ネイモア


アメリカのマーベルコミックに登場しているヒーロー。
初出は1939年の『Marvel Comics #1』と非常に早く、ヒーローの中でも最古参の一人である。
なお、ネイモアは個人名であり、ヒーローとしての正式名称は「ネイモア・ザ・サブマリナー」。おっぱっぴーとか言わない。
(一説によると、DCコミックのアクアマンと外見特徴が被った為に現在のデザインになったとか。設定も似ているし、あり得る話ではある)

純粋なホモ・サピエンスではなく、海中に住む人類ホモ・マーマヌス(要するに半魚人)である。
母親はアトランティス王国の王族で、父親が砕氷船の船長というハーフなため、人間に近い姿をしている。
当初はアトランティス王国の君主として、海を汚し続ける人間と対立していたが、
紆余曲折あって地上のヒーローたちと共闘するようになる。
ただそれでも、あまり地上のことには首をつっこまない上、やたらと態度も大きいのだが。
最近ではエマ・フロストとの約定によりミュータントの独立国家であるユートピアに在籍している。

ヒーローとしての能力は、海に関する物が多い。海中でもイルカ並の速さで泳げる上、水中呼吸も可能。
また、イルカ、シャチ、サメなど海に住む生物とある程度は意思疎通が可能である。
地上でも、飛行能力と100トンもの重さを持ち上げられるパワーで戦える。
放電能力も有しており、電撃を放って攻撃できたりもする。

人間関係も、かなり初期の方から出番があるため結構広い。
ただし、当初は敵対関係だったり、それ以降も陸上とは没交渉だったりとで、あまり深い関係はない。
キャプテンアメリカとは昔からの付き合いである他、ファンタスティック・フォーのメンバーとも仲がよい。
……一回インヴィジブル・ウーマンに横恋慕したせいで、リードと険悪になったりしたが。

現在はサイクロップスが建国したミュータント国家ユートピアとアトランティス王国が同盟関係を結んでいるため
本人は認めていないが実質的にX-MENのメンバーとなっている。
実際、基本的に戦闘の際にはサイクの指示で動いており、ユートピアの国政にも参加している。
ちなみにここでもサイクの現恋人のエマに横恋慕している。
何故ならネイモアの中では、 友人の恋人を寝取る=友人への尊敬を示す ということになっているから。
……何を言っているのかわからねーと思うが本人がそう言ってるんだから仕方ない異文化交流って大変ですな。

+ とうとうやらかしちゃった

しかし、ヒーローからヴィランヴィランからヒーローになったキャラクターはそれなりにいるが、
その両極端をここまで頻繁に行ったり来たりしているのは、ネイモアぐらいのものだろう。


MUGENにおけるネイモア

アメコミキャラでおなじみのZVitor氏によるものが公開されている。
基本的には格闘技で戦うが、超必殺技「アトランティックフラッド」を発動すると洪水が起き、
その間は電撃技「イールショック」などの性能が変わるようになっている。

AIもデフォルトで搭載されている。

出場大会




添付ファイル