クロコマイヤー


プロフィール

スーパーファミコンで任天堂から発売された横スクロールアクション「スーパーメトロイド」に登場する中ボス。
溶岩のステージ「ノルフェア」に登場し、主人公サムスの前に立ちふさがる。
腕を振り回したり、口から火の玉のようなものを吐きながら攻撃し、放って置くとどんどん前進してくる。
この部屋ではサムスの背後にはトゲの壁があるため、追い詰められると大変なことになる。
その前に倒せばいいのだが、こいつは他のボスと違いいくら攻撃してもLIFEがゼロになることはない。
しかし、口を開けた時にその中にスーパーミサイルやチャージビームを撃ち込むことで、徐々に後ずさりさせることができる。
それを利用してクロコマイヤーの後ろに広がる強酸の海にこいつを突き落とせば勝利となる。
この時、溶けていく過程が見えるため割とグロい。

+ところが…(一応ネタバレ注意)
ところがこいつとの戦いにはおまけがある。
戦闘が終わって帰ろうとするサムスだが来た道のゲートが開かず、他に行く道も無い。
どうしたものかとトゲの壁の前に行くと、突如酸で体を溶かされ骨だけの姿になったクロコマイヤーが、
トゲの壁を破壊し再び執念で襲いかかってきてプレイヤーをビビらせる。
しかし、直後やっぱり力尽きて崩れ落ち二度と立ち上がることは無かった。
この最後の足掻きのおかげでスパメトプレイヤーの印象に残りやすいボスであった。

それにしても既に骨と化していたのにどうやってあそこまで戻ってこれたのか。
四天王レベルにどう見ても幽霊なボス「ファントゥーン」がいることを考えると、
もしかすると彼も…

実はクロコマイヤーの足にはグラップリングビームでぶら下がることが可能で、
グラップリングビームでスイング→口の中にチャージビーム→すぐまたスイングを繰り返すと、
段々足と本体が隔離されていき、それぞれが別の生き物のように動くというバグがある。
もっとも、グラップリングビームは通常こいつを倒さないと取りに行けないため、
お目にかかる機会はまずないと思われる。

あと、クロコマイヤーにはもう一つ小ネタが存在する。
クロコマイヤーの後ろの強酸の海の天井にはグラップルビームでぶら下がれるブロックがあり、
その奥にエネルギータンクが存在するのだが、このエネルギータンクをクロコマイヤーが落ちた瞬間に、
どうにかしてたどり着いて取ってみると、入手後になぜかクロコマイヤーの叫び声が クレイドのものに変化する
なぜかはわからないが、スパメトの謎現象の一つと言われている。 知ってる人は少ないが


MUGENにおけるクロコマイヤー

OMEGAPSYCHO氏が原作のドットを用いて作ったクロコマイヤーが存在する。
AIと専用ステージが付属している。
原作と同様、LIFEを削って倒すことはできず、攻撃で後ずらせて酸の海に落とすというミニゲームに近い仕様。
そして酸の海に落として一息付くと、原作と違い骨状態で突進して襲ってくる。
骨クロコマイヤーはプレイヤーを画面左端まで運んで押し潰そうとしてくるが、
この状態の時は普通にライフが減るため、攻撃してライフを全て削れば勝利となる。
無論AIに攻略することは不可能とは言わないがほぼ無理ゲーなので、実質人操作専用の敵である。

出場大会

  • 「[大会] [クロコマイヤー]」をタグに含むページは1つもありません。
削除済み

その他の動画出演



添付ファイル