しょし



「しょし!」


「しょし」とは

しょしとは、フィンランド版の「YMCA(ヤングマン)」、およびその歌手の俗称。
歌手を指す場合はヴォーカルであるエスコ・ニックを指し、「しょし氏」などという表現も見られる。

VillagePeople・西城秀樹でおなじみの「YMCA(ヤングマン)」を、フィンランドのバンド・グレゴリウスがカヴァーした「NMKY」(エヌエムコイ)の歌い出しの部分が「しょし」と聞こえることによる。

グレゴリウスのヴォーカルであったエスコ・ニックによれば、この曲は当時放送されていたお笑い番組の中の、ヒットソングをカヴァーするというコーナーで用いたネタであったという。カヴァーにしては原曲からかけ離れすぎ、実質お笑い映像となっているのもそのためと考えられる。ただし、発表当時は軽く流され、ほとんど注目されなかったという。


しかし30年近く経った現在になって、本家と比べてあまりにもしょぼいサウンド、ランニングに短パン姿でヴォーカルからダンサーまでみんな腰くねくね、やる気のなさそうなベースやギターなど、「YMCA(ヤングマン)」とはかけ離れた爆笑ものの雰囲気がネット上で人気となり、ニコニコ動画やYouTubeでもこの音源を用いたさまざまな動画が上がっている。


なおグレゴリウスのバンドメンバーは、エスコ・ニック(Esco Nick,ヴォーカル)、ヘイッキ・ローリア(Heikki Laurila,ギター)、オリ・アーヴェンラーティ(Olli Ahvenlahti,キーボード)、ペッカ・ポホヨラ(Pekka Pohjola,ベース)、ナッピ・イコーネン(Nappi Ikonen,ドラムス)である。ヴォーカルのエスコ・ニック以外は、全員著名アーティストである。

エスコ・ニックは現在ヘルシンキのレッパバーラ図書館で司書を務めており、「しょし」が「ししょ」になったなどと言われている。他のメンバーはめいめいに活動を続けているが、ペッカ・ポホヨラは2008年に死去した。

(以上、ニコニコ大百科より転載)

MUGENにおけるしょし

なぜかMUGENにも、googoo64氏の作成したしょしが存在する。格ゲーキャラクターというよりは、
音楽に合わせてタイミングよく技を出すことで音を繋げていく所謂「音ゲー」に近いキャラクターである。
+技表
通常技
   [立ち]
     y  -                            ⇒ しょし
     x  -                            ⇒ Mrアブアさんアフガン
     a  -                            ⇒ しょし
     b  -                            ⇒ シータに借りた名札
   [しゃがみ]
     y  -                            ⇒ しょし
     x  -                            ⇒ オ●ニーなに寝とん
     a  -                            ⇒ taspo内縁やんた~るんぽ
     b  -                            ⇒ 揺らすエロな映画ホイコーロのお店
   [空中]
     y  -                            ⇒ タッタッタッタッタ
     x  -                            ⇒ 人と並んだら
     a  -                            ⇒ 三枝『いらっしゃいオラウータン』
     b  -                            ⇒ エイネム5位

スペシャル技
     c    -                   ⇒ジェラート バール回して イタ飯食う
     z    -                   ⇒出しちんちんバラバラ

必殺技
     c+z  -                          ⇒あたま小池や
     D,DF,F + x - バンド        ⇒わしらうpは、いやあピザよく食うわ
     D,DF,F + y - 踊り         ⇒エイネム5位
     D,DF,F + a - 引き寄せ光線     ⇒セイラ4階行ってイタ飯食う
     D,DF,F + b - ピアノ爆弾      ⇒あたま小池や
     start                              ⇒んああヒッキーはお池や


出場大会

  • 「[大会] [しょし]」をタグに含むページは1つもありません。