溝口誠


MIZOGUCHI WINS


「おんどりゃー!

          ワシの鉄拳で血の海を渡れぃ!」


格闘スタイル:喧嘩
誕生日:1月1日
星座:山羊座
年齢:28歳
血液型:B型
身長:188cm
体重:95kg
職業:高校生
好きなもの:牛丼・浪速恋しぐれ・千絵(彼女) *1
嫌いなもの:いちびってる奴(河内弁で「調子にのって騒がしい奴」の意味)・病気

今は亡きデータイースト(通称デコ)の代表作『ファイターズヒストリー』シリーズの登場キャラクター。
10年間留年(出来たっけ *2)している高校生で、喧嘩百段の最強番長。名前を音読みすると「こうこうせい」だったりする。
声優は森田典志氏(データイーストの社員)、『KOF MIA』出演時はロバートガルフォードの声を担当しているKay稲毛氏が担当した。

見た目のモデルは漫画『魁!!男塾』の主人公・剣桃太郎で、彼も虎型の氣を放つ奥義を持つ。
ただし、見た目の暑苦しさ(主に眉毛)的に同漫画の虎丸龍次も混ざっており、性格の方は富樫源次に近い。
溝口のエンディングのノリも虎丸や富樫であろう。
(桃太郎ば(男臭いとは言え)美形であり、ギャグマンガ時代だった頃でも一人だけギャグシーンから逃れている事が多い)
なお、男塾の前に連載されていた同作者の『激!!極虎一家』には沖田鉄という中学生に十年在籍している「中学十年生」が存在していた。
彼も溝口と同じく頭の出来がよろしくなかったり彼女(妻子)持ちだったりと
溝口のキャラクター造形に多少なりとも影響を与えたのかもしれない。



   「おんどれみたいなイチビリに、

          構っとるヒマは無いんじゃ! われぇ!」

『ファイターズヒストリー』において 通常キャラとして 出場したのだが、そのあまりに濃ゆく立ったキャラクター性や技のタイプ、
そして格好よさと潔さに「 こいつが主人公じゃね? 」と勘違いするプレイヤーが続出。
続編でも本来の主人公であるレイを差し置いて日に当たり続けた結果「データイーストといえばこいつとカルノフ、後チェルノブ」と
言われるぐらいの人気キャラとなり、『コミックゲーメスト』にて連載された漫画版ではリーと共に主人公格として活躍。
さらにSFCで発売された続編の『ファイターズヒストリー ~溝口危機一髪!~』では遂に 公式に主人公に抜擢された
本来の主人公のはずのレイは主人公どころか、プレイヤーキャラからも外されるという仕打ちを受けてしまった。レイ涙目である。

その後『水滸演武』では隠しキャラとして登場した他、『KOFMIA』に隠しキャラ兼乱入キャラとして出場し、
PSPで発売されたスパイクのアクションアドベンチャーゲーム『喧嘩番長3 全国制覇』にまで隠しボスとして出張。
主人公が溝口を倒すと仲間になり、さらにごっついタイガーバズーカを伝授してもらえる。

デコキャラの中でも屈指の知名度を誇る……と思われる。
多分その次はカルノフチェルノブ、マジカルドロップキャラだろう。あと
メタルマックス?あれ元々外部からの持込みなんでこの範疇外な
ちなみにSNKプレイモアは『MIA』に彼を出演させるため だけ にわざわざ現版権元と契約を交わした。*3
だめだこの会社…はやくなんとかしないと……

「この軟弱モンがぁ! 男やったら拳一つで勝負せんかい!!」

この台詞は元々ボンボン餓狼テリーが言っていた台詞だが、『MIA』に登場した時に採用されてしまった。
当然のことながら、武器を使う方々には相手にされていない。

10年も高校に在籍している割には、「え~、う~……ざ、きん、きんぐ、おふ……?」と
KOF(King of Fighters)すら読めなかったり
頭のほうは『MIA』のストーリーで 「英語力は中学生レベルにも満たない」 と断言されている。
ちなみに彼のストーリーは 「自分のバッタモン(と勝手に決め付けた)である
リョウをぶちのめすためにKOFに出る」 というもの。
だが、招待されていない溝口がKOFへ参戦出来る訳が無い。そこで溝口が起こした行動、それは…
単身アメリカへ密航 し、KOF参加者の格闘家を倒して KOFへの招待状を奪取
乱入という形での参戦であった。
+余談:KOFの舞台裏で繰り返される悲劇
無事KOFへの参戦を果たした溝口。
しかし、それは同時に 誰かが参戦を果たせなかった という事になる。
では、その可哀相な格闘家とは一体誰だったのだろう?
その格闘家が 「ヘルバウッ…、なっ!」 などと口走っていた事、
溝口が バスケットボールらしき物を踏み潰していた事
そもそも 招待状を奪われても当たり障りの無いKOFキャラといえば?

……どう見てもです。本当にありがとうございました。

また、同じ留年キャラとして草薙京には一方的な親近感を抱いていて迷惑がられている。
リョウ曰く「顔の濃さはマルコといい勝負」だとか。

なお、彼のエンディングでは毎回 王大人似の男 に連れ去られ
「全地球爆拳闘大会」なる大会に 強制的に 招待選手として参加させられている。
しかも 連れ去られ方が回を増す事に酷くなる 。それでも毎回優勝しているが……。


「諦めるのはまだ速いで!

          歯ぁ食いしばって立ち上がってこんかい!!」


原作における性能

少々コマンドは違えど必殺技に所謂三種の神器が揃っていたり、通常技で屈強Pがアッパー、
遠距離立強Kが後ろ回し蹴り、近距離立強Kが二回ヒットの踵落しだったりと
かなり純度の高いリュウの類似品…とそう言えば言えるが、案外差別化されていて同じ戦法はほぼ不可能。
特に『FHD』で攻撃が弱・強の二段階になり、新技が追加されてからは狙いの違いがより顕著になった。
と言っても、大概の人は『FHD』以降の溝口しか知らんわな。

+『FHD』の場合
飛び道具 タイガーバズーカ は性能的に普通の飛び道具なのだが、撃つ前後の硬直が非常に長い。
「タイガー」の声でジャンプ回避が間に合うくらいの合図になる。「バズーカじゃ!」で敵は既にジャンプ回避終了、
そのまま近づかれてフルボッコ…というのも成立したりするほどの長さである。
故に、単発で使うのは自殺行為に近い飛び道具なのである。

ダイナマイトから登場したアッパーバージョンの ごっついタイガーバズーカ (通称GTB)はそれに輪をかけて出が遅い。
「ごぉ~っつい!」とためてから撃つのだが、およそ2秒ほどかかる。
ゆえに気絶させた直後が唯一の使用の機会なのだが、CPU相手ならともかく対人戦の場合は
相手もレバガチャで気絶時間の短縮を狙うはずなので、相手の失敗に期待するしかないという技である。
加えて、コマンドがごっつくない方+四ボタン同時押しなので、同時押しをミスするとごっつくない方が出てしまう。
ただし発射後の硬直は非常に短く、画面端でヒットさせれば連続技を狙え、
ノーゲージ(そもそもFHにはゲージの概念がない)で5割というその破壊力と爽快感は溝口の魅力の一つではある。
とは言え同時押しをミスって密着状態でごっつくない方を出してしまうと当然反確である。所謂ロマン技というやつだろう。

昇龍ポジションの 虎流砕 は飛び上がらず前に進むアッパーなので隙が少なめ。
カウンター技として勿論使えるし、固めとしても割と使える。
また、隠し技の 通天砕 は虎流砕の強化版…大きく前進して飛び上がるアッパーだが、
リーチの短い一発目の判定をヒットさせた場合のみ神龍拳のように敵を巻き込んで
上昇しつつ連続アッパーを食らわす技に変化する。性質的には真・昇龍拳に近い。
と言っても、世に出たのはこちらが先である。もしかするとリュウケンは彼をストーキングして(ry
実は『マーシャルチャンピオン』の主人公である「」が使う「天牙連拳」の方が先なのだが、
FHよりさらにマイナーな為あまり知られて居ない(MCとFHは同年なのだが、通天砕とGTBは翌年のダイナマイトからの追加技)。
ぶっちゃけレイチェル以外のMCキャラは知名度0に近い。当wikiでも2012年まではレイチェルしか居なかった。
ちなみにこの技、地味にロック技である。
なおダイナマイト当時は隠し技だったが、GTBがインストに載っていたのでコマンド(虎流砕+四ボタン同時押し)の予想は簡単だった。
こちらは同時押しをミスって虎流砕が出ても相手が転ぶので問題は無い(逆に通天砕はカス当たりだと反確)

空中連続蹴り は文字通り空中で連続蹴りをかます技。「竜巻じゃね?」とか「断空じゃね?」とか言わないように。
そもそも、命中しないと(ガードされるのはOK)一切前進しないので突進技の部類には入らない(命中した場合は相手のノックバックに合わせて前進する)。
そして意外な事にこの技、 対戦格闘ゲームにおける「追加入力型必殺技」の元祖である
言うなればフェイロンの烈火拳や草薙京の荒咬みからの派生、八神庵の葵花等の追加入力技の始祖なのだが、
何分初代『FH』のマイナーっぷりからフェイロンの方が有名となってしまった(おかげでみんな大体三回入力だし)。
初代では連続技として最後まで繋がることはなかったため今ひとつ使いにくかったが、
『ダイナマイト』ではきちんと入り、さらにジャンプからも出せるため大幅に強くなった。
地上版は4段目、空中版は3段目で止めると非常に隙が少なく、着地後の間合いによってはさらに技を繋げていける。
一発逆転も夢じゃないぞ!

この為、波動で飛ばして昇龍で落とすというやり方よりは、ゴリゴリ攻めていくタイプである。
『FHD』や『MIA』のコンセプトに見事にマッチしているせいか、最強キャラとまでいかないがどちらでもかなりの強さを誇る。

+ちょっと余談だが『溝口危機一髪!!』の場合…
メインキャラクターになって優遇されたのか、それともただの調整ミスかは不明なのだが、
  • 強通常技→タイガーバズーカ
  • 弱タイガーバズーカ→通天砕
  • 弱通常技→空中連続蹴り
  • 強空中連続蹴り→強通常技
などなど、以前までは繋がらなかった技が本作では繋がるようになっていて、
特に空中連続蹴り絡みでは簡単に永久コンボが成立してしまう。

+『水滸演武』シリーズの場合
『水滸演武』では『FHD』の技は全て引き継がれており(ただし技名は一部違う)、そこに新技が追加されている。
一つは、飛び道具反射も出来る、バットでぶん殴る技 威血路雨 (いちろう)。
技名は威血路雨なのに一瞬着込むユニフォームはどう見ても阪神タイガースの縦縞模様のものだが気にしないように。
もう一つ、デコではおなじみの 羊の呪い も持っている。解らない人は『トリオ・ザ・パンチ』参照。
例のピンク色の羊を召喚、飛ばした子羊が命中した相手を同じ羊に変えてしまう(ダメージも受ける)奇怪な技。
出がかなり遅く、気絶させてから出すくらいしか使い道はないが狙ってみたくなる
ちなみに、『MIA』のボツボイスにこの技の発動ボイス「呪ったれや」があり、
もしかしたら羊の呪いも『MIA』に登場させようと考えていたのかもしれない。

また、どういう心境の変化か、イントロや時間切れ負けポーズで やたらクネクネする ようになった。
上の画像などまるで新喜劇の間寛平氏…

『水滸演武』への客演時を除き鉢巻が弱点となっており、FHシリーズでは此処に技を何度か受けると気絶してしまう。
『KOFMIA』では気絶こそしないものの、鉢巻のある頭部に攻撃が当たると1.5倍のダメージを受けるようになっていて、
K'のクリムゾンスターロードを受けようものなら 体力全快から一瞬で瀕死に陥る という、なんとも漢気溢れる仕様となった。


「ご~~っつい! タイガーバズーカじゃあ!!」

この「タイガーバズーカじゃ!」の語尾の「 じゃ! 」の部分、
実はFH時代の担当声優である森田氏が アドリブで言ったもの で、
このアドリブによって彼は溝口の声優に抜擢されたという逸話がある。



MUGENにおける溝口誠

+とけい氏製作 FHD+水滸演武+アレンジ仕様
  • とけい氏製作 FHD+水滸演武+アレンジ仕様
動画で最も見かけるのがこちら。
1~6PがFHD+風雲再起+アレンジ技が使用可能になるEXモード、
7~12PがFHDベースでカルノフチェルノブストライカーとして使用可能になるノーマルモードとなっている。
原作の弱点システムを再現したものを搭載しているが、MUGENではかなり無理矢理なことでもしないと
判定の接触位置は判別できない為に、再現度はあくまで擬似的ものに留まっており、頭部以外への攻撃でも気絶してしまう。
なお気絶は自分側だけで、相手を気絶させるような処理は持っていない。
かつては虎流砕や通天砕が空中受け身可能だったため、相手によっては 当てたのに反確 ということがしばしば起こったが、
現在は受け身不可になったので安心である。
草薙京高木義志神雷功との特殊イントロは必見。
デフォで簡易AIも実装されており、遠距離でタイガーバズーカをぶっぱなしたり、
攻撃がヒットさえすれば空中連続蹴りから通天砕という人操作では難しい連続技があっさり成立する。
特にノーマルモードではタイガーバズーカでのぶっぱやカルノフの召喚を多用する。

カッ昏倒氏によるAIパッチが公開されており、今後の活躍に期待。
最新版だけでなく、08年12月に再公開される以前の旧バージョン用のAIも同梱されているため、
旧版を持っている人は使い分けてみるのもアリかもしれない。

また、2012年7月14日にNS氏によるAIも公開された。

余談だが、オリジナルの1ゲージ技「超・空中連続蹴り」は本体更新の度に性能が大きく変化している。
2006年版では十数発の連続蹴りを繰り出す、空中連続蹴りの単純強化版。 1ゲージで460ダメージ という大盤振る舞いであった。
強力すぎたためか、2008年版では虎のオーラを纏う単発蹴りになり、威力もかなり低下したため使い勝手が大幅低下した。
どちらも発動時に溝口が少し浮き上がるため、空中で発動すると相手を飛び越えてしまうことがしばしばあった。
2010年10月の更新では、高速の飛び蹴りを放ち、ヒットすると連続蹴りを叩き込むというちょっとした乱舞技になった。
また、殆ど浮き上がらなくなったためどの位置の相手にも当てやすくなり、
通天砕ヒット後にスーパーキャンセルすれば大幅なダメージアップが見込めるようになった。

現在は伊吹川氏のサイトで代理公開されている。

+Tin氏 FHD仕様
  • Tin氏 FHD仕様
Tin氏製作によるFHD仕様の溝口。最終更新日は2002年6月23日。

+119way氏&winodds氏 KOFMIA仕様
  • 119way氏&winodds氏 KOFMIA仕様
ドット絵はSVC版のリュウ(かケン豪鬼)を素にしたらしいKOF風のもの。
必殺技は一通りの戦闘をこなすのに支障が無いくらいに揃っている。
KOFMIAの要素を色々搭載しているが、原作とは違い、「元祖・通天砕」を使うための前提である技「新世界」だけではなく、
フェイント技である「ごっついタイガーバズーカ~フェイク」(GTBのタメ中にKボタン)もその役割になっている。
psyqhica.氏によってAIパッチが作成されており、ゲージが溜まると超必殺技をぶっぱなすのが特徴。
ちなみにこのAIを導入するとイントロ時に分身するバグが修正される。
一時期onedriveへのリンクが切れていたが、現在は119way氏のサイトにて本体と共に公開されている。
+アフロン氏 ジョー&マックリターンズ仕様
アクションゲーム『ジョー&マック リターンズ』に雑魚敵として出演した時のドットを使用。
ちなみに同作にはカルノフも雑魚として大量に出現する。

アクションゲーム仕様の動きで、レバーを上に入れてもジャンプせず、ジャンプはボタンで行う。ガードはできない。
相手のどんな攻撃を食らっても一定の体力減少になり、後ろに跳ね飛ばされて点滅して一定時間無敵になる。
攻撃方法は1ボタンで出るタイガーバズーカ、ごっついタイガーバズーカ、通天砕の三種類。

AIは搭載されていない模様。
にょきを撃破する時に使うといいかもしれない。
+くねくね氏 水滸演武仕様
  • くねくね氏 水滸演武仕様
上記のとけい氏の溝口を改変し、水滸演武出演時の性能に近づけたもの。
基本的には原作再現だが、原作では6ボタンだったのを4ボタンになっていたりターゲットコンボがなかったり
改変元のオリジナル超必殺技が使えたりとアレンジされている。
AIもデフォルトで搭載されており、水滸演武らしく食らいぬけや即死コンボを自重せずかなりの強さ。



ニコMUGENでは、某ストーリー動画によって多数のファンを獲得。
その濃いキャラから、ファイターズヒストリー勢の中でも人気は多分お兄ちゃんと二分すると思われる。

「喧嘩百段、思い知ったか!」


出場大会

+一覧
シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中
凍結

出演ストーリー

プレイヤー操作



*1
プロフィール上の設定にのみ記載された溝口の彼女で、ゲームには登場しない。
『ファイターズヒストリー』では千絵表記だが、『KOF MIA』での表記は千恵となっていた。
『溝口危機一髪!!』発売当時のゲーム雑誌などに掲載された公式イラストでの容姿はこちら↓

なお、「コミックゲーメスト」誌で連載された津雲幻一郎氏による『ダイナマイト』の漫画版でも姿を見せているが、
デコの公式イラストとは大分雰囲気が違う(漫画が発表されたのは『溝口危機一髪!!』より前なので仕方ないが)。
フルネームは大槻 千絵とされ、病弱なお嬢様的な雰囲気を持つ、ロングヘアの女性として描かれている。
作中では看護師の職に就いており、大怪我を負った溝口が仕事場に転がり込むなどの描写があった。
ちなみに作中の容姿はこちら↓

いずれにしろ、かなりの美人であることは間違いない。溝口…非常に羨ましい限りである。
何故か某大会では非リア枠で参加してたが

*2
基本的に落第は最高学年と同じだけしか出来ない。つまり高校で3年、大学で4年を超えると退学となる。
元ネタの男塾は私塾だから関係無い(実際に作中でも10年以上、続編で20年以上留年している人物が登場する)が、溝口は高校生……。
限界まで留年したら別の高校に転校でも繰り返してるんだろうか?

*3
実は、他に携帯アプリとして、『FHD』と『餓狼SP』のスプライトを使った『餓狼伝説vs.ファイターズヒストリーダイナマイト』という
ベルトスクロールアクション系のゲームが作られているのだが、
FHDキャラが多数雑魚として沸いて出る(クローンか?)という『KOFスカイステージ』にも劣らぬ奇怪な作品。
主人公はテリー・ボガード不知火舞、そして溝口誠の3人から選択。 レイ?誰だっけ?
だがゲームの出来は悪く、早々に黒歴史として葬り去られた。もっと詳細を知りたい方はこちらを参照。
溝口編(ステージ1) 舞編