B・オーキッド


Target spotted. This should be quick!(ターゲットを捕捉。手はかからないだろう)

1994年にレア社によって制作されたアーケード格闘ゲーム『キラーインスティンクト』の登場人物。
スーパーファミコン・ゲームボーイ・ニンテンドー64にも移植されているが、日本国内では発売されていない。
怪物ばかりのこのゲームにおける唯一の女性キャラにして、話の重要人物である。見方によってはもう一人の主人公ともとれる。
ちなみに、フルネームは「ブラック・オーキッド(黒蘭)」。
ジェイゴとは姉弟関係である。

ウルトラテック社に勤める秘書であるが、実際は余所に雇われたスパイである。
『1』ではウルトラテックが復活させた悪魔「アイドル」を倒し、溶岩の底へと沈ませる。そして、ウルトラテックの数々の悪行をレポートし、上司に報告に向かう。
『2』ではベストなエンディングを迎えれば生き別れた弟と再会し、ファイティング・チームを結成してまだ滅びていないウルトラテックの完全壊滅へと向かっていく。
『XBOX ONE版』では設定が変更され32歳のオバサに。今までとは違いレジスタンスを結成してウルトラテックに立ち向かうつもりではいるもののなかなか思うように仲間が集まらず苦悩しているらしい。
エンディング次第では情け容赦のない残虐ファイトでウルトラテックに立ち向かうダークヒーローになったり、折れる寸前の心を弟Jagoに支えてもらうなど、展開次第で立ち位置が多少変わってくる。

ゲーム中では、炎の玉を出したり光とともに虎に変異したりして戦う。
たぶん魔法使いなのであろう。
作品によって、トンファーを二本もしくはバトンスティックのような武器を二本、装備している。
究極神拳では、 胸を露出して敵を殺したり、 相手をカエルに変えて踏みつぶしたりする。
声優は「タムラ ケイコ」。詳細が不明なところからすると、おそらくはレア社の社員であると思われるが『2』でも変更はない。
『XBOXONE版』では声優はごく普通の外人に変更されたが、技名の「イチ、ニ、サン」という妙な日本観は変更されていない。

ニンテンドー64に移植された『2』では『1』から衣装が変更され、Tバックのレオタードになっている。
非常にセクシーなため、イラスト絵師などからはこちらが好まれていることもあったりする。

MUGENでは

AHRIMANES氏が制作したものが公開されている。元ゲーがポリゴンなのに、手描きでMUGEN入りさせる気合の入りよう。
しかも、ドット絵が作りこまれておりかなりヌルヌルと動く。一見の価値有りである。
原作と違ってコンボがいろいろできるようになっていたり、究極神拳の種類が増えていたりする。
AIも搭載されており、そこそこ強い。




他に、原作の3Dスプライトを用いたものもいくつか存在している。

出場大会


「One step closer to flushing out UltraTech.」(ウルトラテック壊滅にまた一歩近付いたわ)


添付ファイル