。

ファイナルかめはめ波
悟空の「かめはめ波」とベジータの「ファイナルフラッシュ」を合体させた技。ゲームにて初登場。
本編中ではアニメ『ドラゴンボール超』の合体ザマス戦で使用。ファイナルフラッシュの構えから、かめはめ波の構えに移行してから強力な気功波を放つ。
サイキックウェーブ
ゲームオリジナルの技。人差し指を上に上げ、標的の足元から気を放出する。
サベージカウンター
ゲームオリジナルの技。相手を挑発し、こちらに向かってきた相手を連続で蹴るというカウンター技。しかし、気功波や投げ技には通じない。
スピリッツエクスカリバー
ドラゴンボールヒーローズオリジナルの技

(以上。Wikipediaより引用・改変。)

なお、ゴテンクスが超サイヤ人3に変身できることから、ベジットも同様に変身できる可能性も高く、
近年のゲーム作品(ドラゴンボールヒーローズ等)では実際に超サイヤ人3に変身したベジットが登場している。

ちなみに老界王神が「老」になってしまったのも、魔法使いのクソババアが勝手に装着して強制合体してしまったためで、本来はもっと若くてハンサムだったのだとか。
ただ、そのお陰で数々の不思議な能力を手に入れることが出来たので善し悪しといったところか。
…あれ?そうなると、老界王神って実は半陰陽なのか!?(原作では言及されていなかったが)

+ ちなみに……


MUGENにおけるベジット

主に海外製で複数体製作されている模様。
  • Kamekaze氏製作
SFCの格ゲー『ドラゴンボールZ HYPER DIMENSION』の画像を使用したもの。
原作ゲームの通り、飛び道具を撃つ際にはライフを少量消費し、パワーを溜めることによって回復することが可能。
ライフが300以下の時に使用可能な、「Galactic Juggle」、「Energy Beam」という二つの超必殺技も搭載されている。
ただし始動技のリーチが非常に短く、しかも外すと気絶状態になってしまうため使い所は難しい。
また、この技で敵をKOすると(ヒットした時点で相手のライフがKO確定の量だと)何故かあの曲が流れる。何故だ……?
加えて、「Galactic Juggle」は決めた後ベジットが地面に埋まってしまうという微妙な不具合がある。
ジャンプすれば直るのでほとんど実害は無いが。

Win版MUGENと新MUGENの両方に対応しており、どちらもAIが標準搭載されている。
ただ、同氏のMVC幽白キャラと比べると強さはやや控えめ。
また、「common.cns」(新MUGEN用)と「commonW.cns」(Win版MUGEN用)の中身が逆になっているようで、
ファイル名を書き換えないとエラーを吐いてしまうので注意。

  • SHELD氏製作、超ベジット
超4孫悟空の作者でもあるSHELD氏が製作した超ベジット。超高速格闘や迫力あるエネルギー攻撃など原作さながらの演出を取り込んでいる。作者曰く強さは超4孫悟空以上だとか……
その操作には相応の指さばきが要求されるが、慣れてしまえば一部の狂クラスをも圧倒する爽快なゲームプレイを楽しむことができる。
下記はSHELD氏操作の対エルクゥ戦。
エルクゥの攻撃をほとんどかわし、原作での魔人ブウ同然の扱いである。

4つの強さの段階があり、初期状態こそ攻撃力不足なものの、上記の動画のように本気状態以降になると狂クラスとも戦えるようになる。
超本気状態になると高い攻撃力・防御力と無制限の瞬間移動により悪魔宇宙恐竜も倒せないこともない。
ただし即死攻撃にはあっさりと倒されてしまう脆さもあるため注意が必要である。

技は判定威力共に優れたものが多く、吹き飛ばし性能も高い。
遠くへ飛ばした相手を瞬間移動や超速移動からの追い打ちで繋ぐとDBらしいコンボを再現できるので試してみよう。
基本的に「通常技」→「特殊技」→「必殺技」→「超必殺技」の流れで繋がるようになっているので、ここを抑えておくと大分良いコンボができるかもしれない。
超必殺技・究極技にはベジットの代名詞ともいえるスピリッツソードやガード不能の一撃KO技であるファイナルかめはめ波など計9つ用意されている。
それに加え裏技的な技が2つ用意されているが、どちらも上記以上の凶悪技なので格ゲーを捨てたい人は使ってみよう。

ドット絵は海外の物を使用している。解凍パスワードは動画の最後のほうにあるのでちゃんと最後まで見てみよう

公開されている超ベジットにはAIが搭載されていないものの、アブラカ氏とクマ屋氏とでづこ@にょ氏によるAIとオカチャンマン氏によるAI付き改変がニコニコ動画内で紹介されている。

アブラカ氏の最新のAIには通常スタート以外に本気・超本気スタートのカラーが搭載されているがバーストリミットスタートはない(バーストリミット自体にはなれる)。
瞬間移動による喰らい抜けも多用し中々の耐久性を誇る。
間違われやすいが最新版は同氏製作の悟空AI紹介動画にて配布されている悟空のAIフォルダに同封されている。(フォルダ名がベジットAI改2の物で最終更新日は2011/10/31)動画は消えているが、現在でも入手可能。

クマ屋氏のAIには5段階の調整があり、カンフーマンでも戦えるレベルから即死級の技を多用するレベルまで幅広く対応している。
クマ屋氏と先に紹介したアブラカ氏のAIは搭載すると狂中位の中でもかなり上の方の実力を発揮する
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20900470

でづこ@にょ氏のAIは上で紹介されたアブラカ氏のAIを元にプレイヤー操作動画のコンボや立ち回りが追加され、一部の技が強化、演出の追加、バグの修正などがされている。
カスタム要素の導入により、微調整ができるようになり、7Pからは一部の即死が超即死投げに変化し耐性がしっかりしてない限り狂クラスも即死させる程になり、強さは設定次第で狂下位~準神相当に変えられる。
12/9にプレイヤー操作再現AIが公開された。通常攻撃から瞬間移動を多用して必殺技や超必殺技へとつなげるコンボメインのタイプ。最新版には耐性スイッチが追加され、このスイッチをオンにすると、強力な即死攻撃でもNOKOなどで耐えるようになりさらに12p状態なら威力の低い宣告なら防げるようになった。(時止めを使用する宣告は防げない)
現在は古いAIは削除され新AIのみ公開されている。過去に弱体化版AIも公開されていたがそちらも公開停止中。
またプレイヤー操作用の性能強化パッチも配布されており、こちらもバグ修正が含まれているのでプレイヤー操作するのであればいれておいて損はないだろう。
2015年10月に公開停止となったがAIのほうは更新と共に再公開された。再公開後はオカチャンマン氏同様改変キャラとして公開されている。
尚、でづこ@にょ氏の改変版は、「7P以上」「バーストリミット状態」「耐性強化on」「ゲジマユ」「バリヤインパクト制限無し」を全て満たしていると、発動中準ステ固定+ライフ管理を搭載したゲージ技やステ抜けを連発し、狂どころかそんじょそこらの神下位程度では倒せなくなってしまうので大会に出す際は注意(強力な死の宣告を用いれば倒す事は可能)。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm18405948
+ 生放送において

オカチャンマン氏による改変版も公開されている。でづこ@にょ氏が配布しているプレイヤー操作パッチを改変したもので初めからAIが搭載されているほか、カラーパレットの追加、一部の技の内部処理の変更、同氏製作のゴジータとの特殊イントロ追加、1.0でも動作可能などの変更点がある。元の強化カラーは削除されており、こちらは狂下位から狂上位に届くほどの実力を発揮する。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22287721

ちなみにアメ玉形態のベジットなんてものも… (こちらもAIが入っていないため注意)
この形態では原作同様にエネルギー弾系の技は一切使わないが、小さい上に素早いためかなり強い。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm18529805 http://www.nicovideo.jp/watch/sm18598840
プレイヤー操作 http://www.nicovideo.jp/watch/sm22033966

  • オカチャンマン氏&夢桜製作、超サイヤ人4ベジット

多くのDB改変キャラを輩出しているオカチャンマン氏が夢桜氏が作成した超サイヤ人4ベジットのドットを使用して作成されたキャラ。
ランクは同氏が改変した超4ゴジータとほぼ同じで特殊イントロも実装済み。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm27236899 http://www.nicovideo.jp/watch/sm28671117

AIも搭載されているため今後の大会出場が期待される。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm31197921


他に大会で見かけるキャラだと、海外製の狂キャラであるハイパーベジットやベジットクローンズがいる。
それと海外の方が手書きで作ったFinal Supreme Vegito(ファイル名Supreme Vegito Final)なるキャラもいる。ベジットクローンズやゼットンエルクゥ鬼化パッチ入り等を倒せるが、SMHを倒せないため狂上位止まりである。でも大体こいつのSSJ4と互角。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12314188
また下記にもある 2010年夏’狂上位~最上位固定タッグトーナメント に出ているVegito V4(Speicaledition)等々、ゴジータにも引けを取らないほど沢山存在している。

出場大会

更新停止中
凍結
【超ベジット】
【ハイパーベジット】
【ベジットクローンズ】

プレイヤー操作



*1
ちなみに「ドラゴンボール超」はアニメ版が先行で制作されているため、
コミック版とは設定や内容が微妙に異なるなど違いがある。(話の大筋は基本的に同じだが)

*2
「あらかじめ超サイヤ人の状態で合体した方が良いのか?」という悟空の疑問に返答する際、
老界王神は答えを返すと共に「変身せずとも十分にブウを倒せる」という旨の発言をしている。

+ 超サイヤ人4ベジット