ライラ


 「君一人の方が、もっと危ないよ」

1997年にアリスソフトから発売された18禁ゲーム『かえるにょ・ぱにょ~ん』のキャラクター。野生の少女「これが…オールドタイプということか…!」は関係無い。
謎の魔法使いに騙されて変な生き物に姿を変えられてしまった主人公・ポロンによって、
女殺しという女性の攻撃が一切効かないモンスターに襲われていたところを助けられた、冒険大好き少女7人組(ただし全員レベル1)の内の一人。

説明書に記載されているキャラ説明によると、
「無口で冷静。何か大きな過去を背負っているようだが、決して語ろうとしない。実はかなりの恥ずかしがりや。」
以上
なお、「大きな過去」についてはそれっぽいことを匂わせすらせず完全スルー
……まぁ、元々あまりイベントなどの存在しないゲームなので、彼女以外のキャラも大体そんな感じなのだが。

しかし想像する楽しみがあるのか、意外と二次創作の人気は高い作品だったりする。

+何このタイトル
主人公が変えられた謎の生物は「パニョン」という名前で、その主人公が元の姿に戻るため故郷に帰る
また、仲間の一人であるアリエッタ語尾に「にょ」を付けるのが口癖で、OPデモで「ダメ! 帰るにょ!」と発言している。
よって『かえるにょ・ぱにょ~ん』。

……ということだと思われる。多分。は関係無い。
+タイトル絡みのゲーセン?ネタ
ハタから考えてテンション上げた状態で叫んだら危ない奇声のようなタイトルだが、
実際にネタ発言としてコミックゲーメストで連載されていたG=ヒコロウの「みんなはどぅ?」で使われた。
それも冒頭の一番最初のコマで。

「かえるにょっ!!ぱにょーーーん!!」
「もうお解りですね?今日のテーマはAMショーです」
「分かるかボケ」

まぁある種ヒコロウ氏の芸風なので致し方なし。
しかし普通にコミゲを読んでいたアーケードゲーマーは、
この台詞そのまんまのタイトルのPCゲームが有る事を恐らく知らないまま10年近く過ごしていそうである。

原作中の性能

イラストの時点で立派な剣を持っていることから分かるように、攻撃重視のキャラ。
その攻撃力はパーティー中随一で、一撃で強烈なダメージを叩き出すことが可能。
ただし、一方で魔法攻撃に対する抵抗力は最低クラスなので、調子に乗って突出させると痛い目に遭うことも。
最終クラスは攻撃系の「ヴァルキリー」。

ちなみにこのゲームには他にも、敵モンスターで「バルキリー」、仲間の一人であるエレーンの最終クラスとして「ワルキューレ」という名前が存在する。
それ全部同じ意味だから!


MUGENにおけるライラ

+悠霧氏製

悠霧氏製

原作ゲームのドットを用いたもの。
元がアクションゲームではないため動作は少ないが、原作における複数のクラスの良いとこ取りとなっている。
何故か「まる改」、「ぷりょ」という二体のモンスターをビットとして使役しており、なかなかの制圧力を誇る。
ただしsndファイルが無く、ヒット音以外はほぼ無音のため少々寂しい。
ビットが無いノーマル版も同じ場所で公開されている。どちらもAIは搭載されていない。
ちなみに同氏は、『ぱにょ~ん』の七人娘全員と敵モンスター数体を製作している。
+パニオン氏製

パニオン氏製

悠霧氏のものと同じく原作良いとこ取り仕様だが、性能はかなり異なる。
飛び道具・対空など一通り揃っているが、原作通り魔法は苦手なので飛び道具は貧弱。
いわゆるちびキャラではあるが、剣のおかげで攻撃範囲は結構広い。
ver1.10でボイスが、ver2.00でストライカー2体及びぱにょ~んボムが追加された。
ストライカーは原作ゲームでクラスアップの為に必要な女の子モンスターの「やもりん」と「かえる女」。
コンフィグでON/OFFの切り替えが可能。
AIも標準搭載されている。

最新版では原作ゲームのクラスチェンジが導入された。
BIGBANG BEATのエンハンスをアレンジしたシステムとのこと。
一般人から4回のクラスチェンジを経てヴァルキリーまでクラスアップする。

サムネは何故かアリサである。
氏の動画ではアリサはネタ要員として確立しているようだ。

上位カラーには 凶クラスの11P狂下位の12P がある。
タッグでは優秀な前衛としての活躍も期待できる。

ちなみに氏は、当初は悠霧氏のライラのAIを作ろうとしていたようだが、作者と連絡が付かなかったためキャラごと作ったのだとか。
やっぱり愛だよね!

出場大会




添付ファイル