ダズラー


マーベルコミックの『X-MEN』のキャラクター。初登場「The Uncanny X-Men #130」。

本名はアリソン・ブレア
元は歌手をしていたが、ミュータントであることが判明して芸能界を追われた。
X-MENには加入したり離れたりを繰り返しており、現在は独立国ユートピアに移り住んでいる。

能力は音を光に変える、というもので、ビームとして放射したり、ホログラムを作るといったことも可能。
歌手活動の時もこの能力をステージ演出に使っていたらしい。
コードネームも「目をくらます者」という意味である。うおっまぶしっ
ちなみにこの能力、彼女が持つ、聴覚と視覚が連動した感覚 「共感覚」 の存在も大きく影響している。
(かなり珍しいが、現実の音楽家や画家にもこの能力の持ち主はいる)

ゲームにはコナミが出していたアーケードゲームにプレイヤーキャラの一人として登場。
またテレビ東京で放送されたアニメ版にも登場し、日本語吹き替えは白石文子Vガンダムのマーベットさん役)が担当した。


MUGENにおけるダズラー

jr6氏、Twinimage氏の共同作業による海外製のキャラが存在。ドットの素体は恐らくローグ
デフォルトのAIとにかく撃ちまくる(と言っても東方やビーム脳とまではいかないが。
インフレが進んだ現在ではそれほど強くないのだが、飛び道具に対応できないキャラだと一方的に封殺してしまう事もある。
接近戦も弱いわけではないが、光が斜めに撃てず、対空技にも乏しい。
空中戦は得意としないため地上で撃ちまくる攻撃が主体となる。

前述の通りシングルではそれほど強くないが、タッグなら砲台として活躍するかもしれない。

知名度はまだまだ低いが、大会に出ればそれなりに活躍するため今後に期待しよう。

出場大会





添付ファイル