レイ・クウゴ

「サモ ユン! 見てなよッ!!
           心山拳奥技‥
                     旋牙連山拳ッ‥‥!!」

プロフィール

スーパーファミコンで発売されたスクウェアのRPG『ライブ・ア・ライブ』の(最終的な)主人公の一人。
最初に選べる7つの章の1つ「功夫(クンフー)編」の主人公「心山拳老師」の3人の弟子の内の1人である。

原作解説(功夫編)

サブタイトルは『伝承』。キャラクターイラスト担当は藤原芳秀(代表作は『拳児』等)。
ある1つの中国武術の継承にまつわるストーリー。
中国大志山に伝わる功夫の流派・心山拳(しんざんけん)の師範である老師は自らの衰えと寿命を悟り、継承者を捜すため山を下りる。
老師はそこで、野盗の少女レイ・クウゴ、食い逃げ少年サモ・ハッカ、脅されてスリを働いていた少年ユン・ジョウに出会う。
3人の若者を弟子にした老師は、彼らと共に修行の日々を送る。
+ しかし…(ネタバレ注意)
プレイ動画(レイ編)
ちなみに、LALには名前変更システムが実装されているが、功夫編で変更できるのは流派名「心山拳」の部分。
「○○○(漢字三文字まで) 拳」といった名前がつけられるのだが、残念ながら 「斗」の文字が無い ため
北斗神拳」や「南斗聖拳」は不可能。(「水鳥拳」や「風雲拳」は可能)
名前繋がりでつけようとして悲しみを背負った人も少なくないだろう。
ちなみに、「鼻」もないため「鼻毛神拳」も不可能(上記動画を見ればわかるが「大乗南拳」は可能)。

+ キャラ名の元ネタ?

原作でのレイ・クウゴ

天涯孤独の野盗の娘。その間は他人を恨むなど決して幸福な生活ではなかったようだ。
男勝りな性格で身のこなしが軽く、その素早さを生かして竹林でひとり野盗暮らしをしており、
心山拳を習う前は『ネコけり』や『水鳥脚』といった動物を模した動きを得意としていた。

老師に襲いかかったが返り討ちにされ、「あんたをコテンパンにのしてやるため」という名目で弟子入りする。
老師の事を「ジジイと呼ぶが、最終戦後、老師の死に際し一度だけ「お師匠さん」と呼び涙する場面が。
また、男勝りだが女性である事を気遣われるとうろたえる。基本ツンデレ。ツンデレかわいい。

最終編で使用できる唯一の女性キャラクターの為、彼女を後継者に選ぶ人が多い。
次候補に如何にもな内気系成長型主人公気質ショタのユンも支持が多い(幻影陣のあの人ではない)。
もう一人はレイ&ユン人気に押され気味の肥満児サモであるが、彼を選んだ場合のみ全編共通の特殊イベントが発生する為、
選ぶ人も少 ない なくない。彼は他2人に見劣りする様に見えるが…(詳しくはサモ・ハッカの項で)

+ 最終編でのレイ

イラストについて

          
なお、公式デフォルメ絵やゲーム中のドット絵はこの通りかなり可愛い仕上がりなのだが、
キャラクターイラスト担当の藤原芳秀氏の描くレイは男前ハンサム顔(ページトップ参照)。
この藤原氏の原画イラストは、ゲーム内では最終編でレイを主人公にした時のEDの1枚絵で登場するが、
ドット絵版の可愛い仕草のレイに惚れて最終編主人公に選んでしまったプレイヤーの中には、
それまでゲーム中ずっと見慣れたドット絵との(勝手な)イメージギャップに衝撃を受けた人も少なくなかったらしい。
+ イラスト諸々比較

原作中の性能

ゲーム中では、野盗という設定だけあって「速」のステータスが突出して高いので、
序盤は速さ依存の『シマリス脚』、終盤は全画面攻撃の『画竜点聖の陣』と溜め無しで放てる最大奥義『旋牙連山拳』と使い勝手が良い。
ステータスの伸びはユンに敵わないものの、成長度は全体的に高い。ただし女の子だけあってHPと体力はやや低め。
心山拳の他の2人に劣る点として、彼女のみ「反撃を食らわない無属性技を持っていない」ので
全体反撃を持つピスタチオ戦が少し辛いが、その程度しか欠点はない。
(そのピスタチオ戦も、武器攻撃力依存+複数ヒットの『猿手』で地道に潰せばなんとかなる)

まあ元々心山拳の技の数々が高性能のため、最終編の他のメンバーと比べたら3人とも安定して強いのだが。


MUGENにおけるレイ・クウゴ

暗黒内藤氏の作成したものが公開されている。name表記は「rei-kugo」。
ドットは原作のものを使用しており、試合中は『在中国的戦闘』(功夫編の戦闘BGM)が流れる(ON/OFF可)。
BGMは相手が同じ様に専用BGM持ちのキャラだと流れない(未対応も有)。
ちなみにポトレのイラストは藤原氏のリアル絵ではなくデフォルメ絵の方が採用されている。

ドット通りに、原作で存在した技を使って戦う。ちびキャラで基本的に火力は高め。
コンボがほぼ無く、高性能のステップと1発の火力で戦うタイプのキャラ。
フロント&バックステップ中は当り&ぶつかり判定が消える(無敵&すり抜け)。
更にガードモーションをステップでキャンセル可能(但し攻撃を喰らってない時のみ)。
尚、氏のLALキャラはちびキャラといっても、食らい判定は共通して見た目以上に高く設定されている。

オルステッドより技が多く、空中で出せる技も多い。但し総合火力はオルステッドに劣る。
心山拳の技はサモユンと共通だが、二人の公開に合わせ威力が差別化されている。
原作で全画面攻撃だった画竜点聖の陣は流石にそのままだとアレなのか、レイの左右に4本ずつの火柱が並ぶ様になっている。
また、2ゲージ技の虎砲精気法はライフを350回復し、自身の移動速度とジャンプ力が一定時間上昇する。
そして3ゲージ技の旋牙連山拳のHIT数は凄まじく、その数 なんと289HIT。
尚この旋牙連山拳だが、低確率で老師の幻影が現れ威力が上昇する。
まだ わからんか‥‥ 心じゃよッ!

2012年7月13日の更新でちぃたま氏によるAIが標準搭載された。

ちなみにIF氏のオディワン・リーと対戦すると、イントロ時に原作まんまイベントが発生する。LALファン必見。

  • 基本動作
A ジャンプ & 空中ジャンプ
B 攻撃用ボタン(詳しくは下記)
X ガード
Y 受身 & ダウン回避
66(ガード中6) フロントステップ
44(ガード中4) バックステップ

B(地上&空中) 猿手 ・拳技/猿拳・猿のヒッカキ手刀
4 + B(地上) ねこけり ・脚技/ネコ拳・連続キック
63214 + B(地上&空中) 水鳥脚 ※投げ技
・飛び技/水鳥拳・遠方旋回キック
698 + B(地上) 蛇形拳 ※下段技
・しめ技/蛇拳・相手のスキをつく
632 + B(地上) 竜虎両破腕 ・拳技/対拳技、要『力』
214 + B(地上) 百里道一歩脚 ・脚技/対脚技、要『体』
478 + B(地上) 獅子の手 ※中段技
・突撃技/対突撃、運勢必要
46 + B(地上) 山猿拳 ・裂き技/対刃物、後退・要『速』
28 + B(地上&空中) シマリス脚 ・鈍器技/対棒術・要『速』
41236 + B(地上) 老狐の舞 ※投げ技
・しめ技/対関節技・要『知』
236 + B(地上) 星降拳 ・突撃技/ほうおう拳・手刀の連打
623 + B(地上) 不射の射 ※飛び道具当身技
・射術/対飛行武具・要『知』
478478 + B(地上) 画竜点聖の陣 ※1ゲージ消費
・神技/聖竜拳・全員ダメージ
698698 + B(地上) 虎砲精気法 ※2ゲージ消費、ライフ回復&数秒間移動速度上昇
・心技/心意虎拳・回復、能力向上
87412 + B(地上) 天馬後すい脚 ※2ゲージ消費、ステップ中先行入力可能
・脚技/天馬拳・強烈な後方キック
46987 + B(地上&空中) 旋牙連山拳 ※3ゲージ消費
・究極奥義/『連山的旋牙気流』

「お‥‥ お師匠さああんッ‥‥!!」

出場大会

プレイヤー操作

単発!良キャラ発掘絵巻(Part94・対戦相手)

出演ストーリー