馬頭



「ヒッヒッヒッ…死んだかぁ?」

 格闘スタイル: 邪呀殺法「琉」(りゅう)
 使用武器: カギ爪
 誕生日: 不明(捨て子だったのを邪呀に拾われる)
 年齢: 不明
 出身: 不明
 職業: 闇のテロリスト
 血液型: O型
 身長: 190cm
 体重: 84kg
 家族構成: 「邪呀」全員が家族
 趣味: 暗殺、爆破
 大切なもの: マスクと手甲、兄のゴズウ
 好きな食べ物: サルノコシカケ
 嫌いなもの: 獅子王
 特技:地獄耳
 得意スポーツ: 潜水
 自分を動物にたとえると: さそり
 大会参加目的: 獅子王を葬り去り、邪呀での地位を上げる
※初代のイラストは こちら


 「俺の術 見えたかぁー?

     ヘヘッもう見えねえだろうがよぉー」

SNKの格闘ゲーム『風雲黙示録』の登場人物。「メズウ」と読む。
テロリスト集団「邪呀」に所属する忍者の一人で、水と氷の忍術の使い手。
三つ子の兄に牛頭(ゴズウ)、弟に鹿頭(カズウ)がいる。
青い装束を身に纏い、馬にも似た先端の尖ったマスクで素顔を隠している。
忍術(水遁)とカギ爪を組み合わせたまったく新しい「邪呀殺法」で戦う。
キャッチコピーは、「水流忍法を操る暗殺マシーン」「氷獣」
担当声優はショー・疾風や兄の牛頭と同じ林健一氏。

『風雲黙示録』では弟であるカズウが獅子王に殺された事を組織から聞かされ、
兄のゴズウと共に獅子王の開催した『獣神武闘会』に参戦。カズウの仇を討つべく獅子王の命を狙う。
エンディングでは仇を討ったことを牛頭に報告し、カズウを弔う。
ちなみにこのエンディングでは牛頭を「あにき」と呼んでいるが、牛頭のエンディングだと「兄者」と言っていた。
どうにも二人称がはっきりしない。そしてこのエンディングではカズウの微妙なビジュアルが明らかになる。
え、どんな顔か気になるって?  こんな顔 です。

『風雲STB』では前回で失敗した獅子王打倒を今度こそ成し遂げるべく、獅子王が新たに開催した『裏獣神武闘会』に再び兄と共に参戦。
仇を取るのとは別に、この大会の手柄で邪呀での自分の地位を上げる事も目論んでいる。
しかし、真獅子王を倒した後で目の前に邪呀の首領・邪頭が現れ、
彼からカズウを殺した張本人が獅子王ではなく自らである事を聞かされる。
EDでは同族である邪頭を殺したことにより、邪呀に追われる身となった。



その言動はどう見てもチンピラで、キャロルに対して、
「ヘヘッ生けどりにして こきつかってやろうかぁ」
等と言い、因縁の獅子王に対しても、
「お おまえかぁ獅子王は!へへへ 斬りきざんでやらぁ!」
と、どこぞの世紀末モヒカンみたいなキャラである。
続編において、兄と違って組織内での地位向上を目指してる辺りも少し小物臭がする。
どちらかと言うとクールで冷徹なゴズウとは対照的である。
そしてオープニングでいきなり新主人公ロサ斬られているという
ザコキャラのような扱いを受けてしまった。

ただ、それでも兄弟想いの優しい一面もあり、2作のどちらにおいても、
あくまでメインの目的は弟の仇を取る事である。
続編において大切なものに兄が追加された事に関して、1作目でどう思ってたのか少々気になるところではあるが)


MUGENにおける馬頭

  • Lord Sinistro氏製作 風雲黙示録仕様
DOS用に製作された物で、かなり昔から存在している。
原作の技が一通り揃っている他、邪頭の邪氷魔を複数落下させるオリジナル超必殺技「Estalactites」(ポルトガル語で鍾乳石)が追加されている。

注意点としてやられモーションの一部に判定が無い瞬間があり、相手の連続技を食らい抜けのような形で脱出してしまう事がある。
(該当箇所はanim5007の2枚目)
気になる人は1枚目の食らい判定をコピペするなどして対処するといいかもしれない。

AIもデフォルトで搭載されているが、簡易的なものなので最近のAI事情的に動画に使うには少々辛いレベル。

外部AIとしてほしおでん氏(旧名:おでん氏)によるなかなかに強いAIパッチも公開されている。
豊富な飛び道具と判定の広い通常技を活かして待つタイプで、接近手段が乏しいキャラと戦わせた場合には一方的な展開になってしまう場合もある程。
しかし飛び道具の隙は結構あるので、飛び込みが鋭いキャラや飛び道具に対する戦法ができているキャラと戦わせるとあっけなく沈むことも。



 「カズウよぉ

     おわったぜぇへへへ…」


出場大会

更新停止中
  • 「[更新停止中大会] [馬頭]」をタグに含むページは1つもありません。

出演ストーリー