セネター


「Violence is the problem with violence.」

セガが1993年に発売した格闘ゲーム『エターナルチャンピオンズ』の登場人物。
と言ってもマイケル・ムアコック作の傑作ファンタジーとは関係ないので注意。
正確には2作目の『Challenge from the Dark Side』からの登場である。バーチャルコンソールでも配信された1作目には登場しないので注意。
この2作目も日本では未発売のため、「エターナルチャンピオンズは知っているがこのキャラは知らない」と言う人もいるのではないだろうか。
「Senator」は英語で「上院議員」の意味。彼も議員さんのようである。

性能

本来格闘する人でないためか、かなり個性的な技を持つ。
短時間反撃体勢をとり、攻撃と同時に上空から反撃する「Rebuttal」が地味に強力。
また、札を投げて貼り付け、攻撃を禁止する「Ban Violence」もうまく当てられれば主導権を握れる。
直接殴り合ってもそこそこの強さがあるが、こういった技を使いこなすと強くなる上級者向きのキャラである。

余談だが、彼の技はほぼ全て政治用語になっている。
「Rebuttal(反論)」「Veto(拒否権)」「Mudslinger(個人攻撃)」など。

MUGENでは

hsiehtm氏によるものが公開されている。
バージョンは0.11とのことだが、基本技も必殺技もほぼそろっているので使用する分には問題ない。
AIもデフォルトで搭載されている。

「Citizen!」


出場大会