ホリ・タイゾウ


「プクプクポンッ!と逝っちまいな!」

ナムコの1982年にリリースされた「戦略的穴掘りゲーム」『ディグダグ』の主人公。
82年のディグダグ事件や、その後の南国島作戦(ディグダグII)を事実上1人で解決した英雄として世界中に名を知られている。


『ディグダグ』は地底から迫り来るモンスター達を、穴を掘りながら迎撃し、銛を突き刺して空気を送り込んで退治するゲームで、
当時のゲーセンではかなりの人気を誇り、『ジグザグ』『チクタク』なるパクりゲームまでも登場した程であった。
(別に本作に限った話ではなく、当時の人気ゲームはかなりの確率でパクられていた。
  今では著作権に五月蝿い任天堂やコナミもスペースインベーダー頃はパクリ屋だったし
その後、南海の島に舞台を移した『ディグダグII』が発売された。
此方では地中に潜らず、あろうことか 杭で島を叩き割って 敵を海に落とすことで退治する。
生憎『II』は人気が出なかったが。(カンストが)簡単過ぎたのが原因だったそうな。

当時は主人公に固有の名前は付けられておらず、単に「ディグダグ」とだけ呼ばれていた。
しかし同じく地底冒険アクションゲーム『ミスタードリラー』シリーズに登場する主人公「ホリ・ススム」の父親が、
本作『ディグダグ』の主人公であり、名前は「ホリ・タイゾウ」という後付け設定が加えられた。
ミスタードリラー第一号でドリラー協会名誉会長でもある。

奥さんは同じくナムコの傑作ゲーム『バラデューク』の主人公で銀河連邦宇宙軍(UGSF)空間騎兵・KISSYこと「トビ・マスヨ」。
彼女の本名も『ドリラー』以降の後付設定であり、「酔うとキス魔になるから」とコードネームがKISSYになったのだとか。TAKKY(2P)は?
(一応、『バラデューク』の頃から女性設定ではある。エンディングにならないと判らないけど
旦那さんの事を「タイゾウ君」と呼ぶ、可愛らしい方である。物騒だけど。
なお『ディグダグ ディギング ストライク』の裏エンディングを見る限り、奥さんには頭が上がらない様子(恐妻家)であることが確認できる。
その他、息子として長男「アタル」、次男「ススム」、三男「タイヨウ」がいる。

性格はかなりマイペース、何時もは世界中を冒険している為、中々日本には帰って来ない。
妻とは別居中だが、週に一度は必ず会いに行っているとか行かされているとか。
誕生日は1955年1月1日生まれのO型。

(以上Wikipediaより一部抜粋、改変)

『ミスタードリラー』シリーズでは穴を掘る速度が全キャラ中最速である代わりにエアーの減りが早い(燃費が悪い)上級者向けキャラクターとなっている。
ヘルメットを被った姿が常に印象的だが、ヘルメットを外した髪型が某王子に似ているともっぱら評判である。

2005年に発売されたニンテンドーDS用ソフト『ディグダグ ディギング ストライク』ではホリ・タイゾウ名義で主人公の座に返り咲き、息子ススムは助手役で登場。

更に『NAMCOxCAPCOM』でも味方ユニットとして登場。
大幅にアレンジされているが『ディグダグ』と『ミスタードリラー』の中間時代の設定で、容姿はやたらリアルタイプで若々しい。
この時点ではマスヨとは結婚どころか付き合ってもいない様子。二人の会話は中々格好良い。
また、このゲームでは『ディグダグ』の設定が『パラデューク』と関連付けるように変更されており、
彼は「パラデューク要塞奇襲作戦」(敵性宇宙人オクティ族の宇宙要塞への奇襲作戦)において
マスヨ達が要塞内に侵入するための突入口を開いた元・宇宙辺境警備隊の特殊工作員と言う事になっている。

声優は『ドリラー』シリーズから引き続き『北斗の拳』のシンや『ドラゴンボール』のピッコロで御馴染みの古川登志夫氏。
余談だが、氏は『ドリラー』シリーズで息子のアタルも演じている。…やっぱり息子の嫁は電撃宇宙人なんだろうか(中の人が同じ)。
と言うよりはキン肉マン(スグル)の兄・アタルっぽいが(家出した長男であり、弟が主役とか。 そういや二世のスグルも古川氏だった )。
ユニットとしての性能はHPが高く、攻撃の数値も高いものの、コンボが繋げ辛いという点がある。
コンボの要である「P-3 Bモード・掘削」、投げ技としては高威力の「P-3 Pモード・O2」がダウンスレスレでないとコンボに組み込めない上に、
ヒット数の多い「P-3 Bモード・掘削・連射」を覚えるのもレベル31と活躍出来るのが後の方になりがち。
また、ブランチアップし易くするために「盗賊の篭手」用の装備欄を空けないといけないのも悩み所。
MPも少ないのでトロンのようなアイテム集めにも廻し辛い。
後、P-3がシエルの第七聖典(パイルバンカー)に似てるとニコニコではもっぱらの噂。
実際は削岩機だが。道路工事のおじさん達も第七聖典を使っている事になっちゃうぞ。

ちなみに後年の『無限のフロンティア』ではP-3がコスモス用装備として登場している。

「…気にすんな、マスヨ 
  俺も元辺境警備隊… "あの戦い"とは、死ぬまで縁は切れねえのさ。…たぶんな」

なお、『ナムカプ』では一人称が「俺(オレ)」となっているが、
『ミスタードリラー』シリーズや『ディグダグ ディギング ストライク』では「ワシ(儂)」となっている
設定上ナムカプのタイゾウは『ミスタードリラー』以降よりも前の時系列なので、年齢による変化だろう。


MUGENにおけるホリ・タイゾウ

現在Tetsuo9999氏製作のタイゾウが一体確認されている。
ナムカプドットで製作されており、相手の体力が500以下になると1ゲージ消費して敵を膨らませ破裂させるという
一撃必殺技が使えるようになる。原作『ディグダグ』ならでは演出ともいえる。

出場大会