御出居隠呼大仏

かわいそうに‥‥君には このすばらしさがわからんのか‥‥
人間と人間が 一つにとけ合い‥‥
身も心も分かち合えるのですよ!
憎しみも‥‥争いもない すばらしい世界‥‥

それを得るためには 汚らわしい肉体など捨てねばならんのだッ!

スーパーファミコンでスクウェアから発売されたRPG『LIVE A LIVE』の近未来編(キャラデザイン:島本和彦)に登場するラスボス
おでお インコだいぶつ」と読む。通称「おインコ様」。
なお、原作での戦闘中の名前は単に「 隠呼大仏 」とだけ表記されている。
普段はインコだらけの御出居寺の裏の池に鎮座しているただの変な大仏だが、
クライマックスで「御出居様」がこの大仏に降臨して動き出し、主人公アキラ(田所晃)の操る巨大ロボ・ブリキ大王と戦うことになる。

+事の顛末(ネタバレ注意)
液体人間――陸軍が極秘に開発していた新兵器の動力源である。
その名の通り人間を液体化したものであり、わずかに残った人間の精神力が非常に強力なエネルギー源となる。

アキラは父親を殺した暴走族「クルセイダーズ」との戦いの末その極秘兵器に接触するが、
黒幕・陸軍総帥ヤマザキ、御出居寺の住職・雲龍、科学者・シンデルマン(生きているのに)の3名の「すべての人間を液体人間にし、争いのない世界を作る」という野望を知り、
クルセイダーズを背後で操っていた陸軍は彼を消すために侵攻を始める。
陸軍の野望を打ち砕くため、アキラとその仲間たちは古代バビロニアの生んだ巨大ロボット「ブリキ大王」の出撃を試みるが、
起動には多大な(それこそ液体人間が必要になる程の)エネルギーか、人間の意志による念力が必要だった。

液体人間を使うわけにはいかず、しかしアキラの超能力では何度も失敗するという状況のなか、
マタンゴ(怪しいキノコ。作中の描写から、興奮剤の類と思われる)によって精神力を強引に増幅させた昭和の漢、
無法松が起動に成功し、襲撃を受けたアキラ達を火事の現場から救出するも、副作用によって絶命する。

今わの際に彼はアキラに自分と、そしてアキラの父親の過去を伝え、
その意志を受け継いだアキラは、全身全霊の念力によってブリキ大王を再び起動させる。

そして黒幕達の待つ御出居寺に鎮座していたのが、この隠呼大仏である。
寺の裏池に溜まった2000人分の液体人間とインコ達の血肉、寺の住職・雲龍の祈祷が、大仏像を最終兵器として起動させたのだった。
(ページ冒頭の台詞は、この際の雲龍のものである。)
彼らはあくまで自分たちの行動を「救済であると主張したが、アキラの心は決まっていた。

アキラ「ざけんなよ‥‥そんなカッコに ならなくてもな‥‥
              一つにはなれんだよ! なあ‥‥」

      从从从从从从从从从
     <そうだろ 松ッ!
      从从从从从从从从/

最終決戦
ネタ込みでもおkという方はこちらをどうぞ

原作での性能

2000人分の液体化された人間の精神力で動く大仏というグロい設定とは裏腹に、結構かわいい見た目をしている。
しかし、「液体人間呪縛」という間違いなく液体人間を使用した攻撃があったりする。さりげなくグロい。
その他のわざとしては「けるる~しょうわ」、「けるる~きっく」など仏教的だったり鳥的だったりな攻撃をしてくる。
平仮名表記なのがまたかわいらしい。

しかしこの時アキラは強力なバビロニアンロボット「ブリキ大王」に乗り込んで戦うため、普通に戦っていれば全く苦戦しない。
……というか、7回くらい何も考えずバベルノンキックするだけでゴゴゴ……とか音をたてながら死ぬ。
ちなみにもう1つ「ナムーの後光」というブリキ大王に大きなダメージを与える強力な技も持っているのだが、
本来は反撃専用技である上に、対応技が隠呼大仏には効果の薄いハロゲンレーザーなので、滅多に見ることはないだろう。
ただしプレイヤーが最終編で隠呼大仏を操作する際は使用制限が解除されているため、思う存分連発可能。
もしCPU側もこれを連発できる仕様になっていればもっと強敵だったであろう。

ちなみに、本作はRPGとしてはかなり細かく腕を使う技、足を使う技と言った技の細かな区分があり、
大仏様の攻撃には腕技、足技を封印するものがある。
普通のケースでは関節技等を使用すると封じる事ができ、格ゲーやってる現代編ではそれなりに活躍する。

この為、攻撃を受けると高威力のバベルノンキックや、連発技のメタルヒットなどがどんどん使用不可能になっていく事が多い。
これはつまり、ロボットモノの最終決戦でお約束である、主人公メカが壊れて武装を失っていくシーンが再現可能ということである!
…実際には高威力の攻撃が封じられても負ける要素はないので、単にめんどいだけだが。わかる人は盛り上がれる展開である。

ちなみに、発売後2年経ってエヴァンゲリオンでも液体人間、
ひいては「全人類の液体化および融合による救済」という概念が登場したが、
この種のアイデアの嚆矢はグレッグ・ベアのSF小説『ブラッドミュージック』であるとされており、
両作品共にこちらがアイデアの源泉であると思われる。


ちなみに、2013年になってから近未来編のシナリオ担当者の井上氏によって、
近未来編インコ大仏の後ろの額に書かれてる文字はオーム。
半年後オウム真理教の事件が起こって、ポアされるんじゃないかとヒヤヒヤした。【豆知識】
という衝撃の事実が明かされた。
実際、原始編キャラデザイン担当の小林よしのり氏もオウム批判で何度も暗殺されかけたので笑い事ではない。


MUGENでの御出居隠呼大仏

  • IF氏製作
他の『LIVE A LIVE』ボスキャラブリキ大王の製作もしているIF氏によって、
原作のドット絵を使用したキャラが製作されており、AIも標準搭載している。現在は入手不能。
製作動画
対戦動画
原作ゲームの戦闘画面を再現したものとなっており、移動は上下左右のキーでマス目をまたぐことで行われる。
さらにはステージを自分のホームに上書きし、BGMMEGALOMANIA(原作でのボス戦用BGM)を流す(BGMに関しては流さないように設定することが可能)。
CPU専用でもなければATBされてるわけでもないため攻撃を見切るのは難しいが、技名が画面上部に表記されるのでそれで対応すべし。
defが2倍で硬く攻撃がほぼ回避不能かつ全てガード不能なので、火力と体力の高いキャラでなければ倒すのは骨が折れる。

液体人間呪ばく(x)
相手に向かって飛んでいく飛び道具で、当たるとゲージが減少する効果がある。
けるる~しょうわ(a)
大仏のいる横軸全てが攻撃範囲。
具体的に言うと、ほぼ画面いっぱいの高さの大仏の横軸全てにガー不の攻撃判定がある
けるる~きっく(y)
自分の周囲に攻撃判定。しょうわや後光に比べると地味。
ナムーの後光(b)
けるる~しょうわと同じ攻撃範囲。原作でのプレイヤー仕様と同様、普通に使用可能。

「今こそ!この隠呼大仏像に!

          我らをお救いになるためッ!

                    御出居様がお降りになるでけるッ!!」


出場大会

  • 「[大会] [御出居隠呼大仏]」をタグに含むページは1つもありません。

出演ストーリー