ローランサン


Bon soir(こんばん1001)

ローランサンとは、幻想楽団「Sound Horizon」の楽曲「Roman」に登場するキャラクター。ロランさんではない。
「少年は剣を…」の黒き剣を持った少年ともされている。綴りは”Laurencin”。台詞担当は保志総一朗

+ Romanとは

+ 少年は剣を…とは

直接ローランサンの名前が登場するのは「見えざる腕」のみ。「緋色の風車」と交差する物語であるとする解釈があり、風車の"少年"とローランサンは同一人物だといわれている。
また「緋色の風車」は歌詞のフレーズから「天使の彫像」と繋がるとされることもある。「呪われし宝石」にも名前が出てくるが同一人物かは不明。
「緋色の風車」が先行収録された「少年は剣を…」に登場する少年であるともされる。
なお、Sound Horizonの曲の解釈の仕方は人それぞれであり、ここにかかれたものはあくまでも一説にすぎないことを明言する。

漫画版「Roman」でも登場していて、「見えざる腕」「緋色の風車」「天使の彫像」が関係している解釈になっている。

+ 漫画版Romanでは

Au revoir(さようなら)


MUGENでは


リアス式海岸氏によるD4手描きキャラが∞アップローダーで公開されている。主に漫画版が元になっている。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12558238
使用するのは3ボタンのみで、それぞれ通常攻撃のA、特殊ゲージ消費攻撃のB、時の流転及び一撃殺技のCとなっている。
また三つのモードがあり、最初の少年モードは「緋色の風車」のローランサンが元になっている。
意図的に弱くなっているが時の流転(ゲージMAX、体力が60パーセント以下の時のみ)を使用することで二つのモードに変化することが出来る。
このとき時の流転を地上で使ったか、空中で使ったかによって変化モードが決定する。
地上で変化した場合は「見えざる腕」のローランサンが元になった青年モードになる。青年モードでは一発一発の威力が高い。
空中で変化した場合は「少年は剣を…」のイメージが元になったと思われる翼モードになる。攻撃力は低めでリーチも短いが多数のストライカーを駆使する。
青年モードと翼モードの両方に一撃殺技があり、どちらもゲージMAX、相手体力33パーセント以下で使用可能。
なお、翼モードの一撃は演出がやたら長いが設定で短縮版に変更することも出来る。
AIはデフォルトでついているが、おかしな挙動を抑えるためだけのものでコンボなどはほぼ使用しないらしい。
また、蓬莱氏が外部AIを公開している。

また、上記のキャラをG-sho氏が改変したものも存在する。
こちらではモードチェンジしないが、一部の技で一時的に姿が変化する。
デフォルトで歩兵氏によるAIが搭載されている。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm16002058

出場大会


少年は手に『剣』…背に『翼』…瞳に『未来』を――


添付ファイル