タクアン和尚


「長さといい…細さといい…足首の締まり具合……」

「最高じゃ」

プロフィール

モンキー・パンチ原作、2006年度のアニメシーン(の一部)を騒然とさせた伝説の作品『 MUSASHI-GUN道- 』のキャラクター。
GUN道の聖地と謳われる大徳寺の和尚で、GUN道の第一人者でもある老人(映像では髪も黒々として筋骨逞しくシブい声の
中年男性にしか見えないが、何故か登場人物の誰もが彼をヨボヨボのジイさん扱いするので老人といったら老人なんだよ!)。
登場初期には、とある事情によりタクアンの名を捨てて「シバヅケ和尚」と名乗っていた。
実は左腕が義手で、ムサシが手にすることになる「ガン鬼の銃」の一つ、ガン鬼の天が収納されていた。

全26話のうち、大徳寺が舞台となる2~5話以降は殆ど出番がない……ぶっちゃけサブキャラだが、
なにせこの2~5話(特に2、3話)こそMUSASHIが伝説となった最大の理由なので、そんなことは大した問題ではない。
和尚本人も少ない出番ながら大量の名言を残している。
第2話の戦闘シーンのダイジェスト 第3話より、GUN道奥義ケンジャの舞

担当声優は田中総一郎氏。 ソニックXの異名がコロコロ変わる人。
ちなみにその正体は本能寺の変を生き延びた織田信長……らしいが、大人の事情によりその設定が本編で使われることはなかった。

モデルとなったのは、実在した臨済宗の名僧・ 沢庵宗彭 (たくあん そうほう、1573‐1646)。
+ 史実の沢庵宗彭

+ どうしてこうなった!どうしてこうなった!
+ 各種名称について

「喋りすぎは命に関わるぞ」


MUGENにおけるタクアン和尚

dabiitiro氏が製作したものが存在している。
恐らくギースの改変だと思われるが、その完成度は高く原作のアニメより動きが良いと専らの評判。
原作における彼のアクションをほぼ忠実に再現しており、主人公のムサシ、そしてロウニンとニンジャ太郎をストライカーに持つ。
ちなみに、十分すぎるほどの完成度ではあるが実はまだβ版である。

ストライカーの皆さんについて

  • ムサシ(上)
『MUSASHI-GUN道-』の主人公。フルネームは「ミヤモトムサシ」。CVは浪川大輔氏。
我流のGUN道使いで二丁拳銃の使い手。ルパン三世の様な猿顔。まあ原作者が同じだから仕方が無いが。
(なお、ムサシも和尚も二丁拳銃で戦っているのでアレだが、大徳寺の修行僧を見る限り、通常GUN道は刀と銃を同時に扱う武術と思われる)
銃による人殺しを好まず、眠り弾などの対人武器を色々持ってたりする。
名前からお分かりだと思われるがモデルは二天一流の開祖となった剣豪「宮本武蔵」。
(ちなみに『戦国BASARA』シリーズの宮本武蔵とは中の人が同じだったりする。何の因果か…)
本来の日本ではないパラレルワールドのこの世界では銃の名手となっている様子。
+ ちなみに
れっきとした主人公なのにMUGENではストライカー扱いというある種かわいそうな存在だが、
実際ストライカー出演のみの主人公はそう珍しくない。
ストライカーとしては役に立つし、AI和尚もよく呼んでくれるので、これでいいのだろう……。
ちなみにストライカーとして召喚された瞬間に敵の攻撃を受けると 「うおっまぶしっ!」 という
有名な謎セリフを発しながら何もせぬまま退場してしまう。
  • ロウニン(右)
ムサシの相棒。本名不明。「ロウニン」が本名という説も。CVは堀川仁氏。
剣の達人で、退魔能力を持った「メイレツ剣」という刀を使う。走り方がかわいい。
「だな!」という相槌を打つのが口癖。実はムサシと知り合った経緯は本編でも謎のまま。
(かつては賞金目当てにムサシの命を狙っていたことは判明している)
そのポジションから、髭と髪を剃った次元大介と言われる事も。
  • ニンジャ太郎(左)
ムサシの子分。CVは小林ゆう氏。
何故か名前を覚えてもらえず、ニンジャ五郎だのニンジャ野郎だのとよく名前を間違えられる
名前の通り忍者(伊賀)だが、忍者としての実力は絶望的に低い。
+ 大して重要ではないが正体絡みのネタバレ
ちなみに、打ち上げ技を使った時の 「ホームラーン!」 や、 「すげぇ、あのじいさん…… 落ちながら戦ってる……!」 は彼の台詞。
前者はニンジャ868号と呼ばれたときのノリツッコミで発した。
徳川ではなく豊臣が勝利し幕府を開き、銃器の異常発展やレオナルド・ダ・ビンチが来日しているパラレルワールドであるが、
「『ホームラン』は時代背景的にねーだろ」とは最早無粋なツッコミか。
王貞治の本塁打数868本を元ネタにした製作スタッフの遊び心らしいが…。
(ちなみに正史上野球が日本に伝わったのは1871年{明治4年})

性能

二丁拳銃を用いた様々な遠距離攻撃を行うが、その真価は空中戦にある。
2段ジャンプ、三角飛び、大中小ジャンプ、エリアル等を装備しており、空中投げや空中からの技も多彩。
しかもこの和尚、↓↙←+K同時押しでなぜか一定時間空が飛べる(作者曰く「舞空術」)。
この辺のキャラの性能も「落ちながら戦う」タクアン和尚に忠実であると言えよう。

和尚単体で見ても強いのだが、ストライカーの存在がさらにその強さを引き立てている。
特に、ムサシが持つ超必殺技の回転エンカボウダンは「和尚の頭上からムサシが回転しつつ地上を薙ぎ払う」
という原作(第5話)の名シーンを再現した技だが、これが対AI戦に滅法強い
しかも以前は技の最中の和尚も行動できた(現在は修正されているが、出始めに和尚が攻撃されると行動できるようになる)。

なお、AI和尚はPOWERゲージがゼロになっていようが構わず、しれっと超必殺技やストライカー召喚を連発してくる。
アントラーの「磁力光線」やスパイダーマッの「たわけた歌」などの「POWERゲージを一気にゼロ」効果も涙目である。
セルフゲジマユってヤツですか?まぁ、さすがにゲージが溜まっている内はちゃんとゲージを消費するけど…。

大会動画にも結構顔を見せる和尚であるが、その強さとネタ要素からやたらと存在感を残す事も多い。
和尚のAIはストライカーを乱用しがちではあるものの、案外と隙だらけなので流れ的には大暴れした後にあっさり負ける、
という印象が強い。
個人的に2ゲージ技の「GUN道奥義 ケンジャ乱舞」は必見。


なお、勝利時のパターンは次の3種類(ランダム)。
  1. 腰に手を当て「ハッハッハッハ…まだまだ子供じゃのう」と破顔大笑する(たとえ敵キャラが老人であろうと、こう言う)。
  2. 大徳寺の門弟に「復活だ、タクアン様がGUN道の舞を復活されるぞ!」と囲まれながら「ケンジャの舞」決めポーズ。
  3. 何故かアニメ「MADLAX」の挿入歌「nowhere」(の呪詛コーラス「 ヤンマーニ 」パート)に乗って”オサレポーズ”。

違う意味で2006年度のアニメシーンを騒然とさせた彼女との間には特殊なイントロがある。必見。
ちなみに、これを受けてdabiitiro氏もチョイヤー氏にイントロ用の一枚絵を描いて送ったそうな。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3434741

技解説

+ 一部固有技および必殺技

+ 超必殺技

+ ストライカー

2014年3月10日にMage氏による外部AIが公開された。4段階にレベル調整が可能。
  • ストライカーは多用するが、回転エンカボウダンは殆ど使用しない
  • GUN道奥義「ケンジャ乱舞」もあまり使用しない
  • 「落ちながら戦ってる…!」を対空迎撃に多用する
など、デフォAIとはかなり違った動きを見せる。
常時起動機能を使うとエラーでMUGENが落ちる不具合があるため、常時起動にしたい場合は7P以降で選ぼう。


+ 大会ネタバレ

+ 何度も奥義(大会ネタバレ)

+ すげえ、あのじいさん…落ちながら戦ってる…(大会ネタバレ)

これだけの様々な戦いを見せてきた和尚である「 様々な伝説を創る和尚 」なんてタグが出来たのも大いに頷ける。


出場大会

+ 一覧

出演ストーリー




添付ファイル