無限の極


「俺は強くなる、絶対に今よりも強くなってお前をぶっ倒してやる!!」

解説

紙芝居メーカーの使い方を覚えたうp主がおくるキワミVSシリーズの続編。
ストーリーはドナルドを倒したところから開始される。
主な概要は前作とほぼ同一だが、ストーリー動画化によってキワミとミズチ視点の他に新主人公のオロチやアルシエルも追加され、
他にも様々なサブキャラの視点も加わり、所々で視点を切り替えつつ進行していく。

うp主がオロミズ好きなため、かなりの量のオロミズ改変キャラが登場するのもこのストーリーの特徴。
そのため神キャラが当たり前のように登場し、12Pカラーで戦闘を開始したりする。

基本的には一部シーンを除いて、上記の通り様々な視点に切り替えつつほのぼのとした雰囲気で軽いギャグを交えつつ進行していく。
ストーリー動画には珍しくあらすじが存在するが・・・。


2011年1月29日、ストーリーの停止宣言をした。詳細は上記の動画を参照。
2011年6月24日、ストーリーの再開宣言をした。

しかしリメイクに伴い登場人物とその設定が大幅に変更されており
雰囲気や大まかな流れは同じだが細部はほぼ別物のような感じになっている

最新パート

+メインキャラクター ネタバレ注意
京都を目指しつつミズチを探しつつあちこち歩き回り、様々な人達と遭遇したり問題に巻き込まれたりとあまり変わらない。
MUGEN入りしてからさほど経っていないためか、知り合いが少ない。化け物に襲われたり、ババァに襲われたりと運が悪い。
キワミを探しながらあちこち歩き回る、キワミと同等の方向音痴のために街にいたと思ったら草原にいたり、
草原にいたと思ったら街にいたりとかなりの重症の模様。無限街道に昔からいるため知り合いは多い。餃子が苦手で蕎麦が好き。
イグのんと神みずかと女神神奈の神様家族でのんびり過ごしている。キワミがミズチを探してくれているため、
オロチは最近現れ始めた自分とミズチの偽者を退治するスタンスにいるようだ。
まさかの主人公化。地獄の最下層にいるためにあまり多くのキャラとは絡まず、本来はシリアスなキャラのはずなのだが、
周りの環境がとても平和なため、たまに出現するオロチなどの偽者を相手にする等しか、これといった問題に巻き込まれない。
最初は結構ツンツンしていたが映姫やお空と関わっていく内にだんだんと性格が丸くなっていった、現時点で一番主人公らしい。
  • 鹿(斉藤)
キワミのペット。戦闘でサポートしてくれる。
あまりセリフは多くないが、普通に喋ったりほとんどガトチュと同じ性格だったりキワミをレ○プしたりとカオス。


+サブキャラクター ネタバレ注意
オロチ視点でのヒロイン・・・というより結婚済み、周りの問題はオロチやその友人などが解決するためにぼんやり過ごしている。
彼女の力は現在ではあまり通用しないようで、オロチ達の偽者を相手にすると分が悪いようだ。
イグのんとオロチの娘であり長女。オロチに直接「空気ポジション」と言われるくらいに解説する事がない空気キャラ。
オロチとイグのんの娘で次女。オロチやイグのん、その友人達からは大切に育てられており、性格などはまさに「普通の子供」
だが現時点で既にオロチとイグのんよりも強く、ファントムやハデスですら恐れるため色んな意味で恐ろしい。
アルシエルとアスタロトの兄。生まれた頃から強大な力と悪の心を持ち、アルシエルが闇に染まった原因。
自力で様々な次元に渡り破壊しまくったり、オロチとミズチを同時に相手し両方とも無傷で倒すなど異常な強さを持つ。
このストーリーのシリアス要因。
オロチの友人。別世界の地球意思だが、CDの星は妙に平和らしく別に見守る必要もないためこの世界にやってきた。
寝るのが好きらしく、元の世界でもこっちの世界にいてもほぼ一年中寝ているようだ、無口なため現時点で一度も言葉を発していない。
オロチの友人。亡霊のため使う力は闇の力に近いものを使用しているが天界の守護者の一人、亡霊なのだが妙に飄々とした性格。
オロチとイグのんが些細な事で喧嘩したりするため、オロチの家に行く時はエース人形を持っていく。
ファントムの兄でありオロチの友人。オロチの友人なのだが自身の力が強すぎるためヘタに出歩いたりできないため常に暇している。
一応亡霊だから成仏はできるのだが「退屈だからってただ成仏するのはまっぴらゴメン」と拒否している。
邪眼とも対等に戦えるほど強いのだが「めんどくさい」と言って戦おうとしない、魔王のバイトもやってるのだが手加減ができないためどこも即効クビになる。
オロチの友人。冥府の神の名前と同じだが本人は悪魔とかいうのではないと言っている。
闇の力に近いものを使用しているが天界の守護者の一人で、ファントムと親友のようで基本一緒に行動しているようだ。
オロチの友人。常にテンションが高く初登場時にもわけがわからない登場の仕方をした、だがファントムなどとも対等に戦える実力者、
炎に近い力を使いており戦闘の際はまるで別人かと思うほどかっこいい。
創造神でありオロチとミズチの父親。天界を創造した後「世界」を創造する、宇宙を創造した際にそれを管理する者として「宇宙意思」を
創りだす、地球を創造した際にそれを管理する者として「地球意思」を創りだす、その後は天界でゴロゴロしているようだ。
アルシエルの弟。アルシエルが天界に就き特にやる事がなく長い間寝ていたが、最近になり目覚めてアルシエルの前に姿を現す。
悪魔の一種なのだがファントム以上に適当な性格で物事にあまり頓着が無く、生まれた時から気ままに過ごしているらしい。
天界の中でも特に力や地位が高く、ヤハウェの身の回りの世話をしながら危険から守る立場、社長秘書とボディーガードのような存在。
だがすぐにサボりたがるヤハウェを怒ったりと苦労人、大魔法などの開発にも余念がなくこのストーリーで恐らく一番マジメ。
オロチの友人。オロチに頼まれアルシエルの様子を見に行った際にアスタロトに気付かれる、だがお互いのためにならないからと。
戦闘はしなかった、オロチの友人だが淡々とした雰囲気であまり絡もうとしない。
ひょんな事からミズチと一緒に行動する事になった別次元から来たらしい普通の女の人、ミズチとはそれなりに気が合うようだ。
ミズチをからかったりして楽しんでいる、元の世界に帰ることはできるだろうが、無限街道を気に入ってるらしく居座っている。
アルシエル視点でのヒロイン。アルシエルが退屈していたところを巫女と魔法使いにボコボコにされ地霊殿からぶっ飛ばされてきた。
最初はアルシエルに「うるさい女」「バカ」などと言われたり鬱陶しがられていたが、それでもアルシエルと接するなどヒロインらしい。
そのおかげかアルシエルも彼女に心を開いていったり性格も丸くなっていく、うp主の嫁補正を大いに受けている。
お空の親友で、さとりとこいしと共にお空に連れられてアルシエルの下に訪れる。だがあまりアルシエルとは関わらず、
むしろアスタロトのほうに興味があったらしく、お互い気が合ったのかいい仲になっているようだ。
地獄を管理する閻魔でアルシエルの友人。瀕死のところを映姫に助けられたためアルシエルも彼女にはそれなりに心を開いていた。
彼女自身もアルシエルの事を気に入ってるのか暇があればアルシエルのところに居座っている。
アルシエル視点のもう一人のヒロイン的ポジション。
地霊殿の管理人でお空とお燐の飼い主。お空に連れられてアルシエルの下に訪れ、アルシエルに過去の話をさせた。
MUGEN全体で見ても珍しくカリスマ寄りの性格。
さとりと同じくお空に連れられてアルシエルの下に訪れる。現時点ではこれといった出番はない。


+その他キャラクター

+撃破されたオロミズ改変キャラ
  • アポロミズチ(Apollo Mizuchi)
  • 七罪意思(Crime of seven orochi)
  • 氷河意思(ice-god Orochi)
  • 太陽意思(Shiny Oro-Sun)
  • メロン(Almighty Mizuchi)
  • 霧皇帝(Mist Emperor)
  • 月光(The Dark Moon of Orochi)
  • 雑魚(cheap Mizuchi)
  • 霊夢(G-Orochi_reimu)
  • Mizuchi-type-m



  • とりあえず作成、何かあれば記事の補完をお願いします -- 作成者 (2010-09-19 18:18:07)
  • ところどころに小ネタがあって良いねえ、ニコさん可愛い -- 名無しさん (2010-10-09 22:13:15)
名前:
コメント:

マイリスト