サンドバッグくん


任天堂の対戦アクションゲーム『大乱闘スマッシュブラザーズ』のオリジナルキャラクター。
DXから追加されたミニゲーム「ホームランコンテスト」で登場する。

ホームランコンテストとは、
10秒以内にサンドバッグくんにダメージを蓄積させ、
同時間内に吹っ飛ばしてその飛距離を競う競技である。
飛ぶのはおまえだ
そのためプレイヤーに殴られたり蹴飛ばされたり足バタバタされたりとやたらとフルボッコされる役回りで、
公式サイトの『速報スマブラ拳!!』によると「にくいあんちくしょう役」とのこと。
Wi-Fi対戦の待ち時間の間にプレイヤーが暇つぶしにボコる対象にもなってくれる、
なかなかに気の利くナイスガイ…いや、ナイスサンドバッグである。

名前のとおりサンドバッグをモチーフにしたキャラクター…というかサンドバッグそのもの。
ちなみにサンドバッグとは、格闘技やラグビーなどの、
打撃や衝突の多い競技の練習に使う袋状のトレーニング器具のこと。
吊り下げて打撃やタックルの練習に用いられる。

ちなみに「サンドバッグ」と呼ばれているが、今では実際には砂をつめることは少なく
(1920年代にボクシングが国内に持ち込まれた際、練習生たちが何をつめていいかわからず
 とりあえずそのあたりにあった砂をつめて練習に使うようになったことが語源といわれている。)
現在はウレタンや布切れなどが中に詰まっていることが多いので、
彼の中にも砂がぎっしりと詰まっているわけではないのだろう…恐らく。


なお原作におけるフィギュア名鑑の説明によると
もともとサンドバッグだけに、
攻撃を受けてもあんまり いたくはないらしい。
むしろかまってくれて うれしいのだとか。
とのことで、 攻撃を受けることを喜んでるわけではなく、かまってもらえることを喜んでいるのでMではない…はず。
ハチマキ巻いて三種の神器を使ったりもしない。

また、『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』のROM内にも
名前と特徴が一致するモンスターのデータが含まれていることが解析により明らかにされたが、
そちらはあくまで開発スタッフがデバッグ用に使っていたモンスターであり
通常のプレイで出現させることはできないようだ。

原作中の性能

サンドバッグなので自分からは まったく動かない
ただし、ホームランされた時など、横に倒れたときは自力で起き上がる。

続編の『大乱闘スマッシュブラザーズX』にも登場しており、前作同様ホームランコンテストの吹っ飛ばされ役のほか、
こちらではなんと通常の対戦中にも特殊アイテム扱いで登場し、ある程度殴るとアイテムを落とすというアイテムキャリアーの一種として機能している。
他にもwi-fi対戦で通信を待つ間の練習相手としても活躍している。

+ CD工場


MUGENにおけるサンドバッグくん

キャラクター作成の際にニュートラルと必須スプライト(やられアニメ)だけが完成している状態で
ほかの動作が一切できていない状態のことを「サンドバッグ」と呼称することはある。
攻撃技の無いキャラまとめも参照。

N64Mario氏製作

スプライトは手描きのもの。
原作を忠実に再現しており、例えプレイヤーが選択しても 動かすことはできない 。そして倒れると自力で起き上がる。
当然神キャラとは真逆の意味で試合にならないため、通常の試合で見かけることはまずない。

プレイヤーがコンボ練習をする際には高さがそこそこあるので相手として便利である。
むしろこれが本来の使い方なのだろう。

大会で時々見かけたりもするが、大抵は障害物だったり棒倒しの棒だったりで選手としては出場していない。
+ しかし…(大会ネタバレ)
攻撃せず動かないという特性が重宝され、100万$の人や9条の人の大会では常連である。

製作者不明

大会等ではあまり見かけないが、動けるサンドバッグくんもいるようだ。
製作者はわからないが、キャラ画像に日本語で『サンドバッグです』と書いてあるので、
もしかしたら日本製なのかもしれない。

熄 癈人 氏製作 「SatanBag」

2014年2月に公開。N64Mario氏の物を改変。
今までのサンドバッグとは異なり、 画面を縦横無尽に飛び回り 攻撃してくる。
常時体力を回復したり条件付きのやられ抜けを持っていたり(OPTIONでON/OFF可)、
超必には超即死OTHKを始めとした神キャラ御用達の即死攻撃が入ってたりする。
その為、しょっぱい狂キャラでは簡単にやられてしまう程強いキャラとなっている。

出場大会


更新停止中

出演ストーリー




添付ファイル