ガッチャマン

「実体を見せずに忍び寄る白い影!その名も科学忍者隊!」


科学忍者隊ガッチャマン

1972~74年にかけて放送されたタツノコプロ制作のSFアクションアニメ。
謎の総裁Xと首領ベルクカッツェ率いる悪の組織「ギャラクター」が、世界征服を狙って活動を開始した。
国際科学技術庁の南部博士は、これを予期して密かに特殊戦闘部隊「科学忍者隊」を結成していた。
大鷲の健、コンドルのジョー、白鳥のジュン、つばくろ(燕)の甚平、みみずくの竜の5人は、ブレスレットの力でバードスタイルに変身。
鍛え上げた肉体とメカを駆使してギャラクターの鉄獣軍団に立ち向かっていく。

タツノコお得意のリアルタッチの人間アクションと精密なメカニック描写が生み出す映像は、作画、動画、書き込みの量や手間など、
あらゆる面で当時のテレビアニメのレベルを超えたものだった。
クオリティを追求するために様々な工夫が凝らされており、
  • OPの地球は調理用のボウルに紙粘土を盛って造形し丸みを表現。
  • 水槽に絵の具を垂らして爆煙を表現。
  • 半透明バイザーを表現するため、その部分に奥の背景を描いた。
等等、実写特撮にも似た手法が試されていた。

ハードかつ綿密なシナリオも特徴的だが、決して暗く難解なだけの話にはならず、
甚平と竜、逃げ出すベルクカッツェと置き去りギャラクター隊員のように、コメディ描写で笑いを生むことも忘れてはいなかった。
(ちなみにカッツェは元祖オネエ系悪役。オネエ系といっても口調などを始め、そこまでオネエ色が強いわけではないが。
 ただし正体は総統X(宇宙人が作った人工頭脳)が作り出した雌雄同体のミュータント(元は地球人の男女の双子の胎児)だった。)

単なるアクションだけでなく、国家や経済の裏で暗躍するギャラクターとそれを暴き出す忍者隊といった、スパイドラマ的要素も大きな魅力だった。
+ ギャラクターの暗躍一例

78年には再編集劇場版を公開(音楽はすぎやまこういち氏。使用曲の一つ「時の子守唄」は、その後ドラクエ6のEDとして使われた)、
同年には続編である『科学忍者隊ガッチャマンⅡ』、その翌年には『科学忍者隊ガッチャマンF(ファイター)』が製作された。
90年代にはOVAとしてリメイクされている。2012年には朝の情報番組『ZIP!』にて短編ギャグアニメ『おはよう忍者隊ガッチャマン』が放映された(2013年4月以降は『マジンガーZIP!』に移行したが、実写版公開にあわせちょっと復活)。
2013年夏季には新作TVアニメ『ガッチャマンクラウズ』が放映。
こちらは旧シリーズとの繋がりはない完全新作(『テッカマン』でいう『ブレード』のようなもの)といった趣きとなっている。キャラクターが変身した外見などから「鳥っぽくない」と評判。
SNSといった現代におけるネットワークとヒーローを絡めたストーリーから人気を得ており、2015年には『クラウズ』第2期の『インサイト』も放映された。
また『クラウズ』1期とほぼ同時期には実写映画が公開。案の定、無茶苦茶評判が悪い。
最近では2015年11月から月刊ヒーローズにて連載されている漫画『Infini-T Force (インフィニティフォース) 未来の描線』にも大鷲の健が他のタツノコヒーローたちと共に客演している。

その後の『キャシャーン』『テッカマン』『ポリマー』へと続くタツノコヒーローアニメの原点であり、
日本のアニメ・特撮におけるチームヒーロー物の性格分けに与えた影響も大きいと言われている。
特にスーパー戦隊シリーズの中でも『鳥人戦隊ジェットマン』は完全にモチーフとしており、メンバーの変身後の名前
(レッドホーク(鷹:鷲は既に『太陽戦隊サンバルカン』で使われていたからか避けられている)、ブラックコンドル、
 イエローオウル(ふくろう:英語ではみみずくもオウル)、ホワイトスワン(白鳥)、ブルースワロー(燕:こっちは女子高生だが))
や『ガッチャマンF』のガッチャスパルタンに似たイカロスハーケン等、様々な所でモデルにしているのが伺える。

実はメンバー5人の中で「ガッチャマン」なのは科学忍者隊隊長であるG1号=大鷲の健だけであり、
他の4人はあくまでも科学忍者隊隊員であるというのは地味にトリビア。

タイムボカンのOVA『タイムボカン王道復古』にも登場しており、ボヤッキーが経営する蕎麦屋堂々と食い逃げをしている
タツノコキャラが住む世界タツノッコン国で大暴れしているドロンボー一味にタツノコヒーローたちと総攻撃を仕掛けるが、
ボヤッキーの計算でドロンボーのメカ・ロリコンダーがセーラームンムンに変身し、
(ちなみにムンムンとは『逆転イッパツマン』に登場した悪役会社の会長の孫の名前)
セーラームンムンの演技を見て、「女子高生は殴れない」言った後、
ジュンから「女子高生が好みなの?」と言われて途惑っているところをポリマーに「若い娘がいいよな」と茶化され、彼を蹴飛ばす。
ジュンに「女は30を過ぎてからが一番いいって言うじゃないか」と言って彼女を怒らせてしまい、
ジュンと蹴られたことに腹を立てたポリマーにタコ殴りにされ、そのすきに攻撃される。出番終了。(この後ジュンはヤッターマンに助けられている)
ちなみにジョーと甚平と竜はセリフが全然ないからつまらないという理由でキャシャーンとテッカマンと共に帰ってしまっている。(なぜか健は納得してる)

また、平成版ヤッターマンの特番にも登場し、みのもんた氏が雇ったボディーガードという設定で登場している。
ほかの話でも背景キャラとして出演している。

「バード、GO!」



格闘ゲーム

タツノコファイト』に健、ジュン、カッツェが参戦。
近年の『タツノコ VS. CAPCOM』シリーズにも健、ジュン、『UAS』からはジョーも参戦している。

MUGENのガッチャマン

+ 『タツノコファイト』のガッチャマン
+ 手描きその他のガッチャマン

出場大会

大鷲の健
白鳥のジュン
  • 「[大会] [白鳥のジュン]」をタグに含むページは1つもありません。
ゴッドフェニックス