G-0:バトロイド


トランスフォーム・バトロイド、カーネイジモード!

G-0:バトロイドとは、アラド戦記に登場するプレイヤーキャラクターである女ガンナーの派生職「メカニック」が覚醒を果たしてようやく使用できる努力の結晶である。
中の人(cv小清水亜美)のせいで空耳として「アニキ」モードと聞こえるが、「カーネイジ」モードである。

原作でのバトロイド

プレイヤーが居る時代の500年前、 7人のマイスター と呼ばれる凄腕メカニックは所属しているレジスタンス組織の戦闘力強化のため、
新たなる兵器である「戦闘支援メカ」の構想に乗り出した。
始めは順調に進んでいたものの、内部の裏切りにより失敗に終わった。
だが数百年の時が流れた後、彼らの悲願は新時代の天才らによって、実を結ぶことになる。
科学者達は、クリオというマイスターが残した研究の跡を土台に
テンペスター、ゲイルフォースなどの数多くの量産型メカを作り出しただけでなく、
これを一層発展させ、メカの変形・合体という新しい概念を創案するに至る。

現在のメカニックの中でも、特に女性達はこの分野に心酔する傾向が強かった。
そして変形メカニズムの効率性を高めるため彼らの絶え間ない努力は、成功した。
彼らが操縦するGシリーズは遥かに精巧で強力だっただけではなく、
新しい形態へ変形して、限界を越えた火力を発揮することができた。
G-0:バトルロイドと命名されたこの最終形態は、絶大な破壊力を持った究極の虐殺ロボットだった。

原作中の性能

原作中で使用できるG-0:バトロイドは覚醒スキルという、切り札中の切り札である。
格ゲー的に言うと瀕死時3ゲージとかそういうの。
コストに莫大なMPと、一度使用すると125秒間使用不能になる。(装備によって上下する)
使用条件はGシリーズと呼ばれる支援攻撃メカを召喚していること。
使用開始するとGシリーズが照準装置に変化し、照準数が一定数を超えるか、ジャンプボタンでキャンセルするか、
一定時間が経過すると照準装置を中心にバトロイドのパーツを召喚、合体して攻撃を開始する。
最初に前方にガトリングを撒き、ミサイル、レーザーをロックオンした相手に発射する。
ロックオンしていない場合でも発射されるが威力は低い。
弱点は後ろに回られると攻撃できないことである。


MUGENにおけるG-0:バトロイド

デスペラードや原作の古代ダンジョン勢でおなじみのsedec氏製作のものが存在する。
常時ハイパーアーマー状態で投げることは出来ず、原作どおりにガトリングとミサイル、それにレーザーで攻撃できるほか、メカニックが連れている小型ロボットに乗せてランドランナーによる援護攻撃が可能。
AIは付いていないが、ハイパーアーマーがある上にゲイルフォースとテンペスターの自動援護攻撃メカによる攻撃があるため、それなりの強キャラを屠ることは出来る。
というか、AI殺しトリカゴもいいところである。
むしろ迫り来る攻撃性能付きのようなものである

2010/12/28現在は公開が停止されている模様

出場大会




添付ファイル