アーデルハイド


「彼らも私も懸命に闘った。
     尊敬すべき相手ばかりだ」


格闘スタイル: あらゆる格闘技をマスターした総合格闘術
誕生日: 2月15日
身長: 183cm
体重: 74kg
血液型: O型
出身地: ?
趣味: ?
大切なもの: ?
好きな食べ物: ?
嫌いなもの: ?
得意スポーツ: ?

THE KING OF FIGHTERS』 2003から登場するキャラクター。 フルネームは 「アーデルハイド・ バーンシュタイン 」。ルガールと血縁関係にある。
公式に発表されてはいないがXIIIにおける怒チームストーリーにて妹のローズがルガールの娘という発言があったため、
まず間違いなくルガールの息子であると思われる。
ルガールとは違い思慮深い性格で、戦った相手には敬意を表する礼儀正しい青年。
アンチヒーローとして描かれているアッシュに対する、アッシュ編の「裏主人公」とでも言うべき存在となっている。
プレイヤーの間では 「アーデル」 「アデル」 と呼ばれる。 担当声優は『NBC』でワーヒー枠から出場したハンゾウを演じた田中哲哉氏。
なおアーデルハイドとは本来ドイツ系の女性の名前であり、あちらでの愛称(公文書にも使える短縮形)は「ハイジ」。
つまりあの有名な少女と同名である(彼女はスイス人だが、スイス人の64%は(スイス訛りの)ドイツ語を使う)。

KOF2003の開幕前、巨大飛行船 「スカイノア」 の受け渡しのためポーランドのとある街に訪れる。
見知らぬ街の道に迷っていたところに、ハイデルンと邂逅。 彼とはこれが全くの初対面だったようだ。
ハイデルンの不思議な人柄に惹かれたアーデルハイドは普段からは考えられないほどよく喋り、様々な悩みや迷いを打ち明ける。
このときハイデルンは 「ベヒシュタイン」 という偽名を使っていたが、別れ際にコードネームを明かしており、
アーデルハイドは少なくともそれからKOF開幕までには彼の素性や血縁の因縁について自覚していたと思われる。

 2003ではKUSANAGIの倒し方によって分岐する通常ルートのラスボスとして登場。
 スカイノアに優勝チームを招待し、試合を挑む。
 エンディングでは彼を破った対戦者に対して殺意を露にするローズを制し、潔く敗北を認めた。
 彼のステージで流れるショパンの 「革命のエチュード」 はハイデルンの亡き娘、クララが得意としていた曲で、
 それをハイデルンと出会った際に聞かされたアーデルハイドがローズにリクエストしたというもの。 *1
XIでハイデルンと再会。 当然前回大会に姿を見せたアーデルハイドの素性を既に知っており、今度は一軍人として彼の前に現れた。
ハイデルンの心中は複雑なものがあったようだが、彼にとってアーデルハイドは立場上相容れない関係であり、
「次に出会った時、私は君の 『敵』 だ」 と言い残して立ち去った。

実はXI隠しキャラの中で、彼だけ個別エンドがある。
条件は「アーデルハイドをリーダーにしてクリア」である。是非見てみよう。
+ XIアーデルハイドのEDネタバレ

続くXIIにおいては使用キャラの中にいなかったため、一部で「ボスとして出るのでは」とも予想されていた…が、XIIにはボス自体が存在せず結局出番はなかった。

+ XIIIネタバレ

+ ローズ


紳士的な雰囲気を備えた美青年。
公式ではXIまで「謎」扱いになっているが、父親が誰なのかは公然の秘密であった。
彼には「対立する弟がいる」という設定があったので、そちらの息子という可能性も考えられたが、
上述の通りXIIIにおいてはっきりと妹が父はルガールと断言したため、その線は完全に消え去ってしまった。
対外的にはあの親父と血縁とは思えないほどの常識人であり、礼儀正しくもやや物静かな青年である。
反面、身内相手に我を通すことができない弱気な性格を気にしており、妹のローズには頭が上がらないが、戦闘中は自信家のような面を覗かせる。
思春期の青年らしい不安定な心情はどことなくロックと通じるものがある。 設定的にもロックとかぶって(ry
ボガード兄弟藤堂親子(何かが間違っているが)などの例外はあるが、なぜかSNKの息子キャラは親父嫌いが目立つ。

 アーデルハイドという名前は一般的には女性名で(男性形ならばアーデルベルト)、
 娘を欲しがっていた父が考えていた名前を彼にそのまま付けてしまったとのこと。
 おかげで姉妹と間違われることも多いらしく、この名前については少々コンプレックスを持っているようだ。女の名前なのに…なんだ男か
 また血縁について回るしがらみについても思い悩んでおり、父のことをいまだに理解できないと言う。
確かにことあるたびに自爆し、復活してはまた自爆を繰り返す危険な親父など一般人には到底理解できないだろう。
正確には'98、2002、CVSはKOF正史ではないのだが、それでも2回も自爆している。
当然のことのように理解してそうなローズは末恐ろしい娘である。

格闘術には天賦の才があり、皮肉屋で嫌味な言動が目立つ禍忌ですら彼の素質を高く評価し、それなりに素直に賞賛している。
普段は妹とともに世界各地を周りながら父から受け継いだ事業を行っているようだが、
母親の存在も含め設定の多くは伏せられたままになっている。KOFに姿を現した動機や目的もはっきりしていない。
オロチ」という単語に反応を示しており、また彼の技の中にもオロチ一族の力を思わせるエフェクトを伴うものがあることから、
オロチの力を手に入れた父から暗黒パワーを与えられたとも考えられる。 あるいは何も考えずにコピペしてしまったのか。
先に書いた通り、当初ルガールには「対立する弟がいる」 という設定があったのだが、
もしかしたらこの設定を「息子」という形にして掘り起こし、世に出されたのがアーデルハイドなのかもしれない。

意図的にメインストーリーからは一歩離れた立ち位置のキャラクターとしてデザインされたようで、
アッシュとは一度対面したものの、黒幕たる「遥けし彼の地より出づる者たち」と直接対峙することはなかった。
KOF全編を通しての影の主人公的なポジションにいるハイデルンとの絡みが今後も彼のストーリーの主軸に置かれると見られる。
アッシュ編は彼の成長の物語でもあると見る向きもあり、時には「アッシュより主人公らしい」と言われることも。

+ KOF以外の作品では…


原作中の性能

ゴッドプレス」に酷似する「G・ドラッケン」や「ダークバリヤー」にそっくりな「G・ワンド」 、
「烈風拳」を脚で撃つような「G・キッケン」など、ほとんどの必殺技がルガールを踏襲している。
超必殺技も「ギガンテックプレッシャー」に相当する「G・スクラーゲン」、「ジェノサイドカッター」に相当する「G・クレイス」、
「カイザーウェイブ」に相当する「G・クローンプリンツ」と、ほぼルガールをプレイヤーキャラ仕様にしたような性能と考えて良い。
だが防御力が他のキャラより低めでジャンプも他と比べて高く、小ジャンプ以外は迎撃されやすいので安易に飛び込むのは危険。
代わりにダッシュが速いので、地上で間合を詰めてから固めるのが定石である。

ガード不能のドラッケンと、キャンセルすると蹴り上げ部分にも攻撃判定の出るキッケンが主力で、
キッケンと遠距離小キックで牽制し、ドラッケンでガードを崩していくのが基本的な戦い方になる。
ワンドは発生が遅い上に持続時間が長くガードされると反撃確定飛び道具を跳ね返しても反撃を食らう可能性大の地雷技。
ローズが画面外からトボトボと出てきて帰宅を促すだけの「G・プリンツェッシィン」は一見使い道がないように見えるが、
キャンセル可能な通常技の硬直が無くなるので、実は結構重要。
特殊技「A・クンスト・ツヴァイ」は二段目が中段だが、見てからガード余裕でしたという出の遅さなので揺さぶりにはあまり使えない。
ゲージが溜まれば超必である完全無敵対空「G・クレイス」が使え、リーダーになれば出掛かりが無敵で威力も高く、
逆転が狙えるリーダー超必「G・スクラーゲン」が強力だが、ゲージがない時は対空を含め切り返しに乏しい。
なるべくゲージのある状態、及びリーダーとして出したい。

XIの最強候補であるガトクラには及ばないが、技はどれも強力でオズワルド等と共に、彼らの次点に入りうるキャラとなっている。
見た目に性能が分かりやすい、馴染みの深い技ばかりで構成されているので連続技の難度は低く、初心者にも比較的扱いやすい。

ちなみに技名はドイツ語をもとにしているが、読みは全て英語風。
「G」が何を意味しているのかは謎だが、もし「G・エンデ」などという技を使い出したら 間違いなく自爆フラグである
だがMUGENでは困ったことに、下記のΩアーデルハイドにそれっぽい技が搭載されている。



 「結果がすべてだ。
  その過程はなにも意味をなすまい」

MUGENにおけるアーデルハイド・バーンシュタイン

多少のアレンジが加えられたものがいくつか製作されている。 見分け方のポイントはローズ。

+ bad darknes氏製作 2003仕様+アレンジ
+ KoopaKoot氏製作 XI仕様
+ stephengi氏製作 XI仕様
+ 別府氏製作 XI仕様
+ Mr.X-file氏製作 TLEアレンジ仕様
+ chikuchikugonzalez氏製作 XI仕様
+ DLS氏製作 XIII仕様
+ 猫目氏製作 アレンジ仕様
+ TightRiam氏製作 2003仕様
+ bey氏製作 S-Adel
+ jin氏製作 オメガアーデルハイド
+ 別府氏製作 オメガアーデルハイド
+ 608氏製作 ゴッドアーデルハイド
+ tasuke2氏製作 アーデルハーイ・バーンシュタイン

ハイジまとめ http://www.nicovideo.jp/watch/sm10799623
ニコニコ動画ではルガール運送関係での出番が多く、
何かとフリーダムな方向に爆走しがちな父と比べて真面目な二代目としての印象が強く、「若様」と呼ばれ親しまれている。
どこか頼りなさげな一面も時折見せるが、一度試合を見れば熱い運送魂を感じることができるだろう。
動画によって母親がコロコロ変わり、場合によっては明らかに息子より若く見えることも……。


出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中
凍結

【ゴッドアーデルハイド】
更新停止中

【オメガアーデルハイド】

出演ストーリー

+ ...

プレイヤー操作(ゴッド)


*1  
KOF2003はこの曲を高音質で鳴らすためにかなりの容量を食ってしまったため、他のボイスデータが圧迫されたらしい。
実際は革命のエチュードは短縮され最初の1ループのみで、後はオリジナルBGMへと切り替わっているが、
リニアPCMで使うには短縮とはいえ革命のエチュードの1ループは結構な長さから、その容量を使っている様子。