霧沢風子

安西信行氏の漫画『烈火の炎』の登場人物。
正義感が強く男勝りな男女。B型。戦闘力87。CVは平松晶子氏。

烈火や土門の喧嘩友達ではあるが、2人よりは幾分真面目な高校生活を送っている模様。
ちなみにヒロインより人気らしい。何故人は争(ry
また、土門の他にも謎の青年:雷覇にも好かれており土門をやきもきしている。
非常に身軽だが、腕力で男に劣る(弱くはないが)ため、喧嘩では錐を飛び道具として使っている。
使用魔導具はそれ自体が意思を持ち風を操る「風神」と、手甲から刃が自在に伸縮する「神慮伸刀」。
また、風神の核の代わりに魔導具「鬼の爪」の核をセットし、「風の爪」として使うといった応用法を披露した。

なお、風神の核は終盤まで所在不明だったため、4つの小さな核による最低限の力しか発揮出来なかった。
この小さな核を消費して、風神の本来の力「枝技」を使用することも可能。
ただしその小さな核もなくなるとまったく使い道のないガラクタ同然となる。

+風神とは【終盤ネタばれ】
風神はそれ自身に意思がある最高クラスの魔導具であり、同レベルの魔導具 「雷神」 と対になる存在であった。
しかし穏やかな性格である風神と、凶暴で殺戮を求める雷神とは合いあわず互いに壊しあう関係でもあった。

雷覇がその雷神の持ち主であり、雷神の力を抑えるために持っていた風神の核を風子に渡し、最後に望まない戦いを交える
(雷神はそう思っていたが、雷覇自身は好意のためにも接していた)。
互いの信念や守るべきもののための辛い戦いは、風神の勝利で終結した。

すべての戦いが終わった直後、風神は 「ゴシュジンサマ、幸せになってね」 の遺言と共に砕け散る。
そして風子はその遺言に従い、土門の傍らで普通の高校生として生活するのであった。


MUGENにおける霧沢風子

+SIM氏製作
  • SIM氏製作
現在は公開サイトの消滅により入手不可。
GBA用ソフト『烈火の炎~THE GAME~』仕様+αの風子。
元ゲーはちょっと攻撃速度が速い程度だったが
MUGENじゃ空中ダッシュが可能になっている上に空中必殺技を2種類も用意しており
空中殺法が大得意なキャラになっている。硬直の長い技が多いので地上で待たれると苦労する。
ダッシュ後にアッパーするので対空技としては微妙だった神慮伸刀は、弱で出せばダッシュしないので対空に使える。
エルボーは打撃っぽく見えてコマ投げ。
風や爪のエフェクトがチョイ・ボンゲっぽい。

+re5t氏製作
  • re5t氏製作
こちらも『烈火の炎~THE GAME~』仕様+αの風子。
操作系はゲームの飛び道具、通常攻撃、ガードの3ボタンから
飛び道具、通常攻撃の弱・中・強、パワーゲージ溜めの5ボタンになっている。
ダッシュやブロッキング、超必殺技等が追加されており
必殺技はゲージを消費しない代わりに攻撃力が低く設定され、コンボが繋げやすくなっている。
氏の烈火の炎キャラ同士で対戦するとゲーム仕様の特殊勝利演出が発生する。
AIは搭載されていない。


出場大会