這い寄る混沌


「今日は1月12日、はいよるこんとんの日~。

ファーストコンタクトが行われた日なのだが、いかんせんはいよるこんとんは……

……ッ!!頭が、頭が割れるゥゥ……!!」


ワイルドアームズシリーズに登場するモンスターの一体。無印の頃から登場している。
倒すと入手できる経験値と金が非常に高く、更にレアアイテムも持っているため、ほぼ全てのシリーズで
隠しボスを倒す準備としてレベル上げのため乱獲される。
しかし準備が整っていないと、大量の状態異常を与えてくる「アルカンシエル」や「人体実験」でパーティが壊滅状態になってしまう。
まあシリーズ通して必ずステータス異常を完全に防止する技や装備があり、それさえ整っていれば、
HPは高いので時間こそかかるものの作業で狩れる相手になるのは共通している。

1では一部の島にのみ生息する、いわゆるレアモンスター的な立ち位置。2では特定のモンスターを技で変化させると戦う事ができる。
(ちなみにこれは「侵略のため体を乗っ取ったらそこから出られなくなってしまった」というマヌケな理由かららしい。)
3では多数のテレパスタワーを地上に打ち込み、人類を侵略せんと情報収集や人体実験に明け暮れている。
しかし一部のテレパスタワーが破壊されると空飛ぶ円盤が目撃されるようになり、全て破壊されると巨大な母船との空中戦となる。
なお3と、1のリメイク版であるFでは「そっと這い寄る混沌」なる、体が大きく強力な上位種が存在している。
4以降は3ほどのピックアップもされず、1と同じく一種のレアモンスターとなっている。
ただシリーズ初のSLGであるXFでは「フラットウッズ」という地域にのみ登場する。
これは外見の元ネタが、過去のUFOブームで一時期話題になった「3メートルの宇宙人」こと「フラットウッズモンスター」であることから来ている。

元ネタは、クトゥルフ(クトゥルー)神話に登場する神「ニャルラトホテプ」の肩書の一つ。
元ネタについての詳しい話はそちらを参照。
複数の作家が設定を共有する「シェアワールド」の人気の悪役(邪神)である。

MUGENにおける這い寄る混沌

ベール=ゼファーリオン=グンタを作成したまっしろ氏によるものが公開されている。
現在製作中のキャラの息抜きに作られたキャラらしく、たった5日で作成したらしい。
そのため動きは少なく、技も強弱二つの通常技に必殺技が4つのみとシンプルな構成。
ただ必殺技のどれもが非常にいやらしく、混乱や毒、ゲージ減少などの状態異常を与えてくる。
最新の更新で超必殺技が一つ追加された。ただし3ゲージ技。

デフォAIは入っていないが、蜂百合氏制作の外部AIが公開されている。

また、SFCウルトラシリーズのドットを使ったウルトラ戦士
敵の怪獣達を製作・公開している同名の制作者が存在する。
由来は恐らくこのモンスターからだろう。

出場大会

登場ストーリー