アンソニー・ホーク

「押忍!」

格闘技:空手
出身国:スイス
身長:182cm
体重:91kg
生年月日:1964年9月17日
年齢:30歳
血液型:A
好きな物:日本料理
嫌いな物:瓦割り*1

1994年に彩京が製作した格ゲー『バトルクロード』のキャラクター。
幼年より空手を始め、破竹の勢いで欧州空手トーナメントを制覇した無敵の “超人”。
その技の切れ、スピードは格闘界の芸術とまで賞される。
また、彼は全日本空手道選手権で優勝した唯一の外国人でもある。
ポスターやイラストなどでは大きく扱われており、バトルクロードのメインキャラと言えるだろう。

モデルは「かかと落とし」で一躍有名になった格闘家、アンディ・フグ氏。
しかしゲームの発売時期はまだK-1に転向して間もない頃で一般的にはまだそれ程有名ではなく、チョイスとしてはマニアックな部類に入る。
90年代の格闘技ブームの、そしてその火付け役となったK-1の最大の立役者であろう。

エンディングでは王者になってからも修練に身を費やす姿が写しだされる。
今見ると少し切ない気持ちにさせられるエンディングである…。


 アンソニー ホーク 30歳

 彼の修練は、まだまだ続く・・・・・・



原作での性能

原作では空手家枠として登場し、コンパチキャラに大山正道がいる。
アンディ・フグの代名詞であるかかと落としを使えるのはアンソニーだけだがそれ以外は全く同じ。
なお他流派と違い、固有技のかかと落としは通常技(立ち大K)であり、必殺技は全て同じである。

技の威力やリーチ、速さなどバランスが取れたキャラ。
必殺技は掌打や抜き手、後ろ回し蹴りなどスタンダードな空手技で、
特徴的な物は胴回し回転蹴りチックな「双転脚」やチックな「双掌震」ぐらい。

中距離ではリーチの長い上段のかかと落としや「踏込掌打」と下段の「下段右後回し蹴り」を使い分け牽制し、
近距離では小P連打から中攻撃に繋ぎ、更に必殺技でキャンセルして連続技を延ばす、という基本で堅実な立ち回りが出来る。
特に中攻撃キャンセル「下段右貫手」or下段右後回し蹴りはほとんど上下段同時攻撃なため常人にはまず見切れない。
空手枠は中Pと中Kの両方が必殺技でキャンセルでき、更に必殺技も上下段で使い勝手の良い物が揃っており、
ダメージ耐性のため攻撃を散らす(違う技を使う)必要のあるこのゲームでバランス良く技を使い分けられる点が最大の強み。
とはいえ多用するのはやはりリーチの長さと出の早さに優れ、そして下段攻撃の下段右後回し蹴りで、
ステップインキャンセル下段右後回し蹴りは予想外に遠い所から見えない早さで飛んでくるためかなり厄介。

なお、空手家枠の特徴として腹部・脚部への攻撃には強いが頭部への攻撃に弱い。
これは多くの空手の公式戦のルールが頭部への打撃を禁止している事に由来している。
この辺りは実際の空手の試合を見れば一目瞭然であろう。


MUGENにおけるアンソニー・ホーク

ですからー氏の製作したものが公開されている。
フェリルの作者であるティーフ氏の公開エフェクトが使用されており、原作よりも派手な印象を受ける。
また性能も原作とは大きく異なり、必殺技も大きく変更され、ゲージ技などが追加されている。
クセの強い原作よりも使いやすいキャラになっているといえるだろう。
飛び道具はなく接近戦で押していくタイプだが、蹴り技のリーチが以外に短く、自ら深く飛び込んでいく必要がある。
3ゲージ技の『貫き手』は強力な火力を誇り、「我慢補正」や「根性値」といったシステムにより
不利な状況になるほど攻撃力がアップしていく為、強化された状態でヒットすれば一撃による逆転も在り得る。
AIはですからー氏のものが実装済みであり11段階に調整可能。


 「空手こそ、

           世界最強の格闘技なのだ」

出場大会



*1  なぜ空手家である彼の嫌いな物が瓦割りなのか?
モデルであるアンディ・フグと瓦割りでピンと来た人はかなりの格闘技マニア。

正道会館カラテワールドカップ'93において決勝に進んだアンディは佐竹雅昭と対戦、
試合序盤にかかと落としでダウンを奪うも技有りにはならず、引き分けとなる。
その後延長戦→再延長戦→グローブマッチ→グローブマッチ延長戦と戦うが決着が付かず、
瓦の試し割りの枚数勝負にもつれ込んだ結果、佐竹9枚に対しアンディ8枚となり佐竹が優勝した。
終始試合をやや優勢に進め、判定の度にガッツポーズを見せていたアンディにとって
文字通り涙の敗北となった。アンディがK-1に参戦する直前のことである。

…というか、こんなエピソードまで取り入れたスタッフはすごいと言わざるを得ない。
ちなみにコンパチの大山正道のモデルも佐竹雅昭であり、この辺りを意識しているのが伺える。