ショー・疾風


格闘スタイル: 風雲拳
誕生日: 8月13日
星座: しし座
年齢: 20歳
血液型: B型
身長: 185cm(STBでは174cm)
体重: 78kg(STBでは70kg)
スリーサイズ: 不明
趣味: 鍛錬
大切なもの: 力とスピード
好きな食べ物: もなか
嫌いなもの: 梅干
特技:大声を出すこと
得意スポーツ: 水泳

風雲拳━━━━━
          それは実戦空手道と
                    ブーメランをくみあわせた
                              まったくあたらしい格闘技・・・

                                        そしてこの若者の名はハヤテ
                                                  風雲拳の奥義をきわめた男だ

                                                            今、最強の獅子に挑む!


「うおおおぉぉぉぉぉーーっ!!!」


風雲黙示録』の主人公。 ショー・ハヤテ とも表記される。『ストリートファイターEX』にもハヤテというキャラがいるが全くの無関係である。
冒頭の台詞のとおり、実戦空手道とブーランを組み合わせた全く新しい格闘技「風雲拳」の使い手。
ベースである空手は彼の父親が編み出した飛天流空手となっている。
また、勘違いされがちだが「風雲拳」自体を編み出したのも疾風自身ではなく、空手同様に彼の父だったらしい。
『風雲黙示録』での中白虎との会話で
「奴のせがれか…成長したのう 風雲拳とはひさしぶりぢゃわい」
「俺の風雲拳 おやじとはひとあじ違うぜ!」
とあるのでショー・疾風の風雲拳は父から学んだものである事が分かる。
(あるいは、父の編み出した飛天流空手を既存の風雲拳と組み合わせて「ひとあじ違う」全く新しい風雲拳を作ってしまった可能性も考えられる……か?)

なお、『サムスピ零』の千両狂死郎EDでは疾風によく似た人と、藤堂竜白によく似た人が編み出した事になっているが、
それはおそらくよく似た別の何かであろう。

+余談
余談だが「ハヤテはともかく、なぜ藤堂竜白が風雲拳絡みで出るのか?」と思った人のために説明しておくと、
EDで初めてこちらを向く(それまではハヤテステージの奥で背を向け、向こう側のブーメランを拝んでいる)彼の父親の顔は、
なぜか藤堂竜白そっくりであった。加えて、ハヤテが身に付けている赤胴。SNKで赤胴の男といえばそう、藤堂竜白である。
『サムスピ零』の藤堂竜白(のような人物)━━それはそっくりな親父の外見と赤胴を組み合わせた事による、全く関係無いはずの男の登場であった。

『風雲黙示録』の舞台は21世紀前半と言う設定なので、流石に父親が竜白本人と言うことはない(最低でも70~80歳以上になる)が、
ひょっとして子孫(竜白に息子はいない事や、年代的などから孫以降の世代の人)もしくは親戚筋の人なのかもしれない。
実際続編『風雲STB』で、『餓狼伝説』のキム・カッファン子孫がいるぐらいだし。
ちなみに『サムスピ』シリーズの方では上記の狂死郎ED以外にも竜白によく似た人物が何度かEDに登場しているのだが、
(『真サム』の不知火幻庵ED、『天下一剣客伝』の花諷院和狆ED)、
時代設定上、彼もやはり竜白本人である筈がなく「 藤堂龍白 」という名前の別人らしい。

なお、父親の名前は「剛・疾風(ゴウ・ハヤテ)」と言う。つまり主人公は「ショー」が名前で「疾風」が名字。
にもかかわらずエンディングで「なにごとだ、ハヤテ」などと、父親に名字で呼ばれている事はよく突っ込まれている。
工藤修氏による『風雲黙示録』の小説版においても、ゲーム同様に「ハヤテ」と父親から呼ばれていた。

だが少し待って欲しい。父は風雲拳の師範、息子はその弟子の一人。
息子とは言え特別扱いせず、他の弟子達と同等に扱うため敢えて名字で呼んでいる、とは考えられないだろうか?
『スーパードクターK』にもそんな話があったし。

スタッフが間違えただけとか言うな。


ところで、あまり触れられる事はないが「念動飛棍」・「幻影飛棍」といった技を駆使している辺りのようだ。
風雲拳+超能力なのか、超能力まで含めて風雲拳なのか、その辺りは謎だが……
疾風は別に超能力者ではないがブーメランに神秘の力がこもっているために上記のような技ができるとも言われている。
その証拠に、風雲STBではブーメラン無しだと飛天昇王脚の無敵が無くなってしまう。
親父がブーメランを祭壇に掲げて祈っているのは伊達ではないのである。

また、タイトル画面での彼の雄たけびがあまりにうるさいので(その音量たるやゲーセン内に響き渡るほど)、
稼働しているゲームセンターではタイトル画面の音が消されていることも多かった。

『風雲スーパータッグバトル』では主人公をロサキム・スイルに譲っているが、
風雲といえばハヤテという印象からか、それをネタにされることは無く
かといってロサやキム・スイルの人気が無い訳でもないという、
比較的理想的な主人公交代に成功している…のかもしれない。
武者修行の成果か性能自体は上がったようで、ダイヤグラムでは上位に位置するようになった。
公式ストーリーで影武者の方の獅子王にやられた事になっていたのがよほど堪えたのだろう。
また、勝利メッセージも彼の精神的な成長を感じさせる物になっている。
……が、何故か身長が11cm縮んだ。
初代でも老人と子供除くと男の中で一番小さかったが、185cmから174cmに縮んだせいで
180cmのキム・スイルよりも小さくなってしまった。

そして、『KOFXI』では隠しキャラとしてまさかの乱入。
筐体を1440時間稼動させると登場する、乱入キャラとしてはトリとして満を持して登場するぞ!誰得
中の人は変更されているが、やっぱり叫ぶ。うるさい。
同作最強クラスの各種飛び道具とゲージを持ったときの爆発力はあるものの、
防御力の低さ、気絶しやすさから弱キャラとされることが多い。
奥義!無双乱舞はリーダー超必殺技として登場したが、実はコマンドが二種類存在し、
それぞれが黙示録版(2141236+E)とSTB版(632146+E)のコマンド再現となっている。
性能も原作に沿ってか、前者の場合だと初撃が下段判定になり、後者の場合だと初撃がどこでも判定となる。
そのため、相手画面端限定で黙示録版→STB版に繋ぐというロマンコンボが存在する。
ちなみに、この作品のハヤテには交代関連のバグを持っており、特定のことをすると画面外へ飛び出すというバグがある。
バグ発生中は本体は画面外のため相手の攻撃は届かず、自分はブーメランで一方的に攻撃できるという恐るべきバグであり、
しかもこのバグ、前述した特定のことが結構実践的なものだったため、大会では基本的に使用禁止である。風雲拳、恐るべし。
(ちなみに交代したり、画面外から戻ってきて画面上にいるときに攻撃を受けたりすると元に戻る)

『KOF2002UM』のネオジオランドステージにも背景出演。ジェットコースターのコースの上に立っており、
ジェットコースターがやってきたら下に降りて避ける⇒そしてまたジャンプして登る…を延々としているが、
これはライン移動攻撃(『KOF XI』で言うと飛鳥蹴り)であり、
『風雲黙示録』のキャロルステージでの戦いの再現である事は全国の風雲拳門下生には一目瞭然である
(ちなみにキャロルも同じ事をしている。もしかするとアトラクションなのかもしれない)。

それにしても不思議な踊りをするフランコ・バッシュといい、ずっと空中に浮いてるチン・シンザンといい、
両腕に子どもをぶら下げたまま、メリーゴーランドの如くオトコプターをやっているすごい漢といい、
なんなんだこの遊園地

更には家庭用『KOFXIII』に追加された極限流道場ステージでは弟子達と共に正座している。
なんなんだこの道場

+ぼおおおぉぉぉぉぉーーっ!ひょおおぉぉぉぉ!!(ネタバレ注意)
うるさいから主人公会議に呼ばれなかった。

参照動画

「うおおおぉぉぉぉぉーーっ!!

                                                  俺が一番だぁぁぁ!!!」


MUGENにおけるショー・疾風

ニコMUGENではハヤテの人ことカッ昏倒氏が有名か。大百科にも載ったし。

風雲

+ironjw氏製作
  • ironjw氏製作
風雲黙示録のスプライトを使用したハヤテ。
原作の技は一通り入っているが、ライン関係のシステムは搭載されておらず、操作も弱P・強P(武器)・弱K・強Kの4ボタン方式になっている。
AIも搭載されているが、せっかく飛天昇王脚が当たったのに無駄にキャンセルして追撃のチャンスを逃すなど、あまり強くはない。
(statedef1050のchangestateでcommandの記述がある二つの部分が問題の箇所で、ここに「triggerall = var(9)=0」と追記すればAI操作の時は変なキャンセルはしなくなる)

+ですからー氏製作
  • ですからー氏製作
風雲黙示録のスプライトを使用したハヤテ。
システムはですからー氏オリジナルで、原作の技は一通り入っているが、ライン関係のシステムは搭載されておらず、
操作も弱P・強P(武器)・弱K・強Kの4ボタン方式になっている、というのはironjw氏のものと同様。
超必殺技も原作の「体力が減ったら使い放題」ではなく、一般的な「1ゲージ消費」になっている。
またガーキャンや前転(しかし後転はない)を搭載しているので昔のキャラによくある「追い詰められると反撃できない」という心配も無用である。
ちなみに前転のモーションは原作で言うラインアタック(XIで言うと「飛鳥蹴り」)のモーションのため、
見た目に 全く前転感がない がしっかり無敵はあるので安心しよう。

このキャラの最大の特徴は、なんと言ってもイントロだろう。
あの、かの有名な風雲黙示録OPをイントロで再現してくれるばかりか、2ラウンド勝ったら勝利ポーズでまたやってくれる。
さらに更新でBGMまで流れるようになったため破壊力は倍増した。
また登場シーンでは相手の状況を無視してあのOPデモを行うため、同じように豪華なイントロを持つキャラクター(ですからー氏のマッスルボマーとか)と
対戦させるとイントロが無茶苦茶カオスな状態になる。
マッスルボマーキャラのように長い登場イントロを止めるコンフィグは無く、絶対に風雲拳デモを見せられることになる。
特にチーム戦では 全ラウンド風雲拳OPを見せられる ため否が応にも脳に叩き込まれること必定である。

さらに、あの雄叫びは、なんとオリジナル超必殺技「絶技!風雲天叫拳」として戦闘中にまで繰り出してくれる。
この時両者がアップになる演出が「SNK側の真・昇龍拳」っぽくて、そんないいポジションを風雲拳が担当するというのが実に微妙な気分にさせてくれる。
ただ、後述するが、飛天昇王脚が無敵対空技から性能が大きく変わっているため、
このキャラには無敵技による切り返しが超必殺技ぐらいしかなく、また無双乱舞の方も空中の相手にはヒットしないという弱点を持つため、
無敵対空として使えるこの技は戦力的にもネタ的にも大いに頼りになってくれる存在である。

原作の超必殺技「奥義!無双乱舞」はなんと ガード不能の移動投げ になっており、
出がかりに無敵がある上に、突進が速いため連続技にも使える。こちらも活躍の機会は多い。
ただ、前述の通り 空中の相手にはヒットしない ため、密着でも暗転見てからジャンプ余裕でしたな欠点を持つ。(ただし、これはジャンプが遅いキャラを除く)
また無双乱舞には『出してから当たるまでに疾風が走った距離』に応じて演出が変わる特性があり、
距離が短かった場合はSTB版の演出(〆の強烈斬の追加攻撃が2回)になり、
距離が長かった場合は黙示録版の演出(〆の強烈斬の追加攻撃が1回+乱舞の初撃が 足払い )になる。
ちなみにSTB演出になると威力が若干上昇する。

強烈斬はSTB以降と同じく追加入力により追加攻撃が可能で、この追加入力にはディレイがかけられる。
また追加攻撃後には追撃が入るため、好きな技で追撃しよう。

飛天昇王脚の性能は原作から変わっていて、くるくる回っている時には無敵だが攻撃判定は無く、
オーラを身にまとっていかにも無敵対空っぽい飛び膝蹴りの時は無敵ではない、という原作よりさらに変態度が増した構成になっている。
相手によってはこの飛天昇王脚の長い無敵時間でことごとく技をすり抜けられてしまって一方的な試合になってしまう場合もあり、
また、無敵時間から攻撃判定発生までの間に無防備な時間が存在するため、突っ込んで行ったハヤテが敵と密着した状態で攻撃を喰らって
その後コンボを喰らってやられるだけという事にもなりやすい。
相手がこの技に対処できるかどうかで勝率が大きく変わってくる、重要な技になっている。
決して「長すぎる無敵時間でなんでもかんでも潰してくる超性能の対空兼突進技」では無いのだが、
動画ではそのように感じられてしまう展開になってしまうかもしれない。
いかにも「対空飛び膝蹴りの部分までずっと無敵時間が続いているため、どうしようもない」ように見えがちなので誤解されやすい。

AIはデフォルトで搭載されており、風雲天叫拳の使用頻度が高いので毎度毎度「うおおおぉぉぉぉぉーーっ!!!」の雄叫びがこだまする事になる。
あと脱衣KOも搭載。無論 こいつが脱ぐ。

そして2018年5月28日、キャノン娘氏が公開しているすごい漢のAIパッチに対戦時・タッグ時の特殊イントロが追加された。
後述のアフロン氏製のハヤテにも対応しているが、風雲黙示録OPを再現しているこのハヤテとのイントロは特に徹底しており、
二人で一緒に演舞を繰り広げた後に赤胴の男とすごい漢の雄叫びが「うおおおぉぉぉぉぉぁぁぁーーっ!!」とハーモニーを奏でて 物凄くうるさい
ついでにすごい漢が デモシーンにまで出しゃばって来る ためハヤテ+不破+獅子王の三段重ねとなりむさ苦しい事この上ない。必見。

さらに仲間が加わり、同氏製作のダッチ・シェーファーにも同様のパッチが作られた。
タッグマッチを使って、不破も含めて3人で試合を組めば全員で叫ぶので実にうるさい。
……問題はシェーファーの声量が圧倒的すぎて、ハヤテや不破ですら霞んでしまう事だろうか。

上の動画ではハヤテの左側に いかにも誰か入りそうな不自然なスペース があったが、
ですからー氏がナインハルト・ズィーガーを公開するや 待ってましたとばかりに3時間でパッチを公開。
ついに4人が揃って雄叫びをあげるようになってしまった。
ちなみに、うるささはシェーファー>>>>>ハヤテ>>ズィーガー>不破の順。まさかのすごい漢最下位という結果になった。あとシェーファー凄すぎ。

KOF

+アフロン氏製作 XI仕様
  • アフロン氏製作 XI仕様
原作をほぼ忠実に再現。
現在本体はDLページよりリンクが削除されている。
J・J氏と青村氏によってAIパッチが作られており、ニコニコで見るのは主にこちら。
カッ昏倒氏により、『風雲黙示録』ボイスにするボイスパッチが公開されている。

後にくねくね氏により本体附属でAIパッチが公開され、上記の画面消失バグを再現する改変や
さらにブラック&ゴールドのスペシャルカラーを追加、11P&12P限定で性能も強化されている。

また、上述のですからー氏製のものと同様、キャノン娘氏のすごい漢のAIパッチに対戦・タッグ時における特殊イントロが追加されている。

+Vans氏製作 XI仕様
  • Vans氏製作 XI仕様
上記のアフロン氏のものとは違い、スキルゲージが搭載されている。

+Ainotenshi氏製作
  • Ainotenshi氏製作
再現系で、MAX2「真!風雲爆殺」が追加されている。
なぜかLifeが2000でDefenceが50という造りになっている。
AIは搭載されていない。

サイトには直接のDLリンクがないが、氏のonedriveに「Hayakkute」という名前でファイルがあるので、DL可能。
onedriveには氏のサイトのリムルルから。なおスカドラからの仕様変更によりアドレスが無効なので、アドレスの修正をしなければならない。

アレンジ

+Tommy-gun氏製作 奥さん一発やりませんか?
  • Tommy-gun氏製作 奥さん一発やりませんか?
他の風雲キャラに変身するアレンジキャラ。
ただしブーメランを受取るイントロを飛ばされると常時素手状態となり変身できない。
氏のいつもの事なのでしかたがないが。
デフォルトでAIが搭載されているが、初期モードのまま終わってしまう事もしばしば。


「みたか! つねに進歩する、これが風雲拳だ!」


出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中
凍結
非表示

出演ストーリー

その他