ジョー・ムサシ


                 ―  影  ―

進むこと疾風の如く その護り鋼の如し
あるときは  泥土に伏し
またあるときは  叢雲とともに形を変えん
その闘志  烈火の如く燃えさかるとも
常に心境  止水の如し

    末法破戒

志半ばにて  倒るるときも
暁とともに  姿をかき消し
己の骸  断じて   さらすことなかれ
之即ち  忍の極意と知るべし
                           「朧流忍術秘伝書」より

SEGAの横スクロールアクション「忍-SHINOBI-」シリーズの主人公。
伊賀忍者の一派「朧流」を極めた、100年に一人の逸材と呼ばれる天才忍者である。
名前は似てるがとは無関係。

80年代、ハリウッドで日本ブームが巻き起こり、「NINJYAムービー」が盛んに作られた。
忍者とは似て非なるNINJYAっぷりは日本でも話題となり、B級映画として一時期よく放送された。
主にテレビ東京で
ブームの第一人者がショー・コスギ(ケイン・コスギの親父)であり、忍シリーズもその影響が強く見られる。
似たようなゲームにはテクモの「忍者龍剣伝」シリーズがあるが、こちらの方が発売は早い。

長いシリーズだけに人気は根強く、ニコニコでも容易にプレイ動画を見つけられる。
BGMにも定評があり、特に『ザ・スーパー忍』以降は古代祐三氏が担当している。
世界樹の迷宮」シリーズや、『ナムカプ』の「すばらしき新世界」の作曲者と言えばおわかりいただけよう。
現在はシリーズ全曲集「LEGEND OF JOE MUSASHI ~忍 MUSIC COLLECTION~」がセガストアで購入可能である。
……どうも本人自身について書くことが少ないのだが、原因はおそらく作品中でしゃべらないことにある。
「 お の れ 邪 鬼 王 ! 」とか「きさまらにそんな玩具は必要ない」とか「すもうパワーには まいったな!」とか、
その一言で作品を象徴するような名台詞が彼には存在しない。そんなとこだけ律儀に忍んでるのである。

忍シリーズ

このwikiでアクションゲームの性能を解説してもしょうがないので、概要とプレイ動画を紹介するに留める。

忍-SHINOBI-(海外名:SHINOBI)

+ 

ザ・スーパー忍(海外名:Rvenge of Shinobi)

+ ザ・スーパー忍

ザ・スーパー忍II(海外名:shinobi 3 Return of the Ninjya Master)

+ ザ・スーパー忍II

シャドーダンサー(海外名:Shadow Dancer)

+ シャドーダンサー

+ その他


MUGENにおけるジョー・ムサシ

二人のジョー・ムサシが確認できる。
+ Leonardo氏製作 Joe Musashi
+ The disciple x氏製作 shinobi

なお、両名ともフォルダおよびDEFファイルが「shinobi」名義のため、登録時には注意が必要である。

出場大会

Leonardo氏版

The disciple x氏版


闘いは終った・・・・

闇の翼は燃え上がり
その身は大地を震わせた。
風は静寂をのせ
ムサシをやさしく包み込む。
傷ついた身体に
やすらぎが訪れた。

だが、激動の世紀末
渦巻く欲望の裏側で
悪の台頭は繰り返される。
そしてまた
一つの歴史が変わる時
闇を駆け行く者がいる。

それが  影・・・・

それが  忍



添付ファイル