霧沢風子


安西信行の漫画『烈火の炎』の登場人物。
正義感が強く男勝りな男女。B型。戦闘力87。CV:平松晶子。

烈火や土門の喧嘩友達ではあるが、2人よりは幾分真面目な高校生活を送っている模様。
ちなみにヒロインより人気らしい。何故人は争(ry
また、土門の他にも謎の青年:雷覇にも好かれており土門をやきもきしている。
非常に身軽だが、腕力で男に劣る(弱くはないが)ため、喧嘩では錐を飛び道具として使っている。
使用魔導具はそれ自体が意思を持ち風を操る「風神」と、手甲から刃が自在に伸縮する「神慮伸刀」。
また、風神の核の代わりに魔導具「鬼の爪」の核をセットし、「風の爪」として使うといった応用法を披露した。

なお、風神の核は終盤まで所在不明だったため、4つの小さな核による最低限の力しか発揮出来なかった。
この小さな核を消費して、風神の本来の力「枝技」を使用することも可能。
ただしその小さな核もなくなるとまったく使い道のないガラクタ同然となる。

+ 風神とは【終盤ネタばれ】


MUGENで風子っていうと伊吹より先生だろうか。



+ SIM氏製作
+ re5t氏製作

出場大会