ネージュ・ペブル


「こんな欠陥品の力でも、あなたぐらい倒せるのよ。」


ネージュ・ペブル
格闘スタイル:出来損ないのアンチK'アーツ&格闘術
誕生日:2月11日
年齢:19歳
出身地:不明
身長:167cm
体重:60kg
スリーサイズ:87・62・90
血液型:不明 (改造されすぎたため、血液型が特定できない。人間の血液ならどんな血液を輸血しても大丈夫らしい。逆は不可。)
趣味:野球(観る方もやる方も)
好きな食べ物:清涼水
嫌いな物:失敗作・雨
得意スポーツ:野球


「かつては石ころと言われた力。その力で、私は戦い続ける……!」


ネージュ・オブシディアン
格闘スタイル:自らの欠陥から乗り越えたアンチKアーツ&メルドから教わった格闘術
誕生日:2月11日
年齢:25歳
出身地:アメリカ
身長:171cm
体重:63kg
スリーサイズ:90・63・93
血液型:不明
趣味:野球
好きな物:清涼水・猫
嫌いな物:過去を無作為に詮索されること
得意スポーツ:野球・アイススケート
大切な物:メルドから貰ったバイザー(現在は大切に保管している)

秘密組織『ネスツ』によって製造されたKシリーズの内の1人。
クーラ・ダイアモンドと酷似した外見だが、目はバイザーのようなもので隠れている。
彼女もアンチKアーツの能力を移植されたが、彼女の作る氷は多量の不純物を含み泥水を凍らせたような物となっている。
また、その不純物は体内にも貯まり、人体に悪影響を与えるためあまり乱発は出来ない。
これらのせいでネスツ上層部からは欠陥品扱いを受け、本来授かるはずだった宝石名を冠してもらえず
石ころという意味の【ペブル】という烙印をつけられてしまった。*1
【ちなみに、この欠陥が発覚するまでは黒い氷を出すことからオブシディアン(黒曜石)という宝石名を付けられていた。】
性格はあまり感情の起伏が激しくなく、だが全く話さないのかといえばそういうわけではない。
話しかけたらちゃんと話はする。基本はあまり関わり合いを持とうとせず、相手のことも知ろうとしない。
けど相手がぼけたらツッコミはする。例えるなら彼女のような感じである。
また、上記のバイザーだが、これは色調を補佐するもので、
これがないと彼女は色が判別できなくなるほど視力が落ちる。逆転裁判のゴドー検事みたいなものである。

この動画この動画の作者である全自動氏のAKOF参戦予定キャラ。
上記のような設定のせいか、氷が色化けしたかのような汚い色、クーラの改変系としては珍しく飛び道具を一つも持っていないなど、
他のキャラクターとは違う設定的に負い目を感じるキャラクターとなっている。
……だったのだが、新しく公開されたネージュ・オブシディアンでは負い目は払拭された。

+ キャラ性能

ボイスはヴァンガードプリンセスの御殿谷サキナタリア・グリンカ役の本多未季氏。
制作者曰く、「某所で募集を掛けたところ、数時間で応募してきた。」らしい。
ジェバンニってレベルじゃねーぞ!?
+ ちなみに

+ 大会ネタバレ注意


出場大会

削除済み

出演ストーリー


*1
カーリングのリンクの表面を覆う微細な氷の粒もペブルという。
つづりも「石ころ」と同じ pebble
力の弱い氷使いにぴったりの上手いダブルミーニングである。

…と思いきや、実は全自動氏はこのことを知らなかったらしい。なんという偶然…。