アミバ

「どうやらおれが求める北斗神拳が完成の時を迎えたようだな!!」

「ケンシロウ、おまえの体で北斗神拳究極の秘孔を試させてもらうぞ!!」


プロフィール

言わずと知れた『北斗の拳』の 三大 小物 悪役 の一人。
その正体はトキ……ではなく、トキに変装して悪事を行っていた男。
通称「偽りの天才」「 悲しき天才 」。元南斗聖拳の修練者にして、北斗神拳の非正統の使い手。

下記に挙げる様々な特徴から様付けするファンも多いのだが、基本的に悪党である為、嫌う人も多い。
なお、原作においてはトキの名で部下を集めていたためアミバ自身を様付けしたキャラはいない。
TVアニメ版においては、死後のみ、かつての部下から様付けで一度だけ呼ばれていた。

かつてはレイと共に南斗聖拳を学んでいたこともあった。
アニメ版ではネバダというオリジナルキャラがおり、このネバダと悪事を働いていた設定になっている。
(原作でいうとレイの到着シーンで吹っ飛ばされてきた手下)

アニメでの声優はトキと同じく、土師孝也氏。PS版『世紀末救世主伝説』でもアニメと同じキャスト。
アニメでは当初はすました声で話していたが、正体を暴露されると 鼻をつまんで喋ったような声 に変化していった。
PS版『世紀末救世主伝説』では初めからこの声で、口調まで含めてTV版の演技とは大きく異なり
ゲス小物 悪役としての風格が増している。 演技力(とそれに騙されるケンシロウの眼力)の評価は落ちたが
アニメが古い作品で、かつ世紀末シアターの存在もあり、ゲームのアミバに馴染みがあるというファンも多いのではないか。
声優ネタ
『ぱちんこCR北斗の拳』、及び以降のパチンコ・パチスロ作品では『真救世主伝説』シリーズや本シリーズのトキ役である堀内賢雄氏。
『北斗無双』および『DD北斗の拳』ではやはりトキと二役で関智一氏。
このように、設定などもあってアミバの声はトキと同じ声優が演じていることが多い。
どれもこれも明らかに声としゃべり方を変えていて、本気でだます気があるのかは疑問だが。
唯一KOTY入賞作『ラオウ外伝』のゲーム版のみトキとアミバの声が違う作品であり、
アミバはTVアニメ版『ジョジョの奇妙な冒険』でジョナサン・ジョースターを演じた興津和幸氏。
一方トキは『スターオーシャンシリーズ』の皆勤賞である東地宏樹氏が演じている。
興津氏はジャギ役の青木強氏同様、アニメ版でモブやザコを多く演じているので「その他大勢」に放り込まれた感が否めないが。

+ 原作ネタバレ

+ オタク文化における余談


動画では無理矢理相手の秘孔を突いたり、「剛の拳よりもストロングな柔の拳」でやりたい放題のトキをしばしばこう呼ぶことがある。
また、格闘ゲーム版『北斗の拳』における「那戯無闘鬼(なぎなしとき)」(北斗無想流舞を使わないトキ)のことをこう呼ぶことも。

コーエーの北斗無双にも登場。顔グラは終始トキのフリをしていた時の顔である。
残念ながらNPCであり、モーションは完全にトキのコンパチ。コンパチ故天翔百裂拳も使える。だが咳き込む動作までは真似しない。
今作でも当たり前のようにトキと同じ声優だが普段の自信過剰やピンチの際のビビリっぷりなどトキよりもアミバのほうが似合ってると言えるくらいである。
オリジナルストーリーである「幻闘編」にて、ジャギ様と夢のタッグを組む(作中の2人の掛け合いは必見)。
今作ではマッドサイエンティストな面が強調されており、事あるごとに相手を木人形にしたがる。 でかいババァだけは嫌がったが
体格のいい男にばかりに反応するので、相方からそっちの気があると疑惑をもたれてしまっている。 隠し通したほうがよいだろう。 *1
それどころかジャギがアミバを救助して「俺にはお前が(ケンシロウとトキに勝つためには)必要なんだ!」と単独行動を咎めた際には「ジャギ、お前、そんなにも俺の事を…」とか言い出し
「ケンシロウとトキを二人で各個撃破する作戦を忘れるな」とあくまで友情よりも作戦重視のジャギに「あぁ…そうだったな」と なんだか物凄い落胆している
真・北斗無双ではDLCとしてついにプレイアブルキャラに昇格。
アミバ流北斗神拳も使うものの攻撃タイプ自体は見切り攻撃を持つ南斗スタイルというトキとはかなり性能の異なるキャラとなった。
北斗と南斗の拳を同時に乱れ撃つ奥義「アミバ流百裂拳」など、 アミバ1人で破裂も斬殺も楽しめる という天才振りがウリ。
ただ回転しながらの切り裂き攻撃をやりすぎると目を回して倒れる(固有技でさらに強靭になっていると 倒れた衝撃で攻撃できる )などやっぱりどこか抜けている。
性能面では通常攻撃の巻き込み性能が優秀な反面、見切り後の強化攻撃の方は途中でこぼしやすく非常に扱い辛い。
そのため見切り効果無効となる難易度「修羅」で 強みが死なないどころか逆に強化される唯一の南斗闘士 という変な所で評価の高いキャラとなっている。

アニメ版『DD北斗の拳』では詐欺師グループのトップとして登場。
「小さいばあさん」の話をでっち上げてラオウから大金を騙し取ろうとするも、持ってきたのが千円札一枚だったため引き裂いた上でラオウをものすごくおちょくった。
これが原因でラオウの逆鱗に触れてしまい、怒りのデコピン&投げコンボで部下共々遠くへ飛ばされてしまった。
本作ではスペイン語混じりになっており、非常に胡散臭い。

『北斗の拳 イチゴ味』でも登場。
相変わらずトキの姿を騙っている…はずなのだが、とくにトキの事を憎んでいる様子はなく、
(そもそも本作では何故か一切喋らず、まともな台詞があるシーンが一つしかないのだが)
むしろ 吐血したトキの背中を擦る良好な関係 を築いており、
そればかりかトキ不在の際には 村の留守と診察を任せられる ほど。
更にトキから 「使い方を間違わなければ人の為になる男」 と言われるまでの評価を受けており、
それどころか自身亡き後も人々の希望となるための 全てを受け継いだ次代のトキとなれる人間 と認められ直弟子となった。
おそらく北斗史上今まで一番報われている綺麗なアミバ。
ただそれでもコンプレックスは未だあるらしく、襲来した羅将ハンにトキと間違われた時は 心底嬉しそうな 反応をした。

サミーのパチンコCR北斗の拳では とりあえず闘っただけで激アツどころか大当たり確定 というある意味本人にとっては認めたくない待遇。
そのため、しばしば「客の救世主」と呼ばれることも。
パチスロの演出を移植した2作目【伝承・強敵】ではアミババトルに発展した時点で うわらば 確定。
3作目【ケンシロウ・ラオウ】では後半に発展すれば当確(そのためアミバリーチのほとんどが前半ハズレ)程度になったが、
4作目【剛掌】では再び当確に。しかも 彼のステージに移行するだけで当確 なんなんだアンタ
確変のバトルモードでも勝利確定のレアキャラ。だが、当然出現率もすこぶる低い。
だが、これは裏を返せば彼の 圧倒的弱さ を意味しているので、彼としてはどうなのかという話ではある。
そして6作目【拳王】では まさかの「アミババトルモード」が登場した
しかしこのアミババトル、どう見てもギャグである。BGMはディスコ調の曲にのせてラップみたいに
「俺は天才だぁー!」「突いてみろおケンシロウ!」「へっはっは♪」 などアミバの声が入っており、
バトル中も敵の攻撃を 空き缶にけつまづいた 結果避ける(そもそも攻撃が飛んでくるときの顔が見事なビビり顔)という笑わせにかかっているとしか思えない演出。
そもそもが勝利確定のネタキャラ扱いなのだから止む無しか。
ちなみに敵キャラは危険度の高い順にトキ>ケンシロウ>レイの3人。
ラオウ相手でも期待度50%以上のジャギとは対照的に、 アミババトルモードのトキは期待度40%弱でラオウバトルモードのリュウケン並に強く、本物と偽物の力の差を思い知らせてくる
ちなみに復活演出では木人形隊のギュウキとハブの「 救世主様ぁ~! 」で復活。「アミバ様」と言わないところがなにげに忠実である。演出でハブが殺されまくってるが気にしない
ぜひ降臨成功( 1日2回各5分 のアミバ降臨タイム中に当たりを引く必要があるか、毎月6・8日にとにかく確変を引く)の暁にはめくるめく天才の雄姿を拝もう。単発でも仕方なく思えるだろう。
なお、6【覇者】のMAX版は2017年現在、ホールでは稼働できなくなったため、打とうと思うなら777TOWNでバーチャル上で打つしかなくなってしまい、打ち手たちは哀しみを背負うこととなった(甘デジ版は現役であるが、バトルモードは存在しない)。

また、あまりのアミバ様愛にこれほどのものまで作った御仁も現れた模様。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5710883
ちなみに『龍虎の拳外伝』のラスボスであるワイラーもアミバと呼ばれることがある。何故なのかは見ればわかる。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm76215

MUGENにおけるアミバ

AC版には登場していないがトキのボイスパッチとして登場し、その後トキのドットを改変したものが製作された。
性能の方は那戯無闘鬼であったり鷹爪三角脚が追加されたりしつつ、基本的にトキをベースにしていることが多い。
元々強さに波のあることで定評のある北斗キャラであるが、
その中でも彼は勝てば「流石天才」「天才過ぎる」「天才ならしょうがない」などもてはやされ、
負けても「まあアミバだしな」「誰かトキ連れてこい」「これはいいアミバ」とこれまた期待に応えた形となるという大変お得なポジションに収まっている。

+ ヅァギ氏製作「アミバボイスパッチ」
+ Ts氏製作「トキ(アミバモード)」
+ オキ氏製作「アミバ」
+ 萃香の夫氏製作「死の灰を浴びたアミバ」
+ MelvanaInChains氏製作「ALTER AMIBA」
+ E-FRY氏製作「アミバ」

+ 大会ネタバレ注意

+ 北斗の拳アミバ異伝

「媚びろ~!!媚びろ~!!おれは天才だ ファハハハ!!」



出場大会

+ ...

出演ストーリー

DIOの喫茶店
I can`t back to the yesterday
MUGEN STORIES INFINITY
MUGENでやれ(投稿者削除済み)
MUGENの星
Nの日常
S&S ~ようこそ、古明地探偵事務所~
暁家の悪魔(未戦闘)
居酒屋mugen(過去編に登場)
ウサギの大冒険(死の灰を浴びたアミバ)
金髪と蛇~Blondie&Snake~
幻想郷戦隊ハクレンジャイ(死の灰を浴びたアミバ)
こんな緋想天は嫌だ(アミバ、死の灰を浴びたアミバ)
こんな非想天則は嫌だ
サウザーの拳
紳士先生オズわ! (名前はトキ、しかしどうみても…)
紳士と少女
人造生物03RIA-紅
すごい漢シリーズ
南斗建設(株)
パーフェクトソルジャーは動かない
むげコン!
(第1回)└ 死神 (主役)
無限市吸血鬼事件
八意家の兎さん(化学教師、きれいなアミバ)
ロック魔理沙の探偵物語

「死ねぇ!!」

「あわわわ!!」

「大丈夫…大丈夫だ…」