デイモス



「この私とここまで戦えるとはリッパなものだ、
しかしダメなものはダメだ、はっはっはっはっはっは」

CAPCOMのベルトスクロールアクション『ダンジョンズ&ドラゴンズ タワーオブドゥーム』のラスボス
モンスターを操り、ダロキン共和国の支配を企んでいた。
続編である『ダンジョンズ&ドラゴンズ シャドーオーバーミスタラ』にも登場している。

種族はリッチ…といっても「死体」と言う意味の「lich」又は「lych」であり、「金持ち」の「rich」では無い。
生前魔法使いだったものが不死*1とさらなる魔力を求めるために人間をやめた上級アンデッド。
魔法で死を超越した「不死の王」とも呼ばれる化物であり、
D&Dの世界だと、同じくアンデッドである吸血鬼を4-9体ぐらい手駒に出来る程の存在(自害させる事さえ可能な完全支配)。
当然ながら魔法の力に長けており、攻撃的な魔法だけでなく、低レベル魔法の完全無効化、下級アンデッド召喚なども使いこなす。

TODではラスボスとして登場、セーブルタワー最上階でプレイヤー達の前に姿を現す。
その能力は強力で、「ライトニングボルト」や「ファイヤーボール」といった魔法を初め、
「メテオスウォーム」「ウォールオブファイア」「プロジェクトイメージ」などプレイヤーが使えない強力な魔法を使用し、
さらに「アニメイトデッド」でグールを3体召喚し、自らも直接打撃攻撃をしてくる。
また、その身体に触れるだけでもダメージを負ってしまう。
そのうえレベル3以下の魔法を無効化するため、基本的に直接攻撃で倒すしかない。

ただし、さすがのデイモスといえども魔法に回数制限があるので、長期戦に持ち込み全ての魔法を使い切らせてしまうとぐっと楽になる。
また、マジックミサイルやライトニングボルトを笑いながら片手で軽くいなして無効化してくる一方、
スティックトゥスネークが打撃扱いなため有効なので、多量の生きたスネーク蛇を召喚してデイモスを襲わせるのがクレリックプレイ時のお約束。

ちなみに、その迫力かつ威厳のある風貌とは違い、「○○だよ」「うれしいね~」などフランクな口調で喋る。
「私みずから君達の腹わたをえぐり出し、生き血でこのグラスを満たすとしよう」 などはなかなかウィットに富んだセリフと言えよう。

SOMではさらなる黒幕であるシンの力により蘇生し、プレイヤー達の前に再び立ちはだかる。
こちらではデイモスという名ではなく「リッチ」という名称である。
プロジェクトイメージを使用しない以外はほぼ全て同じ能力なのに加え、身体に触れると麻痺してしまい一定時間操作不能になる事、
そして前作と違いステージが非常に狭く攻撃が避けづらくなっているため、きっちりと攻略法を確立しなければならない。
ハーピーやテルアリンと並ぶ、序盤のみならずSOM全体での難敵ボスの一人である。
そしてリッチ戦以降(正確にはDビースト戦以降)に SOM最強アイテムである大オイル が購入できるようになるため
リッチを越えることが出来るとゲームの展開が非常に楽になる、文字通り序盤の山場となっている。
実は今回も魔法を使い切らせる戦法は有効。

なお残念な事にSOMでは一言も喋らない。この辺は再生ものの哀しさであろう。


MUGENにおけるデイモス

Skiff氏が作成した物が公開されている。
原作どおり強力な魔法が使え、ものによってはワンボタンで発動する。
中でも、スケルトンを複数召還して戦わせる「アニメイトデッド」が強力。
なお、コンフィグでスケルトンの最大出現数と最大HPを調整可能である。

彼専用のステージも同梱されている。

出場大会




*1
なおD&Dのプレイヤーキャラクターにとっても究極の目的は「イモータル」(不死者)と言う神のごとき存在になることだったりする。
(多神教世界なので神のごときと言っても絶対的な存在ではない。ゲームを続ける気があるなら、更にイモータルパワーを高める為の闘争が続く)
日本語だと紛らわしいが
イモータルは正真正銘の不老不死(イモータル同士の闘争で死ぬ事はある。理論上は人間でも殺せなくはない)なのに対し、
アンデッドは「既に死んでいるから、これ以上死に様が無い」と言う方が正しい(アンデッドを倒すのは「殺す」ではなく「破壊する」)。
見方を変えれば、リッチになった人間はイモータルへの導きを得られなかった
もしくはイモータルへの試練(当然だがリッチに成るのと比べ物にならないほど厳しい)に失敗した者が
それでも不死を得ようと手段を選ばなかった結果とも言える。
(見た目はほぼスケルトン(骸骨)と変らないので、永遠の美を求めるならヴァンパイアの方が良いが)



添付ファイル