日暮かごめ

「あたしの矢はね・・・悪いやつにしか当たらないのよ」


週刊少年サンデーにて連載されていた高橋留美子著の戦国ファンタジー漫画『犬夜叉』のヒロイン。某飲料メーカーでも某音楽ゲームの詩人ではない。
読みは「ひぐらし-」、4年に一度目覚めるオリンピック男とは無関係。
アニメ版の声優は『サムライスピリッツ零』の真鏡名ミナや『ONE』の川名みさき(OVA版)を演じた雪野五月。

祖父が神主を務める日暮神社に、祖父、母、弟と住んでいた普通の中学生だったが、
15歳の誕生日に、神社内の祠にある「骨食いの井戸」からムカデの妖怪に引きずり込まれ、500年前の戦国時代にやってきた。

彼女の体内から、50年前に桔梗の亡骸と共に燃やされた四魂の玉が現れ、
また成り行きで同じく50年前に桔梗が封印した犬夜叉の封印を解く。
このことから桔梗の妹である楓(空鍋とか剣士ではない)は、彼女が桔梗の生まれ変わりであることを見抜く。
その後井戸から現代に戻ってきたが、犬夜叉もかごめを追って現代へやってきたことと、妖怪が同じように現代にやってくることを恐れ、
今度は自らの意志で戦国時代へ向かう。
ただし本業は高校受験を控えた中学生であるため、戦国時代でも勉強を怠らず、現代と戦国時代を行き来する生活をおくることになる

作中では「犬夜叉!」「かごめ!」とお互いの名前を呼び合うシーンが非常に多いことが海外ではネタにされている。


MUGENにおける日暮かごめ

VinnyJ氏のかごめが存在する。ベースとなっているのはPS1の『犬夜叉~戦国お伽合戦~』。
原作同様犬夜叉が相手のときのみ、投げが「おすわり」に変更される。

霊力の手(Energy Ball)と呪い返し(Spirit Energy Explosion)は、
飛び道具を打ち消すことができるようだが、あまり当てにはならない。
清めの矢(Purification Arrow)と破魔の矢(Sacred Arrow)は、原作通りしゃがんで避けられてしまうし、体の小さいキャラだとそのまま素通りすることも。
同梱されたAIは、清めの矢も放ちつつも相手に近づき、霊力の手や呪い返しで接近戦をしてくるようだ。

同氏製作の犬夜叉同様、アーケードモードのオープニングのほか、英語ボイスが同梱されている。

出場大会


出演ストーリー



添付ファイル