ティオ&恵

「もう誰も・・・傷つけさせるもんですか―――――!!!」

雷句誠氏の漫画『金色のガッシュ!!』の登場人物。
魔物の「ティオ」と、人間の少女「大海恵」のコンビである。
原作設定では魔物と人間がタッグを組んで戦うので、格闘ゲーム『金色のガッシュベル うなれ友情の電撃』でもコンビで1キャラ扱いである。
アニメ版のティオのCVは釘宮理恵、恵のCVは前田愛(※こっちの前田愛女史ではないので注意)。

ティオのほうは、おてんばな少女。本作品のヒロインでもある。
他人の首を絞めるのが趣味という素敵な性格で、「首絞めティオ」なるあだ名を魔界にいたときからもらっていた。ちなみに握力は80~120kg出せるという公式設定があり、人間なら素手で殺せるレベル。おまけに、怒りや憎しみが頂点に達すると際限なく暴れ回る。これで得意な魔法のジャンルが「防御・補助・回復」なのだからなんともはや。
CVがCVだからか、ツンデレである。

+  日朝アニメなめんなよ!

恵のほうは、高校生にしてアイドル歌手。
困った人を見ていると放っておけない優しい性格で、何事も前向きにとらえる。
合気道もたしなんでいたり、料理も出来たりとかなりハイスペックである。
トップアイドルなんだけど…オシャレに関しては原作がアレなんで、お察しください。
清麿とフラグ立ってたような気がしたけどそんなことはなかったぜ。バトル漫画だもの。
人気投票ではティオより上。なぜ?

使用する魔法はドーム上の防壁を張る「セウシル」を基本とした防御系が中心。
攻撃魔法は長らく風刃を放つ「サイス」しか使えなかったため、主に防御及び中盤に習得した回復魔法「サイフォジオ」
でのサポートを担当していた。
…が、モモンという魔物のイタズラにブチ切れたことで、怒り・憎しみを力とする作中屈指の凶悪さ(ビジュアル的な意味で)を誇る「チャージル・サイフォドン」を覚えてしまったりもする。

性能

『金色のガッシュベル うなれ友情の電撃2』では、さすがに「サイス」だけでは格闘ゲームにならないので
「セウシル」や「マ・セシルド」といった防御魔法も攻撃技になっている。
また、大きな刃を2発とばす「ギガノ・サイス」も追加されている。
「ギガラ・セウシル」では相手を防壁で囲み、攻撃アクションした瞬間にダメージを与える変則的な技である。
全体的には、回復の「サイフォジオ」と飛び道具の「サイス」を駆使して、飛び込んできたら「セウシル」などで対応している待ちタイプである。


MUGENにおけるティオ&恵

死門氏が制作したものを、めむぅ氏が改変したものが公開されていた。現在はサイトが削除されており入手不可。
もともとのゲームボーイアドバンス版とは必殺技入力が大幅に変更されている。

システム面も変更されており、「ティオが本体、恵がヘルパー」という扱いなので、恵が殴られてもダメージにならなくなっている。
さらに、魔法を使う上で制限が少ないので、ゲージがあるならいくらでも使えるようになっている。
また、「サイス」が3発まで連射可能になっているなど、技の性能も一部変更されている。

出場大会