白玉

「Great Job!」

ジョン・プレストンを制作した、maruhen氏作のオリジナルキャラ。
「しらたま」と読む。メダロットの登場人物ではない。「はくぎょく」とは多分読まない。
全体的に色素が薄くて背が低い、露出度の高い少女である。
たかしげ宙・皆川亮二の漫画『スプリガン』の世界観を下敷きにしている。


特に背景といえるほどの物はないが、キャライメージは、「ボーマン教官の血縁者をラリー・マーカスンが拾った」というものらしい。
+ ボーマン教官について

戦闘では、古代の遺産を応用して作られた身体強化スーツと武装、そして二重影の能力を使う。
ちなみにこのスーツ、精神感応金属を応用して、生体電流を強化してパワーフィールドを展開する偽装型である。
このため、絶縁効率を上げるために体にフィットしたデザインになっていて、かつ上に衣類を着用できない。
……目立ちまくって要人警護どころじゃないとか言ってはいけないのだろう。いろいろとロマンだし。
また、おまけ要素として、スタートボタンを押しながらキャラ選択することでコスチュームが若干変化する。
どうなるのかって? 自分の目で確か見てみろ!

体が小さくて前後への移動が速く、懐に飛び込んでの接近戦を得意とする。
特に相手の攻撃を回避したり、最初の一撃を無効にしたりと癖の強い技も多い。
他にも、移動ができなくなる代わりにダメージをいっさい受けなくなる「時間軸を消す」や、
溜めることで体力を消費しながら多段攻撃すら相殺する「スーパーサイコブロー」などもある。
総じて見れば、豊富な選択肢から最善の技を選び続けていくテクニカルキャラともいえる。
ただ、食らい状態からの回復に特殊な処理を使用しているため、つながらないはずの攻撃がつながったり、
逆に相手のコンボを中断した食らい抜けのような状態になったりもする。

AIもデフォルトで搭載されており、強さも調整できる。

動画上では一般的なキャラと比較して強いと評価されることの多い彼女だが、
動画を見ているだけではその行動や技が解りにくい点がある。
これは、製作者であるmaruhen氏がキャラ製作のテーマを「アクションの表現と提案」としているためであり、
その仕様は格闘ゲームキャラとしての範疇をやや外れる。
ここでは動画視聴のガイドとして、留意すべき点と一部の技を解説する。

非接触の技「避け」
 相手の上段または下段を瞬間的に避ける技で回数制限があり、対象以外の攻撃は食らう。
 至近距離で技に成功すると、相手の攻撃が空振りこちらは無傷のため、
 技の存在を知らないと何が起きているか分からず、「何か無敵の技」と誤認してしまう。
 高レベルAIだと避けた瞬間に連携攻撃につなぐため、低ビットレートでは画像を拾えない恐れがある。
 熟練したプレイヤーなら「相手の攻撃をすべてかわし勝利する」といった芸当も可能かも。

さまざまな状況下でのアクション
 足払いの受身、落下復帰中の攻撃、前進しながら飛び道具、ダウン状態での攻撃等あまり例の無い行動が可能。
 分かりやすい「アクションの表現」と言える。

上段攻撃を避けつつ攻撃する
 「避け」と似ているが、こちらは攻撃開始時に上段攻撃を避ける特性を持つ技であり、
 近距離打撃・突進・投げの3種にこの仕様を持つ技が存在する。
 いずれも隙は大きいが、近距離で出すと有効。

攻防共に豊富な投げ技
 1フレーム・移動・壁投げ・対空・上段返し・下段返しと豊富な投げ技をもち、
 学習型AIにより的確な運用がなされる。
 特にブロッキング等の特殊防御を感知すると、投げの頻度が飛躍的に上昇し投げ殺される。

DL先であるMediaFireのデータが削除され一時入手不可となっていたが、2013年6月21日に復旧。
再び入手可能となった。

また、maruhen氏によって新たな白玉の派生キャラ『白玉20』が公開された。

「You can take a break now.」


出場大会

白玉

白玉20



添付ファイル