神々への挑戦トーナメントIII


毎回毎回挑戦者達がレイプされるのでうp主もレイプ目で動画編集する様になりました。

解説

シリーズ最終章はチーム戦。
挑戦者を過去最弱にし無理ゲーを作ろうとしたらマジキチ動画になったとのこと。

大会の流れ

第一章 狂上位キャラ獲得戦

各ブロックで挑戦者チーム総当たり戦を行う。
1試合ごとに勝者チームがランセレで選んだ狂上位キャラに4vs1で挑戦、勝ったら仲間にすることが出来る。
 ↓

第二章 神々の可能性

神々のチーム数が挑戦者チームの半分しな居ないため、「これじゃ挑戦者楽勝じゃね?温くね?」と思ったうp主。
と言う訳で、 「『チーム数半分』に該当する戦力を持つチーム」 を参戦させる事に。
神1Pカラースペシャルサポート12人VS挑戦者陣営 精鋭狂陣営~最上位12人によるランセレバトル。
最後の挑戦者を倒した神が「『チーム数半分』に該当する戦力を持つチーム」の大将に。
神側が全員負けたら大将なし。
 ↓

第三章 神々の驕り

神チーム1組が4人に分かれて挑戦者チーム2組に挑む。神チームと挑戦者チーム同士の潰し合いは無し。
敗北したメンバーは復活できずチームが勝っても四章に進めない。ただし狂上位がいるチームは狂上位が神側に勝利すれば大将は蘇生する。
勝利したチームは第四章に進出。
 ↓

第四章 全ての可能性

神々が有情率0%なので 挑戦者側はTASさんの力を貸してもらう事になりました
ランセレ勝ち抜き、ドローは両者敗退。
負けたら戦闘不能で以後戦闘に参加できない。ただし狂上位がいるチームは狂上位が神側に勝利すれば大将は蘇生する。
全て1ラウンドのみ。
わかりやすく言えば、第二章と第三章を組み合わせたようなもの。
 ↓

終章 夢を与える

難攻不落と思われたとある神がついに陥落した。
挑戦者VS神もいよいよ佳境。
挑戦者は視聴者に夢を与える事が出来るのだろうか!?

出場選手

+ 神々への挑戦者達
+ 狂上位キャラ全49名
+ 神々の方々

コメント

+ ネタバレ注意

関連大会


マイリスト