ルー=サイファー

「ようこそ、我が世界へ。我が名はルー=サイファー」


ファーイースト・アミューズメント・リサーチ(F.E.A.R.)制作のTRPGシリーズ『ナイトウィザード』の公式NPC。
第八世界「ファー・ジ・アース」(=地球)の一つを成す裏界に君臨する魔王の一柱。その中でも皇帝シャイマールに次ぐ地位にあるとされる。
爵位は大公で、二つ名は「金色の魔王」。元ネタは魔王ルシファー某ストライダーの武器とか極限流の技とは関係ない。
ドラマCDでのCVは宮崎羽衣。

原作でのスペック

 属性:火/天
 ウィザードクラス:
 キャラクターレベル:不明
 性別:女
 年齢:18(外見)
 髪の色:金
 瞳の色:銀
 肌の色:白
 必殺技:不明
 (以上、『ナイトウィザード The 2nd Edition』ソースブック『スクールメイズ』からの引用)

写し身は真紅のドレスを纏った縦ロールの18歳の金髪銀眼の美少女の姿を取る。
かつて驕りから至高神へ反逆した古代神の一柱で、凡百の魔王が束になっても敵わないほどの力を誇る。
力だけでなく知略にも長け、配下を従えるカリスマと統率力も誇り、シャイマール失踪後の「裏界帝国」を一つに纏め上げてきた。
裏界を自らの愛すべき安住の地と思っており、他の魔王のように牢獄だとは思っていない。
だが嫉妬深く、他の魔王が手柄を得る事を恐れ、人間に手を貸す事もあるという。

第三天使の喇叭事件(表向きは黒海沿岸部の発電所事故)において、
ルーが顕現したことで世界結界に綻びが生じ、幾多のエミュレイターが活動を始めるきっかけとなった。
後に「マジカルウォーフェア」(『魔法大戦』とも)と呼ばれる、1st editionでの戦いの末期(リプレイ「合わせ鏡の神子」)、世界結界の強化によるウィザードの消滅を目論むが、失敗。
魔法の消え行く世界で強引に力を発揮しようと送り込んだ強力な写し身を倒され、大幅に力を失い実質的に失脚した。
2nd editionでは落とし子の一人ルイズ(某ゼロではない)を自らの代理として立て、密かに暗躍を続けている。

+ しかし最近…(ネタバレ注意)

+ 元ネタ補足

+ るーさま

MUGENにおけるるーさま&ルー=サイファー

+ hakase氏制作 るーさま
+ hakase氏制作 るーさま?
加えて、フェウス=モールを製作したはにゅう丸氏により両方に対応するボイスパッチも公開されており、
2014年2月の本体更新で本体側に同梱されるようになった。

出場大会

るーさま
ルー=サイファー

出演ストーリー