アリス(アシュラブレード)


          年齢:10歳(ブレード時点)
          誕生日:10月8日
          血液型:B型
          出身地:ドレイガン王国オーニール地方
          趣味:魔導書解読
          身長:107cm
          体重:17kg
          チャームポイント:髪型
          好きな食べ物:骨付き肉
          嫌いな食べ物:あまいもの
          好きな色:ムラサキ
          理想の男性像:骨格のいい人
          嫌いな男性:エクソシストとその類
          キャッチコピー:ワガママ死霊使い
          (プロフィールはアシュラブレードのもの)

「あなたも死んだら 私の家来ね!」


アシュラブレード』および『アシュラバスター』の登場人物。
ローズマリーと因縁のある大公家の令嬢で、夜な夜な怪しい実験を繰り返しているネクロマンサー。幼女。
性格は傍若無人で世間知らず。
しゃれこうべを投げつけたりスケルトンに攻撃させたりとギャップが堪らない。
上記のような攻撃方法であるため、背が低い割に意外とリーチも長い。
CVは小川時代。なんと紫苑と同じである。
ちなみに、東方のアリスが本を持っているのはこれが元ネタである。

カラーによっては惜しげもなくスレンダーな生足を披露してくれる。
でもタイツもいいよね。アリス可愛いよアリス。
+技解説
  • ハロースカル
 骸骨を召還し、頭蓋骨を投げさせる飛び道具
 若干発生が遅いが、ヒットすると相手はなぜか真上に浮き上がる
 そこに必殺技を当てるとさらに高く浮き上がる。
 ここからふっとばし攻撃でバウンドさせるなどしてループさせる。
 アリスのコンボの起点となる重要な技。
 強化版は多段ヒットする。

  • スカルフィールド
 アリスの周囲に一瞬だけ浮遊する頭蓋骨が現れる。
 1つだけが攻撃判定を持つ本物で、ボタンによって本物の位置が変わる。
 (弱…真上 中…前方斜め上 強…正面)
 出現後はアリスが攻撃されても時間以外では消えない。
 MUGENでは硬直が非常に短く、スカルフィールドだけでハメることも可能。
 強化版は、三角形状に大量の頭骸骨が出現。

  • スカルアッパー
 地面から骸骨が現れアッパーで浮かす。ボタンによって出現位置が変化。
 おもに空中コンボ途中で落ちてきた相手を拾うのに使う。
 強化版は骸骨がウェーブするように次々と出現し連続アッパーする。

  • メテオスカル
 巨大な頭蓋骨を上から降らせる超必殺技。発生は遅いが、地面に落ちると砕けて破片が飛び散り、
 破片は消えるまで攻撃判定を持ち続けるので、ガードさせてもそのまま攻め続けられる。
 威力は低めだがガード崩し能力が高く、高性能な技。

  • 本で殴るわ(武器飛ばし攻撃)
 契約の書を上から叩きつける下段ガード不能の中段技
 リーチが短いがダメージは高め。

  • 移動起き上がり
 ダウン中に前後斜め下にキーを入れることで無敵状態でその場から移動しつつ起き上がる。

  • 押し返し
 ガード中に6+ボタンでアドバンシングガードのように相手を押し返す。

  • ダッシュ
 前転。キーを押しっぱなしにすると転がり続ける。
 当たり判定がしゃがみと同じくらいになるので相手の飛び道具をくぐり抜けながら接近することも可能。

  • 二段ジャンプ
 ジャンプ後、空中でもう一度ジャンプできる。
 また、バックステップ中にもジャンプすることができ、間合いを大きく離すのに使える。

  • 立ち中攻撃
 骸骨が上から剣を振り下ろす。
 リーチが長く、上への判定も強いので対空にも使える。
 MUGENではやたら持続が長く、剣を振り下ろした後も骸骨が引っ込むまで攻撃判定が残り続ける。
 骸骨による攻撃は総じてアリス本体にしか当たり判定がないので、起き攻めにも適している。

  • 立ち強攻撃
 骸骨による連続攻撃。ガード、ヒット時は相手を大きく後退させるが、外すとスキが大きい。
 1段目がスカルアッパー、3段目が立ち中攻撃と同じモーションなので上への判定も大きめ。

アリスの周囲に4つのオプションがつくウロボロスのような性質のマジックブーストは実装されていない。

なお、開発者インタビューによると……
+スタッフ”K”談
キャラクターを作るに至って、押さえてなくてはいけない客層向けに製作しました。
パターン担当とデザイン担当の間で、「パンチラ入れようで」「あかん!」「1ドットやでぇ!」「あかん!!」
という会話がありました。

+キャラクターデザイン担当者談
アリスのコンセプトは”意外性”
キャラと技とのギャップのデカさを前提につくったのです。
ロリコン向けに作ったわけじゃありません。
だから、ホントは男の子でもよかった。
周りは僕の意図とは別な受け取り方だったんですね。
コメントに書かれている会話は僕とナベちゃんのものです。
僕は幼女のパンチラなんて見たくも作りたくもなかったから。


+アシュラバスターのアリス

アシュラバスターのアリス

「死んだらちょうだい…その体。

 …いい材料になるわ。」

バスターのアリスは前作の3年後ということで少し成長し、生足になっている。
しかも以前の技をすべて捨て、設置型飛び道具で牽制しつつ骨法使いの竜牙兵に指示を出して戦う
テクニカルな待ち戦法となり、別キャラといっていいほど変わってしまっている。

異形の巨大生物と遭遇して慄きもせず研究対象と見て目を輝かせたり、
世界を自分の所有物宣言したり、年端も行かないのに立派なマッドサイエンティストぶりである。
大公家の暗殺部隊の隊長、ザン-Bから片思いされているが、アリスはストレス解消のオモチャ(サル)としか思っていない。

しかしバスターのエンディングでは少女らしい優しい一面も見せる。


 前作ブレード仕様のアリスは、ラスボス戦後に条件を満たしていると隠しボスとして登場する。
 そしてEDでは隠しキャラのアリス!とどちらが本物のアリスか口ゲンカをはじめるが……。
 また、隠しコマンドでプレイヤーキャラとしても使用できる。
 ブレード仕様のアリスは外見も前作同様なので、前作性能が好きな人もタイツ派も安心である。
 なお、隠しキャラのアリスは名前が「アリス!」になっているが、別に邪悪の化身とかではない。

+アシュラバスター アリス ストーリー
「ふふふふふ。ついに完成よ!」
 薄暗い部屋の中、少女の声が響く。少女の名はアリス。
「これが成功すれば、不老不死、そして… 生命の定義にまた一歩近づくわ!」
 たかだかと挙げたフラスコの中に得体の知れない液体状の物が動いていた。 それは、あたかも生命を持っているかのように一つの形を留めようとしている。
「もうすぐよ、もうすぐ!くっー!緊張の一瞬よっ!!」
 しかし、フラスコの中の液体は彼女の期待を裏切るようにその動きを止めてしまう。
「ムッキッー!!まぁた失敗ィ!?」
 言うが早いか窓を開けフラスコを投げ捨ててしまった。「パリーン!」遠くでフラスコの割れる音。これで通算108回目の失敗である。
「くやしー!また明日サルに八つ当たりしてやる!!」
 ここ最近ずっとこんな調子で彼女のイライラは頂点に達していた。そんなイライラを忘れようとベッドについたその直後、すさまじい轟音が響き渡った。轟音とともに流れてきた膨大な魔力を感じ取ったアリスは、子供特有のとびっきり邪悪な笑顔をするとベッドに入り眠ってしまった。次の日の朝、最近の最新作である竜牙兵と共に旅立つのであった。
 ・・・そんな中、奇妙な出来事が起こっていた・・・誰も知らぬ所で・・・。

+余談
余談だが、GBAのSFアドベンチャー『ZERO ONE SP』にアリス・アティックという名前で登場している。
10歳にしてIQ1300 *1 の超天才少女で、超能力者組織のリーダーという設定である。
ネクロマンサーではなく催眠術の能力者で、やろうと思えば世界中の人間の記憶を消す事も、洗脳する事も可能だとか。
性格はアシュラシリーズとは正反対で、年齢の割に落ち着いていて丁寧口調の聡明な少女である。
同ゲームの公式人気投票では第8位に輝いた。
ゲームもB級感漂うバカゲーながら良作との評価が高く、興味があればプレイしてみるといいだろう。

他にも『妖怪道』にローズマリーとゲスト出演している。
今はなきフウキ公式HPのサイトマップではマスコットキャラの『マイル』や人気投票1位の『ZERO ONE SP』のヒロインと一緒にいたり
BBSの名前が『アリスのマイる~ム』(現在は閉鎖)であったりと、看板娘としてスタッフから愛されていたようである。


MUGENでのアリス

  • の。氏製作 ブレード仕様
初期から存在していたアリス。
infoseek無料ホームページサービス終了によるサイト削除後は、特に名乗る名の無い流れ者氏が代理公開している。
特に名乗る名の無い流れ者氏とSt-Exupery氏がAIパッチを公開している。

そして、特に名乗る名の無い流れ者氏による改変版が公開されている。
アリスの周囲に4つのオプションがつくウロボロスのような性質のマジックブーストは実装されていない。



  • cafe氏制作 バスター仕様 & アリス!
新たにcafe氏作のバスター版とブレードの隠しキャラ版のセットになったアリスが公開されている。
ホルン氏のAIが公開されている。
DLは氏のonedriveから。



「案外弱かったわね!!」


ニコニコMUGENストーリーにて二人のアリスと出演した動画『アリスさん姉妹』が好評を博した。
余談であるが、MUGENにはアリスの名を冠するキャラは他にもあと3人ほど存在している。もうおまえら戦隊やれ。

出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中

出演ストーリー




*1 キャラクターの設定なのでスルーしていただければ幸いだが、IQとは年齢と比較して知識の発達具合を測るものなので、「10歳にして」というのは本来間違い。
10歳のIQ1300(知能年齢130歳)と20歳のIQ1300(知能年齢約234歳)では全く違うということ。
ただし成長速度の問題で18歳以上は実年齢を18歳程度で固定して計算する。もちろん知能年齢の方も幼少期の成長速度のまま知能が上がった場合の数値であり、別に知能年齢130でもボケ老人と言う事は無い。
因みにかのアインシュタインは功績からIQ173と推測されているが、そもそも彼の思考方法が一般人とはまるで違うものだったためIQで数値を図ることはできない。常人には理解できなかった為、幼少期は馬鹿と言われていた。所謂「馬鹿と天才は紙一重」である。
このようにIQで数値化できるデータは実は多くないし、そもそも頭の良さの絶対値ではない。
ちなみにIQ1300の元ネタは、NHKの人形劇「プリンプリン物語」のルチ将軍だと思われる。
(「知能~指数~、1300ッ!!」と自分自身で決め台詞として毎度高らかに叫ぶ)
要するにネタである。