SHIN EVIL BURNING OROCHI LOLOL LV 60 KFM



「ぷぎゃーッ!」

Rice氏制作のカンフーマン改変キャラ
見た目は紫色の胴着を着た血色の悪いカンフーマンである。
読み方は恐らく「真・エビル・バーニング・オロチ・(笑)・レベル60・カンフーマン」か。
別名「名前の長いカンフーマン」。とにかく名前が長いため、本名で呼ばれることはまず無い。

名称にあるlolは「laugh out loudly」の略で、「(日本での)笑、w」という意味である。
外国の方と一緒にプレイできるネットゲームだと良く出てくる単語である。

強さとしては狂キャラであり、凶悪キャラとしては古参の部類に入る。
Lifeが9999、通常技の判定がやたら大きいなどの特徴を持つが、最大の特徴はゲージ消費なしの全画面攻撃、
「LOLLOLOLOLOWLTOLFLFLSOLSO,OA31M,OXMZ」と「LOLLOLOLOLOWLTOLFLFLSOLSO,OAM,OXMZ」だろう。
前者は見た目こそ普通の跳び蹴りなのだが、設定ダメージがなんと 36346345634634643345345345345345345245236457567568457546325414142143242342353465675685654457645645566。
漢字文化圏における数の最大の単位「 無量大数 」を軽く超えちゃっているのである。ありえん(笑)
この数は百桁ほどあり、百桁とは一兆の一兆倍の一兆倍の一兆倍の一兆倍の一兆倍程度。
凶悪キャラグランプリ』で神キャラヴィローシャナを一撃で葬り去った事から、「神殺しの蹴り」の名称で恐れられている。
ちなみにこの技を発動する際「許さん!」と叫んでいるのだが、何が許せないのかは全くもって不明である。
後者は神殺しの蹴りほど威力は高くないが、一発あたりのダメージが566あり、
それが11回繰り返されるため合計6226のダメージとなる。並キャラが喰らえば2発で死ぬ。
そして技を使用している間は何故か 瓦に変身してその場で回る。 なぜ瓦に変身するのかはこちらも全く持って不明である。
この二つの技は共に初弾だけガード不能だが、 ガード時の削りダメージがない。
ちなみに敗北すると「ぷぎゃーっ!」と叫ぶ。

上記の二つの技以外は改変元であるカンフーマンとほぼ同じ。一応はゲージ消費の乱舞技を持っているが、敵をロックしないうえに 無敵すらない
防御面は体力が異常に高いことを除けばアーマーすらないため、マスターギースのように割合ダメージや即死持ちにはあっさり負ける。
さらにAIがないため、他の技が件並み使えない彼にとっては神殺しの蹴りや瓦を使うまでgdgdになりがち。

余談だが、防御力が低い相手に神殺しの蹴りを繰り出すと、 オーバーフローによりLifeがごく少量ではあるが回復してしまう。

+ まさかのAI

ちなみに、レベルが99に上がったカンフーマンもいるらしい。
名前は「SHIN EVIL BURNING OROCHI LOLOL LV 99 KFM」。そのまま(笑)。
lunatic氏によってAIを作り出され、『神殺しの蹴り』を簡単に出してくるようになったのが、このレベル99カンフーマンである。
が、最近はこの攻撃を受けても死なないキャラが多く存在しているため、あまり強くは見えなくなっている。
なにせ無敵やHitOverRideだけで回避可能なので、実は即死攻撃としては弱いほうである。
また、ss-ikuでお馴染みのpiyo氏によって上記のLV99KFMを改変した「lv100kfm」なるキャラが作られている。

他にも「MASTER SHIN OROCHI GAY WEAPON GOD VINDICATED MEGA NEO BLOOD WTF VIOLENT RELOADED VIRUS UZUMAKI
SHORYUKEN F1 LVL2 CYBER SSJ 4892489214 PISSED OFF SAUVE RAINBOW NIGHTMARE KFM
」なるキャラも存在する。
読み方は恐らく「マスター・真・オロチ・ゲイ・ウェポン・ゴッド・ヴィンディケェイティッド・メガ・ネオ・ブラッド・なんじゃこりゃ・暴走・リロード・ウイルス・
うずまき昇龍拳F1・レベル2・サイバー・スーパーサイヤ人4892489214・ムカつく・ソーブ・レインボー・ナイトメア・カンフーマン」。
いくらなんでも名前が長すぎである。彼女が持っているピンク色のアレの正式名称並みの長さ。

「ゆるささんゆるさゆるさささささささん」


主な出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み