ミント

該当しそうな項目が3件あります。

  1. ミント(デュープリズム)
  2. ミント(空を仰ぎて雲たかく)
  3. ミント・アドネード
  4. 未分類大会情報

ミント(デュープリズム)

「あたしの魔法でボコボコよ!」

概要

スクウェア(現スクウェア・エニックス)のPS用アクションRPG『デュープリズム』の2人の主人公の内の1人。
巨乳法術師とは関係ない。ロリな竜娘とも関係ない。

700年の歴史を持ち、古代の魔術師が遺した強力なマジックアイテム「遺産」の管理を行う大国「東天王国」の第一王女。
しかし、魔法の勉強はサボってばかり、夜ふかし・朝寝坊は日常茶飯事、
国のお金でムダづかいはするわ、嫌いな食べ物(カボチャ)は残すくせに好きな食べ物は5人前、
自分の国の使命もまるで理解出来ておらず、わがままで自分勝手なことばかりしていたため、
あまりにも素行と行儀が悪いことから王国最高会議で『女王の資格無し』と
満場一致で王位継承権の剥奪が決定し、王位継承権は妹のマヤに渡ってしまう。

それに納得できず力づくで王位継承権を取り戻そうとするが、
マヤの使う王国に伝わる遺産「ブックオブコスモス」の力に勝てず、
マヤの嫌がらせでミントの嫌いなカボチャ尽くしが決定してしまう。

その状況に納得の行かなかったミントは、王国を力づくで取り返すため、ついでに世界征服のために、
ブックオブコスモスのような「遺産」を手に入れるために遺産を求めて旅立った。

自分勝手ではあるものの別に悪い子ではなく、人に親切にされれば感謝もするし、人助けもする。
何より、敗れても諦めずすぐに世界征服をやろうと考えるような実行力とド根性が備わっており
わがままで自分勝手というより傲岸不遜と言うほうが近い。

もう1人の主人公ルウのシナリオの場合、自分の欲望に忠実で、突っ走った挙句に失敗するという、わかりやすいライバルキャラとして登場する。
(もちろん、シナリオが進めばそういうキャラと協力して戦い、いざという時には助けてくれるのもお約束)

戦闘面での性能はルウが戦士+αであるのに対して、ミントは魔法使い。
輪っか型の武器である「デュアル・ハーロゥ」から魔法を出したり、殴ったり蹴ったりして戦う。
通常攻撃でMPを溜め、溜めたMPでの遠距離からの攻撃がメインとなる。
魔法は「色(属性)」と「タイプ(形状)」の組み合わせで様々な魔法が使用できる
殆どのものは範囲や性質が異なる多種多様なショット攻撃や自身を守るサークルなどだが、
最後に手に入るタイプ「ハイパー」は魔法のみMPを全消費して無敵やHP回復等の特殊効果を発揮するものになる。
(ルウの方では一部イベント戦において盾が使える)
一般的な魔法使い系との違いは近接時の性能…というかジャンプキックである
ファンからミントキックなどと言われるこのキック、事と次第によってはルゥの通常攻撃より優秀な性能を誇り、近接時もかなり戦うことが可能。
イベント中でも必殺の一撃として魔法より多用されている彼女を象徴する技であり、
ラスボスを除けばどのボスも飛び蹴りだけで撃破可能(ラスボスだけは自分を強化する魔法を併用する必要がある。それでも飛び蹴りで倒せるが)。
尤も、イベント時に使用するキックは飛び込みながら蹴るのに対し、プレイヤー操作での方は飛び上がりながら蹴り上げるもので、必ずしも同一の技ではない。


MUGENにおけるミント

タンスの角氏により、カンフーマンを基に手書きで作成された物が公開された。

必殺技は全て魔法であるため、基本は遠距離をメインに戦うキャラとなっている。
必殺技を使用するのにゲージを少量消費するが、ゲージがなくても必殺技の使用は可能。

66Aのミントキックや時間切れの地団駄姿など、原作の雰囲気が良く再現されている。
また、3ゲージ使用の超必殺技中+体力300以下での追加入力技において、妹のマヤとの協力技も搭載されている。

現在、デフォルトでのAIは搭載されていないが、pprn氏による簡易AIが某アップローダーにて公開されていたが今はSkyDriveにて公開している。


出場大会

削除済み






ミント(空を仰ぎて雲たかく)


「ミント、パパと一緒にがんばる」

プロフィール

でぼの巣製作所から発売された18禁ドラゴン少女育成RPG『空を仰ぎて雲たかく』のヒロイン。
人ではなく竜の少女であり、主人公であるアドニスに拾われ育てられることとなる。担当声優は榊原ゆい氏。
テイルズのボインちゃんとかカボチャ嫌いな王女とは、関係ない。

原作でのキャラクター

記憶喪失になっているところを竜使いであるアドニスに拾われパートナーになる。
性格は一つに定まっておらず主人公の育成方針によって4種類(世話焼き、クール、泣き虫、女王様)に分かれる。
分かれる前が一番可愛いと専らの評判
なぜか、アドニスのことをパパと呼び懐いてくる。
ミントの失われた記憶を取り戻すため、アドニスはミントと共に旅に出ることになる。

原作中の性能

戦闘は横スクロール型のアクションゲームで、2Dのテイルズに近い。
ただし、戦闘はミント一人で行う。主人公は戦ってくれない。
可能アクションはガード、弱攻撃、強攻撃、必殺技、魔法、アイテム。必殺技と魔法はMPを消費する。
基本的には弱攻撃→強攻撃→必殺技とつながるシステム。
魔法は詠唱時間があるため、集団戦では使い辛いのが実情。但し、詠唱から効果終了まで長い無敵時間のあるラファガブリザ-ドは緊急回避の手段として重宝する。

幼年期は覚えられる技に制限があり、物語を進めると魔法が少し使えるようになる。
成長すると技や魔法の制限が完全解除され、最強技や最強魔法を覚えることができるようになる。

成長前も成長後も、苦労するのはボス戦ではなく、雑魚戦。(隠しボスを除く)
アクションはそこそこあるのだが、攻撃を食らってから復帰するまでが長いため、
集団に突っ込むとミントがお手玉されて死んでいくさまを眺めることになる。
この可能性を少しでも減らすため、スーパーアーマーを付与する技を使うのが定石。
一部の必殺技も常時スーパーアーマーなので、これで切り抜けることも出来る。

ちなみに、雑魚には弱・強攻撃だけで永久コンボができる。
勿論、必殺技を使った方が早く倒せるが、MPの節約にはなる。

ボスはほぼ全て常時スーパーアーマーのため、
適当な技でちまちま削って、アイテムで回復していればそのうち勝てる。
単純に体力が高いボスが多いため、集中力との勝負になることも。

なお、難易度設定があり、最高難易度にすると雑魚が即死クラスのダメを放ってくるようになる。
雑魚戦の危険度が何倍にも膨れ上がるため、プレイするときは心してかかろう。


MUGENにおけるミント

rakurai氏により原作のスプライトを利用して作られたキャラが存在している。
使用されているスプライトは幼年期のものでちびキャラとなっている。
防御力は少し低めに設定されているが、ほとんどの技にアーマーがついており、
のけぞらずに被ダメージを1/2にする。
原作にある必殺技、およびテイルズっぽい技が使え、色々なコンボが出来る。
魔法には詠唱時間が存在するが、それまでに繋げた技の分詠唱時間を短くできる。
これを利用して魔法を上手くコンボに組み込むと総ダメージの向上が狙える。
ただし、投げ属性の攻撃が多いため、常時投げ無敵の相手だと火力が大幅に減退する。
また、コンボ時以外では技の出が少し遅めなため、投げ主体の相手には若干不利。

AIもデフォルトで付属しており、コンボを躊躇なく狙ってくる。
3ゲージあると7~8割のダメをたたき出すときもある。
また、アーマー時投げ無効スイッチ(デフォではオフ)やコンボ補正値の設定が可能になっている。

下記動画に寄せられた作者氏のコメントによると
「GGキャラAIlv11を相手にしてバランス取った」との事なので
そう考えれば、相応の強さといった所だろうか

12Pは特殊仕様となっており、凶悪キャラになる。
即死耐性が高く、削り殺しでないと倒すのは困難。
ただし、殺傷力はそれほど高くないためランクとしては準神の範疇。


2013年11月17日にリュウセイ氏によってAIパッチが公開された。
10段階に設定できるAILvの他に、永久や宇宙旅行の有無が設定可能で
AILv10、宇宙旅行ONなら凶上位~凶最上位の強さとなる。

(公開前のリュウセイ氏AIパッチが入ったミントの試合は13:37~)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21664000

出場大会

プレイヤー操作

その他




未分類大会情報