セイバーウルフ


「俺は野獣だ」

年齢 : 45歳
身長 : 5フィート11インチ
体重 : 400ポンド

1994年にレア社によって制作されたアーケード格闘ゲーム『キラーインスティンクト』の登場人物。
このゲームはスーパーファミコン・ゲームボーイ・ニンテンドー64にも移植されているが、日本国内では発売されていない。
(2013年新たに製作された2013年度版では日本発売され、ほぼ未翻訳状態だが国内でもプレイ可能)
毛深いオオカミ人間の姿をしている。スペルは「Sabrewulf」。
なお、レア社が1984年に出したゲーム『サーベルウルフ』にも出演しており、そこから名前を引用している。
剣士のサーヴァント人狼になったわけではない。

元々は伯爵で、獣化病にかかって今の姿になった。
ウルトラテックと契約しているのも治療法を求めてのことである。
『2』では元に戻してもらえるのかと思いきや肉体を改造されてしまい、両腕から電流が流れるように。

新生KIにおいては心も体も野獣の本能に犯されていく自らの肉体を制御するべく、危険な闘いに身を投じることとなる。
エンディング次第で、自らのもうひとつの本性を受け入れ生きていくのか、身も心も野獣へと堕ちるのか、あるいは人間としての感情を取り戻し元の肉体へ回帰するのかが決まる。

ゲームでは、牙や爪を使っての戦いが得意なインファイタータイプのキャラクター。
『1』ではオードソックスなタメキャラであるが、『2』からはコマンドにタメが必要なくなり、レバガチャしているだけで強い超初心者向けキャラクターへと変貌した。
飛び道具は持っていないが、飛び道具を抜ける手段が豊富にあり、特に特殊ステップからの上段下段の二択を迫りつつさらに飛び道具を抜ける強力な性能の技の数々を持つ。
そして彼の技は非常に素早く、先読みでもしない限りは彼の行動を見切る事は非常に困難。
その凶悪な性能から、新生KIにおいては多くのプレイヤーの間で最強キャラクターとされていた。

一方でこのゲームは凄まじいコンボゲーである一方、
決まりさえすればノーリスクでコンボを阻止できる「コンボブレイカー」のシステムが存在するため、
彼を使っていれば絶対に勝てるというわけではない。
無論彼にも弱点はあり、技のリーチ自体はそれほど長くないため遠距離戦を挑まれるとやや不利、かつ技の火力自体はさして高くはないため相手をひたすらにねじ伏せる戦法でない限りは相手に根負けする可能性もあり、守勢に回るとややピンチとなる。
いかにして相手をかく乱し、ねじ伏せるかが彼で戦う上でのポイントとなるだろう。

KIシリーズでは、フルゴアと並んで数少ない正確な日本読みが確定しているキャラである。
参考ページは↓の二つ
http://www.m-fpg.com/sabrewulf/
http://www.nintendo.co.jp/event/sw2001/softlist/gba/s_wulf/index.html


MUGENにおけるセイバーウルフ

chaseallendiaz氏によるものが公開されている。
原作通りにいろいろと作られておりコンボも出来るが、究極神拳は一つだけになっている。

Shift b is B(Orbinaut)氏のものは『2』仕様。こちらには紀州屋氏の外部AIが作られている。
アルファ版とのことだが一通り動き、ダメージ300くらいのコンボもしてくる。AI同士の戦いではあまり強くない。

出場大会


「コントローラーを捨てて去れ!」



添付ファイル