トリス

「ほんっとシャレになってないよ」

バンプレストが発売したシミュレーションRPG『サモンナイト2』の女性主人公(選択制で、男版だと「マグナ」になる)。
お調子者だが、気配りも出来るしっかり者。
他の作品では『サモンナイト3』の番外編、外伝作品の『サモンナイトクラフトソード物語2』などにも出演している。
声優はドラマCDは木村郁絵、DS版予約特典アニメとクラフトソード2では浅野真澄となっている。

蒼の派閥と呼ばれる召喚術を通して世界の真理を研究しようとするアカデミックな集団の新米召喚師。
元は聖王国の北部で生まれ育った浮浪児だったが、あるとき召喚術の力が暴走したために町を破壊してしまい蒼の派閥に保護された。
それ以来、派閥の本部で召喚師になるべく修行を積んでいる。
しかし試験に合格したとたんに追放同然に追い出され、兄弟子のネスティ・バスク(CV.緑川光)と共に見聞を広めるための旅に出た。
旅先で聖女アメル(CV.桑島法子)と出会い、彼女を守るために行動を共にする。

本編では主人公だけあって基本的に選択肢次第でどんな行動も行うキャラクターであるが、大まかな人物像としては「活発で仲間思いな女の子」である。
基本的に戦闘力立ち絵からして絶望的 であり、身長も低め。キャラクターにもよるが、彼女より年上の恋愛ENDを迎えられたキャラは 二次創作でほぼロリコン化している。
(兄弟子たるネスティのシスコン化やアメルのレズビアン化は日常茶飯事)
戦闘力に関しては『サモンナイトクラフトソード物語2』の公認攻略本で、同作に登場した同じ蒼の派閥服のキャラクターと胸部を横から見た比較イラストが載ってしまい、
しかもトリスの方に ビフォー 、同作のキャラクターのほうに アフター と書かれているなど公式に近いところでもネタにされてしまっている。
次回作の女性主人公のナイスバディな大人のお姉さんっぷりとはまるで真逆である。
+ ボディラインくっきりなDS版

恋愛シミュレーションゲーでもある本シリーズの性質上特定のキャラクターとのカップリングを押しているわけではないが、
一時公式が配布したタロットカードの絵柄でネスティ・バスクと共に「恋人(ラバーズ)」に描かれたことがあり、この推選に地味に賛否両論があったのは過去の話。
+ 原作ネタバレ

4と5の間のストーリーである公式小説の「U:X(ユークロス)」では旧作主人公枠はマグナにとられることとなったが別の形で登場している。
「叛檄の救世主」の表紙では裸外套という色々と危ういというか丸出しな姿を披露している。

原作中の性能

戦闘タイプに育てると最終的に移動力が4と高く相手の反撃を受けない横切りで攻撃できる。
ただし横切りは高さに弱いため段差の多いステージは苦手だが逆に平坦なステージは得意である。
魔法タイプに育てるとMPが高く魔法をバンバン使っても大丈夫なキャラとなっている。
サモンナイト3では番外編で登場。リメイク以前は番外編だけの出番であったがPSPリメイク版では傀儡システムによって
ブレイブメダルを支払うことで本編でも使用可能となっている。
リメイク版では必殺技である響界連撃が使用可能となった。近くに仲間である護衛獣がいないと使えないが
少ないMPで大きなダメージを与えられる使いやすい技となっている。
また武器チェンジシステム、スキルシステムによって色々な戦い方ができるようになった。
武器である短剣はスキルレベル上げると低確率即死効果がつき、武具は命中率、回避率、反撃率が高いためうまく使い分けよう。
また射撃返しという銃などの遠距離攻撃のダメージを半分相手に返すスキルや魔法攻撃力をそのまま攻撃力に変換するマジックアタックなども覚える。
総じてかなり汎用性にあふれたキャラとなっている。


MUGENにおけるトリス

スペランカーが先生としてメイン出演している動画『運動会』シリーズのうp主である、ホイホイ氏によって作られた。
ドットはサモンナイト3のドットを使用している。
AI専用キャラでありHPが3分の1以下になると弾幕モードになる。
ネスティや仲間達を召喚して攻撃する。
なお背景にたまにベガランカーが出現することもある。そんなに自分が作ったキャラが心配ですか先生。

このトーナメントに出場しトナメ終了後に公開された。

他にre5t氏によるクラフトソード物語2のドットを使用して作られたものが存在する。
原作通り短剣で戦う為、攻撃のリーチが短いキャラとなっている。
アレンジ要素としてクラフトソード物語3の魔法・必殺技の追加やオプションキャラに機械兵士ガンヴァルドが設定できるようになっている。
AIは未搭載。



出場大会

出演ストーリー




添付ファイル