ヘルカオス

ナムコのゲーム『スプラッターハウス』のラスボス
+詳細…と言うか、存在そのものがネタバレだが
ヘルマスクに宿る仮面の精が、地中に眠っていた怪物に宿った姿。
ヘルマスクとは、様々な精霊の力を宿した、自我を持つ仮面で、顔にはめた者の眠れる力を最大限に引き出す能力を持つ。

初代では、リックに力を与えて館からの脱出を手助けすると見せかけ、
その裏では館に幽閉された自身の封印を解く為に動いており、
館が崩壊した後に封じられていた自分の体を取り戻した後、利用していたリックをも倒そうと地面から現れる。

ヘルカオス自体の攻撃は腕と地中から現れる際の岩で避け辛い上に、ステージ自体が難しいため苦戦するだろう。

『わんぱくグラフィティ』では、リックが葬られていたときに一緒に着けられていた仮面。
なぜ死者を葬る時に着けられていたのかは、わんぱくなので気にしてはいけない。
+真相
『わんぱくグラフィティ』の出来事自体が映画の設定であり、本作に登場する怪物も全て映画での演出。
つまり、この仮面も映画での小道具であったのだった。
+と思いきや…!?
実はこのマスクは本物のヘルマスク。エンディングの最後に正体を現して撮影所内部を荒らしまわる。

続編『スプラッターハウス2』では改心したのか、リックがジェニファーを救出するのを手助けするように見えるが…?

ジェニファーを救う為、デスクリスタルを破壊した際に邪神が復活してしまう(『2』では戦わない)。

完結編『スプラッタ―ハウス3』ではリックとジェニファーの息子デイビッドを救う為に、またもや力を貸してくれる。
リックの姿を一定時間強化させることが出来るようになり内臓を硬質化させ槍のようにしたり
高くジャンプして相手を頭から床へ叩きつけたりなど怪物じみた技も出来るようになった。
しかし…
+ネタバレ注意
ヘルマスクの目的はあくまでも自身の完全復活のため。
『2』でリックを手助けした理由はジェニファーと同じ死の世界に居た邪神の封印を解く為。
最終的にはリックが倒した邪神に憑依して肉体を奪い襲い掛かってくるが
リックは普通に強化体に変身が出来る上、3における復活モーションがマスクの力を借りる為、
大変奇妙なことになっている。
更に、攻撃力は非常に高いもののボスの中で1体だけガードが出来ないなどボスとしては弱い部類である。

初代『スプラッターハウス』ではホッケーマスクのような形をしているが、版権上の問題からか、他の作品では違う姿をしている。
『2』では、マスクが骸骨のようになっており、『3』になると骸骨をそのまま被るような形になっている。
マスクをつけると何故かスキンヘッドになるが理由は不明。髪の毛が減るマスクってか


MUGENにおけるヘルカオス

Werewood氏(現:Borewood氏)が制作した原作ドットの物が存在している。
通常移動は出来ないがボタンである程度の移動は出来るようになっており、移動後自動で岩が出るようになっている。
攻撃は原作通りですべてガード不能技となっており、
AI戦ではかなりのAI殺しになるので、アーケードのボスとして使ったほうがいいかもしれない。

+ネタバレ注意
まだ!僕の夢は魔物使いトーナメントにおいて魔物側として参戦、上記のとおりかなり強力な魔物で投げ技も効かない仕様だったことから序盤はベジータを苦戦させたが、ワープを有効に使ってガー不攻撃を回避し、難なく捕獲された。
この時点では「まぁAI殺しなんて他にも沢山いるし…」程度としか視聴者に思われていなかったが…

その後ベジータが予選を勝ち抜けたことにより、一気に頭角を見せることとなる。
シングル戦・タッグ戦・チーム戦と全てにおいてガー不攻撃が猛威をふるい、次々と敵をなぎ倒して不敗神話を打ち立てる。
特にフェリシアと組んだタッグ戦は、フェリシアの投げによる長時間拘束がヘルカオスの実力を引き立て、驚異の強さでベジータに高得点を献上した。
決勝戦でダンテチームの工藤夢月ペアに土をつけられたものの、見事ベジータを準優勝に導いた立役者の一人といえよう。

また、初登場時はスキンヘッドに加えて魔物使いがベジータだったせいでコメントでは「ゾンビ化したナッパ」とかいわれていた。

出場大会

  • 「[大会] [ヘルカオス]」をタグに含むページは1つもありません。