F.O.E.


森の道を進む君たちの耳に遠くから激しい咆哮が聞こえてくる!
何者とも知れぬ叫び声にあわせ蹄のようなもので地をける激しい足音まで響いてくる。
君たちの近くに、今まで戦った敵とは比較できないほど巨大で恐ろしい敵が近づいてきているのだ!


世界樹の迷宮シリーズに登場する、フィールド上を徘徊するモンスターの総称。
本家シリーズ以外の『ペルソナQ』や『世界樹の不思議なダンジョン』にも登場する。
「F.O.E.」とは"Field on Enemy"の略であり、foeという単語自体も「敵」という意味を持つ。*1
フィールド上では記事上部の図のように動きまわる一色の火の玉のような姿をしている。
(4以降は個別の3Dモデルが表示されるようになったが、その後もこれがF.O.E.を示すアイコンとして用いられている)

接触すると戦闘になり、そのフロアに登場する他の雑魚敵とは桁違いの強さ を誇る。
それと同時に、移動のパターンを読んだりマップ上のギミックを駆使したりすることで、F.O.E.との戦闘を回避出来るようになっている。
そのため通常攻略時は、思考錯誤を重ねてF.O.E.との戦闘を回避することになる。
まあ大抵は初見で動きを見切れず戦闘になり、為す術も無く殺されて(俗にこれをHAGEるという*2)トラウマになるのだが。
なお徘徊、接触の判定は戦闘中のターン経過でも発生するため、一部のF.O.E.付近では戦闘ターンにも注意する必要がある。
「雑魚と戦闘中、F.O.E.が乱入してきて死んだ」「なんとか倒せるF.O.E.と戦闘中、他のF.O.E.が追加で来て死んだ」なんてことも。
その分強力な装備を作る素材を落とす相手も多く、十分な対策と準備の上で挑めばPTの大きな戦力強化も狙える。

1にて結局経験値や素材のために『狩るべき敵』になってしまったことを反省してか、
2では『知恵を絞って避けるべき障害』であることを強調するため倒しても取得経験値が0になり、
代わりにマップ上でのF.O.E.の動きをコントロールするスキルやアイテムが登場したが、
不評だったのか3では経験値を貰える仕様に戻っている。

+ 一種類だけでないF.O.E.の概要

+ 主なトラウマ一覧

MUGENにおけるF.O.E.

ソードマンを作成したKFC?氏制作のものが存在する。
ただし、その姿は毛玉の顔の下にやたらマッチョな体が付いているというものだが。
ドットのベースはユリアンのもの。毛玉を打ち出したり鹿を呼び出したり、タックルしたり…。
いや本当にどうしてこうなったと言わざるをえない。
一応無意味にマッスルになってるわけではなく、上記の動画(主に1:19~)が元ネタなのだが。
ネタ成分が遥かに上回っているのは確かだが、上記の原作FOEが持っていた技っぽい攻撃が搭載されており、
効果音は世界樹の迷宮のものが使われているなど芸コマな部分もある。
めそっぷ氏のAIが公開されている他、名無しのぽろろ氏による12P専用AIが公開された。

この他、MUGEN入りしているクラーケン昏き海淵の禍神もF.O.E.の一種である。
+ 余談

出場大会

出演ストーリー



*1
『ペルソナQ』では「フューシス・オイケロン・エイドロン」という名称だったり(もっとも作中では殆どF.O.E.と呼ばれる)、
『世界樹と不思議のダンジョン』ではD.O.E.("Dungeon on Enemy"の略)という区分で登場したりするため、
(並はずれた強さの)敵という意味であること意外に深い意味は無いと思われる。

*2
由来は2chの「世界樹の迷宮で全滅したらhageるスレ」("ageる"の入力ミス)。
公式用語では無いのだが、世界樹プレイヤーには広く浸透したスラングである。

驚くべき事に、『新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女』ではなんと 「ぜんめつ」の予測変換でhageと表示される。
これ以前にも公式が予期せずプレイヤー間で生まれた慣習(例:「アリアドネの糸(脱出用アイテム)は持ったか?」と迷宮の入り口にメモを貼る)を公式側で会話文にこっそり混ぜてきた例があるので、ノリが良い公式の一例といえる。


添付ファイル