アーちゃん



「きゃはっ」

『魔導物語』及び『ぷよぷよ』シリーズに登場するキャラクター。
嘘泣きが得意悪戯好きな弓使いであり、同シリーズにやたらと多い女雑魚の一人である。
初登場は、当時コンパイルが定期的に刊行していた雑誌形式のPCミニゲーム集「ディスクステーション」に
収録されたシミュレーションゲーム「大魔導戦略物語 ばよえ~んウォーズ」。
一年後、同じく「ディスクステーション」収録作品「魔導物語 はちゃめちゃ期末試験」で敵キャラとして再登場、
以降「ディスクステーション」収録作品やRPG「魔導物語」シリーズには敵キャラやエキストラとして多く登場しているのだが、
いかんせん肝心の「ぷよぷよ」シリーズでは「ぷよぷよ~ん」と「ぷよぷよBOX」のみの出演なため知名度は低い。
また「わくわくぷよぷよダンジョン」においてはアーさん、アーたん、アーちゃま、アーくん、
「セガサターン版魔導物語」においてはエルフのかりうど、ちびっこハンター、リトルシューター、森のスナイパー、
「ぷよぷよBOX」のRPGパートではウッドハンターという多くの同種族(上位種)キャラが登場している。
見方を変えると、最後まで雑魚敵扱いだったということにもなるが。
命名は『弓使い』を意味する「アーチャー」からだろう。

原作におけるアーちゃん

+ 魔導物語シリーズでのアーちゃん

+ ぷよぷよシリーズでのアーちゃん

MUGENにおけるアーちゃん

もののけ氏による愛あふれる手描きの物がニコニコで作成中であり、現在Ver0.9が公開されている。


必殺技には弓を使った豊富な遠距離射撃やバナナの皮やおじゃまぷよを使った設置技等がある。
各種設置技はダメージこそ少ないもののゲージダメージや長拘束などがあり嫌らしい性能。
合計して画面に三つまで置けるが拘束中にぷよの追加はできない。
また嘘泣きは近づくと爆弾を投げつけるという、当身に近い技になっている。

外部AIはおまけの人氏、ちぃたま氏によるものが存在する。
いずれも、原作での本当に序盤雑魚な扱いとはうってかわってかなり強い。
+ おまけの人氏製AI
+ ちぃたま氏製AI

「うるうる~」

出場大会