ペットショップ


「グギッグギッ ニタリ」

プロフィール

ジョジョの奇妙な冒険』第3部に登場する、DIOの館の番犬ならぬ番鳥。
DIOの館に侵入しようとする者に襲い掛かるハヤブサであり、スタンド「ホルス神」で氷を操る
命令に忠実で、イギー曰く「殺りく追跡機械」。
その名の通り、屋敷を調べたり近付いたりした者は人間でも動物でも一切の区別なく惨殺し、決して逃がさない。
(但し、意図的に近付いた者と単に近くを通りがかった者とをそれなりに冷静に判別しており、
 やたらめったらに襲い掛かっているというわけでもない)
命令に忠実なだけでなく、殺した犬の眼球を啄ばむなどその行動には強い残虐性が見られる。
名前の元ネタはイギリスのバンド「Pet Shop boys」。

表記にはブレがあり、原作初登場時や格闘ゲーム版では「ペット・ショップ(中黒入り)」で表記されている。

+原作ネタバレ

最初はDIOの館まで侵入してしまった少年を始末しようとするが、助けに入ったイギーにターゲットを変更。
下水道に逃げたイギーを追撃、彼の左前足を奪う。その後、水中に逃げたイギーをさらに追撃。
至近距離で口から出した氷のミサイルを食らわせようとするが、
イギーに嘴を噛まれミサイルが暴発、嘴や口内をズタズタにされそのまま死亡した。

なお、話の尺の関係かキャター同様、OVAには登場しない。
逆にTVアニメ版ではポルナレフがDIOと出会ったシーンの回想で原作でDIOが肩に乗せていたオウムの代わりに登場と、かなり早い段階での出番を貰っている
10:04ぐらいから

+スタンド「ホルス神」
破壊力 - B スピード - B 射程距離 - D
持続力 - C 精密動作性 - E 成長性 - C
9栄神ナンバー2に位置する、天空の神の名を冠したスタンド。
大気中の水分を凝結させ、氷を作り出す能力を持つ。
スタンドの像は翼の無くなったプテラノドンの骨格から胸辺りでトゲのように骨が六本生え、その先端に氷が流線型で握られているといった風貌。

スタンドのパワーによって自然現象の一部を作り出すという点ではモハメド・アヴドゥルの持つスタンド、マジシャンズレッドと近い系列であるが、
マジシャンズレッドとは違い作り出す氷はあくまで空気中の水分を凝結させて作った実体であるためスタンド使い以外の人間にも視認できる。

主な攻撃手段は、作り出した氷柱をミサイルのように発射するというもの。
複数本の同時発射や連続発射も可能で、本体の機動性とあいまって高い攻撃能力を持つ。
応用として、本体の口の中から氷柱を発射することもできる。
また、空気中の水分を大量に凝結させることで巨大な氷塊を作り出し、敵を車ごと押し潰すなどの大掛かりな攻撃もできるスタンドパワーを持つ。
本体の周囲を冷却することで放射状に地面や壁を伝わせ、相手の体を氷で拘束するという攻撃手段もある。

物体を凍らせる場合は自然現象の通りではなく、自在に凍らせることが可能。
作中では、自らの傷口だけを凍結させ止血するという使い方もした。

劇中ではどちらかというとペットショップ自身が直接氷を撃ち出すことが多く、スタンドの像はあまり出て来なかったため、
ミサイルのように氷柱を飛ばしながら高速で飛行し獲物を追い詰める本体の怪物っぷりの印象の方が強いかもしれない。

同じく氷を使った能力を持つ同作品の第5部に登場するギアッチョのスタンド、「ホワイト・アルバム」と比較されることが多い。
ただギアッチョは直接凍らせるのに対しペットショップは氷を瞬時に作るのみで凍らせようとしないところを見るとお互いの能力には結構違いがあるようである。

余談だがスタンドの由来となったホルスはオービーくんダービーのスタンドにもなってるオシリスの息子でアヌビスとは異母兄弟にあたる。


ゲーム『ジョジョの奇妙な冒険』でのペットショップ


愛称はシンプルに
単純だがそれで十分通じてしまう存在感がある(理由は後述)。他の愛称はペトショ、番鳥等。
まあ、原作の次点で鳥のキャラなんてペットショップしかおらず、ジョジョで鳥と言ったらコイツになるのはある意味仕方ない。
犬で通じるイギーダニーのようなものである。
2作目『未来への遺産』からの追加キャラとして登場。PS版にも登場している。
しゃがみ時以外は常に羽ばたいて地面から浮いているので足元の判定が無い、
ジャンプの代わりに空中を自在に羽ばたける(高度制限はある)という特殊なキャラクター。

後述の圧倒的な性能を誇るためにチートキャラや壊れキャラ、バグキャラなどと呼ばれている。
+ペットショップのチートな性能まとめ
  • かなり強い判定通常技
  • 8割減る基本コンボゲージ不要。ゲージがあればもっと減る)
  • 画面上からツララを落とす技「アイスィクルピック」の性能が壊れている。
    攻撃ボタンを押しっぱなしでタメて画面上部にツララを生成し、ボタンを離すと落とすという技なのだが……
    • 1ボタンにつき1つずつタメられるため、最大3個までストックできる(ただし攻撃を食らうとタメていたツララは全て消滅する、ガードではセーフ)
    • ガード中でも普通に出せる(タメていたボタンを離せばその場でツララ落下)という格ゲーの常識を覆す特徴を持つ。
      固めていたと思ったらいつの間にか死んでいた
    • しかも中段判定。優秀な下段もあるので、すごく簡単にガード不能連携が組める。
      ツララは3本もあるので、1本ずつタイミングをずらして落としつつ下段と混ぜれば非常に対応しづらい。さらにここから基本コンボにつながる
    • ツララ出して待たれる→手を出すと死、出さないとガー不連携で死
  • 優秀な飛び道具「フリーゾン」
    • 隙少ない・自動追尾・当たり方次第でエメラルドスプラッシュをもかき消す等、スパコンを除いた飛び道具の中では最高の性能を持つ
    • スタンドボタンを使うため、ツララを3本タメている最中にも問題なく使用できる
  • 機動力がトップクラス
  • 常に宙に浮いてるので低い攻撃が当たらない→一部のキャラの下段判定の攻撃が当たらない=ガード崩せない+コンボ始動技が当たらない。
    画面上隅まで飛ばれるとろくに手が届かないキャラも
  • 受け身後に食らい判定が消えるため、空中でお手玉されることがない。
  • 起き上がり速度はアヴドゥルラバーソールと並ぶ最速の部類で、鳥への起き攻めは困難。
  • ゲージ技もすべて 高性能+コンボに簡単に組み込める+ぶっぱも強い と三拍子揃っているのでゲージを腐らせる事も無い
何かがおかしい基本コンボ
簡単な性能解説
ガードさせても攻撃が飛んでくる、意味を成さないガード、
ぶっ飛んだコンボ火力理不尽な喰らい判定後述の弾幕による恐怖の固め・崩し・中下段と、揃ってはいけないものがすべて揃っている
また、格ゲーとは思えないほどの低コスト弾幕は、軽くを凌いでいる。多分そっちの門番出るゲームを間違えたんだろう
実際回り込みが無かったら適当に弾丸とツララをバラ撒いてるだけで一部のキャラは詰むグレイズさせろ。
おまけに、アレッシーのスタンドを食らうと卵にまで退行する癖に何故かこの状態でも強いなんなんだアンタ
お前のような卵がいるか(アレッシーモード)
一応、そんな鳥にも弱点が無いわけではないのだが……
+鳥の弱点?
  • 飛行中は空中ガードができない→代わりに空中で回り込み可能な上に機動力高い。またPS版では普通に空中ガード可能
  • スパコン以外の技に削りが無い→ガード崩し性能が高いので削る必要がない
  • GCが発生遅い上に無敵短い→アイスィクルピックがあるので使う必要なし
  • ダウン中に押し返し判定がないため鳥専用の表裏二択が全キャラにある→起き上がり速度が早いので難易度が高い
  • ツララを溜めている間は攻撃ボタンが使えない(1つ溜めると回り込み、2つ溜めるとスパコンが出せない)→余ったスタンドボタンによる飛び道具が超優秀
  • 防御力は全キャラ中最低→代わりにコンボ火力が高い
と、ほぼ他の要素でカバーできるような感じである。

病人オクラと同等かそれ以上の異常さだが、このゲームの「全体的に対空性能が貧弱」「リバーサル不能」といった仕様も重なり、
空中戦主体のペットショップは相対的に強さが跳ね上がっている。実際、その強さから大抵の大会で使用禁止にされている。
しかもバグ技前提のアンクアヴとは違い、鳥は特にバグを使っているわけではない。
そのため「キャラ選択画面にはいないことになってます」とまで言われることも。ちなみにこいつもレバー二回で選択できる

CPU操作でも相当強く、PS版のスーパーストーリーモードでも、ラストステージよりこいつ相手のステージの方が数段難しいと言われるほど。
長らく全キャラに対してほぼ有利と思われていたが、
研究の進んだ現在においては、下段が鳥の立ちに当たったり、火力が高かったりする等鳥に対して互角に戦えるキャラもいる。
特に影ディオと花京院は「理論上は有利」と言われ、承太郎やDIOは鳥の防御力の低さや切り返しの弱さにつけ込んでゴリ押せば意外と何とかなる。
鳥が特殊過ぎる故に、他のキャラから乗り換えて慣れるまでには結構な労力と時間を要するため、以前ほどの猛威はなりを潜めている。

尤も、他キャラで鳥に対抗出来るようになるまでの労力と、鳥をひと通り動かせるようになるまでの労力では前者の方が圧倒的に大きいわけだが・・・
+ガチで鳥を極めるとこんな感じに(YouTube)
PS版(空中ガードこそ可能だがAC版よりも少し弱体…化?)

2012年に配信が開始されたHDverでは、その凶悪ぶりから弱体化されるのではとも噂されていたが、
ゲームの中身はほぼベタ移植だったためやはり性能はそのままだった。
…どころか、唯一とも言える弱点だった紙装甲も、全キャラ防御力が同じバグに調整されたことで克服。
+検証動画(YouTube)
このせいでネット対戦では鳥を使うだけで対戦を敬遠されるなどの事態も起きている模様。哀れペットショップ…。


余談だが、SFCで発売されたコブラチーム版ジョジョにボスとして登場した際も、
それまでのボス敵から比べると格段に強さが跳ね上がり、恐ろしい強さを見せつけていた。


後に発売されたPS3・PS4用オールスターゲー『ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン(EoH)』にも、
3部からの出場キャラの一人(一羽)として鳥が参戦。

全キャラ中唯一全ての移動が飛行となっており、遠距離から死角を突いて氷のミサイルで戦う戦法を得意とする。
ただし3部ゲー同様に本作でも体力が非常に少ない他、連続飛行して一定時間が経過してスタミナが切れると地上に留まり移動できなくなるデメリットがある。
……のだが、やはり3D空間での飛行はかなりアドバンテージがあり、自動照準するミサイルの誘導がかなり強力な上に、
ステージによっては安全にスタミナ回復できて飛行がほぼノーリスクだったり、
さらには無限飛行のバグ等まで見つかってしまうなど、こちらでもかなりの強さを誇っている。
タッグマッチの相方がDIOで彼が再起不能時になった場合は専用の演出になるのだが、
ヴァニラ・アイスの専用演出が強烈過ぎて印象に残りにくい(他のキャラの場合はニヤリと嘲笑する)。
原作で台詞がない上にカメラをズームさせるだけなので地味になってしまうのは致し方無いのかもしれない。

また、当然ながら原作で敵対したイギーとの対戦専用掛け合いがあるのだが、
それだけでなく、何故かイギーとのコンビ専用掛け合いまで存在する。
イギーとペット・ショップの掛け合いは6:42辺りから


MUGENにおけるペットショップ


+Kemco_SpaceHunterVigor氏製 PS版仕様 ※公開停止
  • Kemco_SpaceHunterVigor氏製 PS版仕様
mugenでは古くから存在しているペットショップ。
初期のニコmugenでは簡易AIしか入っていなかったため、あまり活躍できずにいた。
その後el氏によるAIが公開され、エルクゥを撃破するほどの強さになり、晴れて狂キャラ入り。
現在では狂ランクの大会や、チームトーナメントの大将などで見かけるようになった。
完全な原作再現ではないにせよ、原作準拠キャラクターの狂キャラ入りは最強の尖兵以来の快挙(暴挙?)であった。
しかも、彼がボスキャラなのに対してこちらはれっきとしたプレイヤーキャラという…
まあ、それ以後も他にも増えてきたようだが。CAPCOM自重しろ

現在はキャラ、AIともに公開停止されている。
一時期el氏のAIは動画使用禁止となっていたが、
迷惑を被る方がいないか、人目に曝すことによって気分を害する方がいないかに注意をしてくれれば今後自由に使って頂いて構わない」
とのこと。

+大会ネタバレ
その圧倒的な弾幕から、弾幕グランプリではATKを大分下げられた状態であっても
東方や他の強豪を出し抜き、初代・続とも優勝してしまい、自らの名がついた大会まで開かれた。

+鳥事情
しかし、強すぎるのも困り者で大抵の大会には出られず参加するのは上述した通り狂大会が多いのだが、
それらの大会ではまったく格ゲーをしない面子が集まることが多く、弾幕やコンボをものともしないハイパーアーマーや空に逃げても意味がない。
全画面攻撃連発などは普通であり、中々良い成績を残せないでいる。
一方、狂以下の大会でもデフォAIでは満足な調整ができず中途半端な強さになってしまい、
年々進み続けるAIインフレについて行けず、他キャラのかませ犬にされたりと不遇な立ち位置にいる。

まぁプレイヤーキャラでありながらアレンジの多い狂キャラの枠内にいること自体おかしいのだが。

+rei氏製作 DC版遺産仕様
  • rei氏製作 DC版遺産仕様
こちらは全体的に原作再現(ドリキャス未来への遺産)仕様。
gal129氏作のイギーに対して原作漫画のシーンを再現した特殊イントロも追加されている。また、デフォで三段階に調整可能なAIを搭載。
初級レベルでは原作初級プレイヤーにありがちな動きを再現した、後方上空に逃げつつ飛び道具を撃ち続ける厨プレイ弾幕戦法を見せつけてくれる。
人操作なら対処は容易だが、AI戦では相性差が極端になり機動力の低いキャラ相手にはひどい絵面に。タッグ戦はこちらが適任かもしれない。
中・上級レベルになると、やはりというか何というかガード困難連携から8~10割減らしてくる。でも原作再現なので何も問題ありません。
ガン逃げではなく自分から攻め込んできてくれる分、どうにか戦いになるのでまだマシといえるが。
なお、AI製作は自由となっているが、技性能をいじらない、AIは1からつくることが条件。
誰かの手によりもしかしたらさらに強い姿を拝めるかも……知れない。

外部AIはリューゲンでおなじみの木。氏によるものが公開されている。
8段階まで調整できるようになっており、デスフリーズループコンボとタメコマンド制約無視使用のスイッチも存在。
デスフリーズループコンボをONにするとギガフリーゾン→つらら→ギガフリーゾン→つらら→etc… とゲージが続く限り撃ち続ける。
あくまでゲージを使うので永久にはならないこともあるが、3ゲージあれば並のキャラはほぼこれで倒される。
現在ではレベル6のマスターギースに勝てるほどの実力となっている。
mugenで鳥と言えば上記のel氏のAIが有名だが、公開停止中の現在、こちらのペットショップの活躍が期待される。

これらに加えて、最近では狂アレンジの施された改変キャラが公開されている。

+雑魚氏製 猛禽王ペットショップ
  • 雑魚氏製 猛禽王ペットショップ
一度に落とせるツララの増加や、1ゲージ消費でステ抜け使用など見た目以上に強化がされている。
設定で弱体化できるが低くしても通常の本体よりかなり強い。
+名無しのぽろろ氏製 ジョインジョイントリィ
  • 名無しのぽろろ氏製 ジョインジョイントリィ
こちらも見た目はあまり変わらないが、大ダメージ無効、数ヒットで喰らい抜け、一部技の属性の変更など本体性能が大きく変化。
さらに「トリボロス」という技が追加されている。
これは某忍者のように一定時間ツララを自動発射するという技だけあって、これが使えるかでランクが大きく影響する。
+名無しのぽろろ氏製 置き物ペットショップ
  • 名無しのぽろろ氏製 置き物ペットショップ
名無しのぽろろ氏が新たに公開したペットショップ。
初公開日は15/04/10。この日はアニメ版ジョジョの予告でペットショップが登場した日である。
常にホルス神に止まっており、自力での移動が一切不可能
しかし攻撃が非常に苛烈で、大量の飛び道具で画面を制圧する。こちらもトリボロスを使用可能。
簡易でAIが搭載されており、竜子1stアザゼル1Pに勝てるため狂最上位以上はあると思われる…が、
ダメージ条件が特殊、攻撃が飛び道具のみ、即死攻撃が無いといった性能のため相性が出やすい。


出場大会

+...
シングル
タッグ
チーム
その他
更新停止中
削除済み
凍結
非表示

出演ストーリー

+...
3年J組ドラゴン先生
KING OF FIGHTERS X
Lucid Dream
MUGEN STORIES INFINITY
MUGEN学園カラス部
MUGEN町 任侠伝
No.9でつきぬけろ!
Tea Party of Witches
Transfer Avengers
アリスとラオウ
いおりんやったれMUGEN譚
ウドン13(人語を話す隼)
クロス・ゼロ
香霖堂夜想曲
こんな緋想天は嫌だ
魂魄セカンドライフ
すごい漢シリーズ
となりのむかいさん(美声)
覇亜斗の拳 ∞聖女伝説
パーフェクトソルジャーは動かない
ヒトリものがたり
飛竜の旅
むげコン!
(第0回)└ よいこのMUGENどうわ「シンデレラ」
無限超時空大戦
無限旅行
妄想式家族計画(喋るし,語尾が「○○ッス」)
幽香の農業王国物語
ロック・ボガードの憂鬱(うp主)