peketo







「I feel could get all the red in the world!」


ANDRÉS BORGHI氏製作のオリジナルキャラその1。
キャラクター性の分かりやすいnorokohashiと違って
外見上このpeketoは『赤い服で白い顔の謎のちっさめなヤツ』でしかなく、
『白いの』、『首刈り』など、呼ばれ方がいまいち一定しない。
メスのような刃物を手にしている事やversion 6.0まで使用していた注射器を取り出す技などから
漠然と医療関係のイメージだけはあったが、以前からアナウンスされていたコンプゲー「The Black Heart」が
2009年11月に完成、公開されたことで、ようやくキャラクター設定が明らかとなった。


キャラクター設定

人間のころは、赤い色の大好きな子供だった。
そんな彼の父親は、オカルト魔術が趣味の暴力的な男だった。
peketoはその活動をよくひそかに覗いていた。
そんなある日、peketoは魔術を試したことで異世界へと送られてしまう。
(ちなみに色んな魔術を試す最中に死後五万年生きる契約もしたようだ。)
そこはどこまでも真っ赤な世界で、peketoには理想郷ともいえる場所であった。
しかし突然もとの世界へ送り返された彼は、赤くない世の中に失望し、
血の色を見るために父親と数人の首をメスで切り落とし殺してしまう。
その後も6人を無差別に殺したことで、peketoは精神病院へ送られる。
そんな彼の担当医は、peketoの父親の兄弟であった。
彼の復讐によりpeketoは殺されてしまうが、その直後前述の契約により、peketoは白い幽霊となって蘇った。
男に仕返しをした後、peketoはこの世界を全て赤色とするために彷徨うこととなる・・・。

ラスボス戦ではFinalの持っている悪意ある心臓を殺して奪おうとするが、
Finalの機転により同じ契約をしていたPeketoの父を呼び出し、五万年終わらない戦いをさせることによってPeketoを追い払う事に成功する。

こいつを一言で表すとはっきり言ってキチ○イという言葉に尽きる。
そもそも最初に連続殺人を起こした動機からして赤い世界のような赤が見たいからという理由である。
詳しいことはストーリーを見ると分かるだろう。

参考 The Black Heartプレイ動画。

見た目は喜怒哀楽がはっきりしているため少し可愛らしい。
大量のp2Nameが登録してあり、女性キャラとの試合前にあんぐり口を開けて見とれた後、
頬を赤らめたりする様子もなかなか微笑ましい。……よく考えるとませた子供だなあ……。
ちなみに英字で表記するとと同じ『Yuki』のユウキに対しても同じリアクションを取ってしまう。
「I'm not boy.」とか言うから女性と間違われているのか?

しかしそれでも戦闘が始まってみればなんのことはない。普段どおりのANDRE'S BORGHI氏のキャラといった感じである。
もちろん上述の赤面イントロの後だって始まってしまえば手加減は無い。
主要な技が刃物を使うものばかりなので、むしろスプラッター色は高めかもしれない。
刃物で攻撃する度に地面に血痕が残るのが恐ろしい。
メスでメッタ刺しにしたりメスを前方にばら撒いたりと医者が見れば卒倒ものの技を使う。
……いやまあ、医者でもメスを振り回してる人もいるが(一応治療らしいけど)。
勝利ポーズでは笑顔を見せたあと唐突に生首を取り出す。担当医にやられた生前の自分の首だろうか。


+技説明
Cruel ascension →↓↘+パンチ
前に少し進んだ後メスを振り上げる。強で出すと2回追加攻撃できる。
画面端で追加攻撃を当てると相手は画面の端を一周して後ろから吹っ飛んでくる。
Vital stab ↓↙←+パンチ
メスを投げる飛び道具。
ブラックジャック並の精度である。
弱は水平、強で出すと斜め上に投げる。
空中でも使用でき、強は斜め下に投げる。
牽制、潰しに使いやすい。
Tale-cut ↓↘→+キック
透明になり突進した後メスで切る。
突進中当たり判定はないので相手の後ろに回って攻撃できる
強だと距離が長くなる。空中でも使用可。
Dementia 13 ↓↙←→+パンチ
メスを何度も前方に突きまくる。
弱だと9回、強だと技名どおり13回突く。
連続技、けずりに使えるが隙はかなり大きい。
…と思いきやガードさえさせれば有利がつく。
チェーンからなら強で出しておけばVital stabが暴発しても隙が少なくて済む。
Dementiaとは痴呆、キチ○イを意味する。

Super Attack
全て1ゲージ消費。発動時カットインが表示される。
Vital stab以外の全ての必殺技からキャンセルで出せる。
Critical slice ↓↘→+パンチ×2
少し移動しながらメスを上に振り上げ、相手を高く打ち上げる。
いかにも追い討ちできそうだが一部の技しか当たらない。
5 chances to die ↓↙←+パンチ×2
5本のメスを放り投げる。
Scariet delight ↓↘→+キック×2
メスを持って突進し、当たれば相手を何度も切る。
フィニッシュで決めると最後メスを倒れている敵に突き立てる。
うまくいけばCritical slice後追撃できる。

KillerMode
Marie Antoinette attack パンチ+キック
2ゲージ以上で使用可能。
ANDRE'S BORGHI氏のオリキャラ共通システムの
ヴァンパイアセイヴァーのダークフォースのような技。
自分の首をふっとばして跳ね回らせる。
通常攻撃ヒット中に発動すると自分の首をぶん投げ直接相手にぶつける。
相手の行動を妨害できると同時に自分からも攻撃できるため効率が良い。
しかし必殺技は使用不可。
なぜかバブルボブル等のテーマを口ずさんでたりする。
発動中にKOされると頭がグチャっと潰れる。グロい。
Marie Antoinetteとはもちろんマリー・アントワネットのことだが
なぜこの技に名を冠したのだろうか…。

Fatal move
Inoccente me non troppo ↓↙←+キック×2
3ゲージ消費。
ANDRE'S BORGHI氏共通システム一撃必殺技。
相手の体力が4分の1のときゲージがたまっていれば使用可能。
相手を棘の付いた柱に張り付けて、胸の辺りをメスで刺して血を噴出させる猟奇技。
なおこの技に対応していると血を噴出した後に首を刈るというおまけ付き。
この技に対応させるにはsffの追加だけでなくcnsもいじらなければならないのでmugenに慣れていないと少し難しい。
詳しくはむげりょなwikiや同梱されている説明書に詳しい。
なお、この技に対応させるとShar-makaiの一撃必殺も対応するようになる。
version 6.0までは「パワーが3000以上で自分のライフが一定値を下回っている」が使用条件だったが、
7.0から「パワーが3000以上で相手のライフが一定値を下回っている」に条件が変更された上、
チーム戦だったりヒーリング要素を持っていたりでライフが一定値より多い相手にヒットしてしまった場合には
攻撃が発動しないという、かなり敵に優しい仕様になった。

チェーンコンボのように攻撃をつなげられるが、hashiのような浮かし技を持っていない。
236Kが非常に強い。突進中は無敵なので飛び道具を抜けながら攻撃できるほか、
相手のガード方向を変えながら攻撃でき、空中からも使えるため飛び込みから相手の対空を揺さぶれる。
といってもかわされたら即反確なので乱用は禁物。
そのため236Kで撹乱しながらチェーンコンボからのコンボでダメージを与えることが重要になる。
必殺技はほとんどがゲージ技でキャンセルできるため幅広いコンボが出来る。
J強P、下段無敵の強Kはどちらもダウンを狙え強い。


どうでもいいが、このキャラはKOすると首が体から外れる
タッグ戦時では、この外れた首に攻撃して移動させる事が出来る。特に意味は無いようだがなんか芸が細かい。


ニコMUGENにおける扱い

他の氏のキャラ同様AIは入ってはいるのだが、そもそも回避やガーキャンなどないため防御性能が低めで弱く、
いかんせん最近のAIインフレに対応出来ず出番は少ない。

外部AIはサクラカ氏のMUGEN∞動画戯作トーナメントのものと、おまけの人氏のAIが存在。
おまけの人氏のAIはゲージがあればCritical sliceでバレーする。
かなり強いのだがそれ以外のゲージ技はほぼ使わない。

ホラーかつシュールで使いどころが難しいためか、ニコニコにおける出番は少ない。

レシピ 備考
弱P→強P→623強P 基本コンボ1。
2弱P→2弱K→2強P→623強P 基本コンボ2。
236PP→タイミングよく236KK タイミングが難しいが大ダメージ。
2弱P→2弱K→2強P→2146P(12ヒット目)→236PP→236KK 2ゲージ使用。ヒット後の状況を気にしないなら236PP→623強P追加入力の方が大ダメージ。
J弱K→J強P(1ヒットで着地)→2弱K→2弱P→5強P→2146P→236PP*2→236KK おそらく最大コンボ。3ゲージ使用。236KKの代わりに623Pでゲージ温存するのもあり

出場大会

プレイヤー操作


登場ストーリー