雪姫


「終わったよ、ペペ」

キャラクター設定

1995年にバンプレストが製作(なお、開発はパンドラボックス)したアーケード用格闘ゲーム。
『隠忍 THE NINJA MASTER』(こっちのニンマスじゃないぞ!)のプレイヤーキャラ。
観世音菩薩を背神に持つ巫女。雪の精の生まれ変わりで、雪女に転身する事ができる18歳。
般若大将軍に攫われて天下の大泥棒に助けられたりはしない。元祖ミニスカ着物…の方は雪子姫か。

連れているのはリスギツネのぺぺで、一緒に散歩するのが趣味。
スリーサイズは88・52・89。

転身するとかなり危うい格好である。

ただし本作での転身は超必殺技の演出に過ぎないので元ネタを知らないと無くても良い存在だったりする
余談だが、転身前でも必殺技の一つに「裸翔飛斬」と言うのがあり、技の使用中は名前の通り脱ぐ
いや、脱いだ着物を振り回す事で攻撃してるんですけどね。
トップ絵の通り下着だか水着だかを着込んでいるからKENZENですよ。それ以前に最初からパンモロな服装だし。


隠忍 THE NINJA MASTERとは

隠忍と書いて「おに」と読む。
既にRPGが数作発売されていたパンドラボックスの『ONI』シリーズからの公式スピンオフ作品である。
(『月姫』と『MELTY BLOOD』の関係と同じ。)
+ ONIシリーズとは

ジャンルは『協力型対戦格闘ゲーム』。シリーズ展開の一環として制作された。
使用可能なキャラは天地丸(バランス形)、雪姫(スピード形)、海王丸(パワー形)の3人。
プレイヤーキャラ同士の対戦は存在せず、大型のボスと戦っていく形式になっていて、二人プレイの場合は協力してボスと戦う形式になる。
(大型ボスと言ってもアポカリプスギャラクタスほど大きくはない。精々センチネルハウザー程度である。
 しかもこれはプレイヤーキャラとのサイズ差の話であり、
 プレイヤーキャラがベルトスクロールアクション並みのサイズ(『龍虎の拳』や『アルカナハート』の遠距離モードサイズ)しか無かったので
 本作発表の時代では既に大型ボスと言う売り方はしづらかった。)
要は『究極戦隊ダダンダーン』と同じ仕様である。もしくは、二人協力プレイ可能で対戦モードが無い『ウォーザード
シリーズ伝統の転身(変身)システムは、上記の通りキャラクターが超必殺技を放つ際の演出のみである。

ゲーム難易度は高く、一人プレイでのクリアは初心者にはまず無理なレベル。
更には良くも悪くもアクションゲームな仕様なので判定勝ちは存在せず、時間切れ=敗北。そして雪姫は火力が低い
恐らく協力プレイを前提にして難易度設定をしたのだと思われる。
逆にアクションゲーム仕様な事から、復活時(残機制)やコンティニューした時でも敵の体力は減ったままである。
(ダダンダーンも同じ仕様。ウォーザードだと対戦型格闘ゲーム仕様(基本二本先取制)なので敵の体力が全快する)
ラスボスは覚えてしまえばパターンで嵌める事が可能だが、まともに戦うと無理ゲーなレベル。
前述の通りコンティニューしても敵の体力が回復しないので、コンティニューでのゴリ押しは可能だが(ダダンダーンも可。逆にウォーザードは不可)。

ちなみに家庭版など存在しない。



MUGENにおける雪姫

サクラカ氏による物が存在する。
基本的には原作再現だが、原作では最大1本だったゲージが最大3本に変更され、1ゲージ消費の超必殺技2つを追加し、原作のゲージ消費技「転身」が3ゲージ技となっている。
また原作では足元をウロチョロするだけだったペペだが、こちらは攻撃技を身に付けている(ダメージは微量だが)。

キャラが作成されたのは2005年とかなり前で、いくつかの大会に出ているのだが、 ゲーム自体がマイナー過ぎる ためか、動画に出ても何のゲームのキャラかわからない人が多い。
そもそもこのページ自体、製作者は有名なのに何年も作られなかったくらい・・・。

デフォルトでサクラカ氏本人によるAIも搭載されている。


「この力 正義のために」

出場大会