ミミック

なんと!宝箱はミミックだった!

ドラゴンクエストシリーズに登場するモンスターの一体。
初出はドラクエ3で、これまでは「アイテムが入っていて当然」だった宝箱に擬態したトラップモンスターとして、世に出ることとなった。
(厳密にいえば、1でも2でも宝箱に罠が仕掛けられていたことはあったが、「モンスター」が出てきたのはこれが初。)
ただし普通にプレイしていれば下位種の「ひとくいばこ」の方が先に遭遇するうえ、そっちが出るピラミッドに「本物だがあけると番人のミイラおとこがやって来る」という宝箱もあったのでモンスター登場というだけならいまさら驚くことはないだろう。
しかし、ひとくいばこはボスを除けば最高レベルの攻撃力の持ち主で(それも結構な序盤で出る)、守備力が上がってそれに対処できる頃に成って遭遇するミミックは守備力もHPも関係ない即死呪文を使い、プレイヤーを恐怖に陥れた。
元々は2にも登場する予定であったが、容量不足のため削除されたらしい。
上位種に「パンドラボックス」や「ヘルギフト」が存在、総じて痛恨の一撃を高確率で出してくる。
類似種で、壺を割ったり覗きこむと現れる「悪魔の壺」や「ツボック」が登場。
出番は『5』~『7』と少ない。
目がミミックに似ている。
その後、トラップモンスターはどんどん種類を増やしていき、井戸に入った「いどまじん」、本棚に入った「あくまのしょ」、
柱のモンスター「エンタシスマン」(調べなくても近づくと倒れて戦闘になる。何故かBGMがボス戦)
見た目が凶悪になったミミック「トラップボックス」等が出てくる。
なお、キングミミックはトラップボックスの色違いだがフィールドの宝箱に擬態していることはない。
設定もモンスターになった宝箱であり、宝箱に潜んでいる訳ではなく、厳密にはミミックとは別種。
DQ10にて、とうとうタンスにさえ擬態した「たんすミミック」が登場。
さらにこのたんすミミックは、なんと仲間にすることが可能である。

mimicとは本来、「まねる・擬態する」といった意味を持つ英語で「ミミックオクトパス」という実在生物までいるが、日本ではドラクエでの扱いが有名になってしまったため、日本のRPG業界ではミミックと言えば大抵は宝箱の姿をしたトラップモンスターとして登場する。
(世界的には『ウルティマ』の影響だが。ドラクエ自体ウルティマ(を参考にした『夢幻の心臓』)を参考に作られている。)
固有名詞ではないため様々な作品に同名のモンスターがいる。
他作品には別名の似たモンスターも登場する。
他にも『ファントムキングダム』のように、スライム系のモンスターとして扱う(箱の中にスライムが入ってる)作品もある。


MUGENにおけるミミック


+ 夫氏制作
+ サクラ氏制作



添付ファイル