すけとうだら


「レッツダンシング!」
タラ目タラ科に属する魚類。スケソウダラとも呼ばれる。全長91cm。北太平洋に広く分布するタラの一種。

‥‥ではなく、 ゲーム『魔導物語』及び『ぷよぷよ』シリーズに登場する同名のキャラクター。通称たら。体長190cm・体重138kg。
初登場の『魔導物語1-2-3』(MSX/PC-98)エピソードIの時点では名前が「 すけとうたら 」だったが、
『ぷよぷよ』や『魔導物語A・R・S』以降は「すけとうら」と濁った(ただしゲーム中の略記はやはり「TARA」)。
踊るのが趣味の手足の生えた。他キャラからの踊りの感想は主に「キモイ」「美しくない」など評判は良くない。
中の人は『ぷよぷよCD』シリーズでは青野武氏、『ぷよぷよ~ん』ではチョー氏、『ぷよぷよ!』以降のセガぷよでは菅沼久義氏、
その他のコンパイル作品ではだいたいコンパイル社員が演じている。

ウィッチと同じく当初は雑魚敵で、それも踊って体力を回復させるのが特徴の手足の生えた魚という完全なるネタキャラとして登場した。
キャラクターがリアル頭身で描かれたPC-98版では、実在のスケトウダラに手足が生えたようなデザインになっており、
さらにボディービルのような演技をして、こちらの攻撃を弾き返す。
当初は色々と濃い雑魚敵たちの一人にすぎなかったが、かなり早い段階でTVCMの宣伝役に抜擢されて以降、
以後も主人公を差し置いて新作のTVCMに出演しつづけ、Win版魔導物語2作では雑魚敵ではなく共に審査員という個人として登場、
スーパーファミコン版『魔導物語はなまる大幼稚園児』では息子のすけとうだらJr.がメインのライバル役で出てきたり、
セガサターン版『魔導物語』で仲間の一人になったり(しかも2回以上仲間になる期間があるのは、彼のほかは準主人公クラスのシェゾだけ)、
『魔導RUN』では仮にも準主人公クラスのルルーを差し置いて自機になったり、人魚のセリリに片思いする設定が出来たりと、
非人間キャラとしてはスケルトンT、ミノタウロスに並ぶ破格の出世街道を歩んでいった。カードダスがキラ扱いだったこともあった。
(ただし、ミノタウロスに関しては「ルルーの御付」と言う立場であった(最初の作品ではただの手下だったが)ため、
 序盤から優遇はされてはいた(アルルの友達でシリーズのマスコットであるカーバンクル(カーくん)に準ずる扱い)。)
単なる雑魚であるはずのたらが優遇されていたのは、1991年の人気漫画『南国少年パプワくん』に「脚の生えた鯛」がレギュラー出演していた(そしてキモがられてた)のも大きいのかもしれない。
(『魔導物語1-2-3』は1990年だが、すけとうだらの存在が大きくクローズアップされたAC版『ぷよぷよ』は1992年である。
 なお、1991年のMSX版元祖『ぷよぷよ』にはアルル(タイトル画面のみ)、ぷよぷよ、カーバンクルしか登場しない。)


その後版権がSEGAに移り『ぷよぷよ!15th』で久々に復活するとスタッフに気に入られたのかまた宣伝役を続投の上、
コンパイル時代はところかまわず踊っては「キモイ」と迷惑がられてブチ切れるというはた迷惑な性格だったが、
踊って相手とコミュニケーションをして仲良くしようという気のいい性格に美化された(その後徐々に以前のように戻っていったが)。
さらには公式サイトにて『週刊すけとうだら』なる専用コーナーまで作られている。
そして『ぷよぷよ7』ではストーリーで仲間になり、『ぷよぷよ!!20th』にもやはり新規ストーリー付きで続投。
『ぷよぷよテトリス』ではシナリオ上こそ目立たないものの、ウィッチやシェゾ等が隠しキャラ扱いになっているのに
彼はデフォルトで選択可能となっており、そして魔導組でボイスチェンジが有料DLCではないのもアルルと彼のみ、
さらにそのボイスチェンジは ショタ風ボイスに変化 というぶっとんだ仕様だったりする。
もはやカーバンクルを差し置いて完全な看板キャラである。自重しろ魚介類。
まぁ『よ~ん』の二の轍を踏まないよう魔物型キャラを活躍させたかったのかもしれない。

ちなみにスケルトンTは何故か3人に増えたものの『ぷよぷよ7』で復活を果たした(ただし『20th』では落選)が、
仮にも一時ラスボスだったミノタウロスの再登場はシリーズ番外編の『ぷよぷよ!!クエスト』まで待つことになる。
もっとも『ぷよぷよ!!クエスト』は『なぞぷよ』シリーズにしか登場していないマイナーなキャラまで登場しているような作品であるが。
アミティ等と戦うには見た目が物騒すぎるからだろうか。

新旧問わず何故かたら率多めなTVCM


ぷよシリーズでのたら

彼のCPUは全作において、対戦開始直後にぷよを高速落下でそのまんま左から順番に並べて4段目まで積むという特徴がある(通称タラ積み)。
その素早く積む姿に初心者はビビる事もあるが、単に何も考えずに一切ぷよを回転させずバラバラな色を積んでいくだけなので
開幕に速攻をしかければあっさり埋めて倒すことが出来る。

対戦においては「カエル積み」「ハーピー積み」等の類似の積み方として扱われているが、所謂「フィーリング積み」の一種であり、
とにかくデタラメに4段目までを高速で積んでいき、そこから2~3連鎖程度の細かい連鎖を繰り返して相手に細かくおじゃまぷよを送っていく戦術として稀に使われることがある。
横に広くぷよが置かれるため、連鎖を起爆しやすいというメリットが存在する一方で、
上述の通りぷよを詰んだうえにおじゃまぷよの層を作られると ほぼ即死を免れない 、大連鎖が発生しづらいなど
メリットに対してリスクが非情に大きいためかあまり頻繁には見られない。

『ぷよぷよ~ん』での特技は自フィールド内で最も多い色ぷよを、二番目に多い色ぷよの色に変える「フィニーッシュ」。
GB版『ぽけっとぷよぷよ~ん』での特技は相手フィールドの3段目までを壁で埋め尽くす「ビルドアップ」。
『ぷよぷよ!』以降の奴の性能は「フィーバーで逆転」タイプ。
4個組みのツモが来ないのが特徴で、フィーバー時の伸ばしがやり易いので最強クラスのフィーバーレートを遺憾なく発揮できる。
反面通常時のレートは一転して最弱クラス。通常連鎖勝負では勝ち目が薄い上にツモ数も並なのでフィバ待ちもやや苦手。
連鎖自体は組みやすいキャラなので副砲などを生かし手早くフィーバーに突入したい。
『ぷよぷよ!!クエスト』では赤属性のバランスタイプ。
スキルは赤ぷよをチャンスぷよに変える「ダンシングチャンス」、リーダースキルは1回のみHP1で踏みとどまる「タフネス」。
「タフネス」により即死級の大ダメージをも耐え、チャンスぷよ変換により大連鎖で反撃が可能なので道中・ボス問わず安定度抜群である。
更に☆5LvMAXまで鍛え上げるとアミティら人型メインキャラにも引けを取らないステータスに成長する。
それでいて序盤ステージのボスドロップや無料ガチャから気軽に狙うこともできる為、ランクを問わず使用率は非常に高い。
なお「チャンス」と「タフネス」は各色すけとうだらのような魚キャラで統一されている。

初代『ぷよぷよ』から『ぷよぷよ~ん』までは基本的に敵役として出るのみだったが
『ぷよぷよ!』で復活してからは自分のストーリーを持っていたり味方になったりすることが多い。
ぷよぷよ~ん ぷよぷよ7
ぷよぷよDA!(音ゲー) ぷよの日2010 すけとうだら篇
また『ぷよぷよ!!』ではそれまで常識人っぽくなっていた反動か、旧作寄りの少しはた迷惑な性格に舞い戻り
彼のストーリーは名探偵を自称し手当たり次第に犯人扱いして襲い掛かるというものであった。
問答無用!!」と言ってアルルに襲いかかる一面はまさに旧作のすけとうだら。

なお種族名と思われる名前が、個人名で使われているとしか思えない場面も多いのは、ぷよシリーズではよくあることである。

MUGENにおけるたら

midorimushi氏によるものが∞ろだに存在していた。
同所閉鎖により一時期入手不可になっていたものの、現在では小物ロダに再UPされているようだ。
ドットは各作品の根性キャプによるものとなっている。
またボイスは『ぷよぷよ!』のものが使われている。
ストIIリュウを参考に作られており、AIの動きにも結構面影がある。

通常技は数が少ない上リーチが短く使いづらいがその分必殺技は

上昇中無敵時間の昇竜技のグルービィー
飛び道具無敵のリップルターン
ガードした方がダメージがでかい飛び道具サーフビート
そのサーフビートを三発放つ1ゲージ技ファンキーウェイブ
唯一使えない3ゲージ技ふぃーにっしゅ!

と強力なものがそろっている。
中でもサーフビートは発生が早く下段判定でダウン性能まであるというマジキチ性能である。
さらにHardAIだとストⅡ性能の通常投げを自重せず使ってくるので見た目とは裏腹にかなりの強さを誇る。
その反面歩く速度が非常に遅い、ピヨリ易い上に連続でピヨる仕様等、致命的な弱点も存在する。

ちなみに旧版では画像がジャギっていた上、現在のバージョンとは性能がかなり異なっていた。

「ふぃーっしゅ」

出場大会




添付ファイル