ゲッター3


「逃がさねえぞ~~、大雪山おろ~~しッ!」

石川賢の著作『ゲッターロボ』に登場する合体巨大ロボ「ゲッターロボ」の形態の一つ。
全高20.0m、重量250t。キャラピラ状の下半身と、多関節のジャバラ状の腕が特徴。
ゲッター1や2より重いが、これはゲッターには反重力装置が搭載されており、そのパワーをゲッター1は飛行用に、
ゲッター2は高速移動のための機体軽量化に、そしてゲッター3では反重力装置の出力を抑えることでパワーに出力を回しているため。
『ゲッターロボ』におけるメインパイロットは巴武蔵。後述するように漫画版では早乙女博士も操縦した他、
続編『真ゲッターロボ』、OVA『真ゲッターロボ 世界最後の日』では車弁慶も操縦している。
なおOVA『新ゲッターロボ』でもデザインは異なるが同名のゲッター3が登場する。
こちらのメインパイロットは武蔵坊弁慶。……と言っても史実の源義経の部下のあの人ではなく、
「武蔵坊」という苗字の現代の青年である。ややこしいわ

3機のゲットマシンのうち、ベアー号が頭部と腕部、イーグル号が腹部、ジャガー号が下半身を構成する。
重量戦及び水中活動に適した形態であり、格闘戦を得意とする。パワーは90万馬力。
主な武器は、怪力を活かした格闘技の「ゲッタースマッシュ」、肩に搭載されたゲッター1の足「ゲッターミサイル」など。
その他、メインパイロットの巴武蔵が本来生身で使用する柔道技「大雪山おろし」を再現できる。
また、媒体によって鼻の有無、腕の色などが変わる。

1974年のアニメ版ではゲッターロボの形態の中で唯一空を飛べない形態でもあったが、
オプションパーツで空を飛ぶ回などを経て、改良されたのか短時間なら飛行可能となった。
またゲットマシンに分離して空中の相手の上でゲッター3に合体し、パワーを活かして
相手の武器であるプロペラを破壊するなどの戦法も使用した他、水中だけでなく地上戦でもしばしば活躍している。

余談だが漫画『鉄のラインバレル』のハインド・カインドの伸びる腕はゲッター3のオマージュである。

+ 漫画作品でのゲッター3の活躍

+ 当時の人気

+ 外部作品でのゲッター3

+ 必殺技:『大雪山おろし』について


MUGENにおけるゲッター3

真ゲッター1ラ=グース同様、Nobuyuki(信遊亀)氏が制作した手書きキャラが2010年11月13日に公開された。
3Dグラフィックで作成されており、まだβ版とのこと。AIは未搭載。
ゲッタースマッシュ、ゲッターミサイル、大雪山おろしといった技が再現されている。

イントロの台詞は1974年のアニメ版(声:西尾徳)のようだが、
腕が伸縮自在になっており、大雪山おろしが上向きに敵を放り投げる技になっているなど、
全体的な技のイメージはスパロボやOVA版以降の近年のゲッター3のイメージとなっている。

使う時には、画像のように特殊な体形なので下半身の食らい判定がグラフィック通り少し前まで出ているので注意。
下半身の一番先端まで食らい判定があるわけではないが、下段攻撃には気をつけよう。

通常攻撃と必殺技である投げ技は技のリーチが短めで、接近戦には強いが距離を取られると厳しい。
一応ゲージ技にはリーチのある技や飛び道具もあるが、後述のように隙があるので上手く使う必要がある。
またこれらのリーチの長い攻撃をもってしても、弾速の速い飛び道具で固められると厳しく、そうした技を持つ相手は苦手としている。

同作者の真ゲッターと同じくゲージは常に増加していく仕様だが、それゆえ強力な技のゲージ消費は大きく、
ゲージを消費する必殺技の威力も割と低めだったり発動前と後に案外隙があったりする。

+ ゲージ技の性能解説

このように欠点もあるが、上手く使えば強力な技を持っており、
動きも3Dモデル使用キャラの例に違わずよく動くので、人操作での活躍に期待したい。
タッグ戦で使う時は飛び道具があったり遠距離戦に強いキャラを相方にすると、弱点をカバーしてくれるかもしれない。

2012年1月25日には、medesu氏による外部AIも氏のskydrive公開された。
近づいてくる相手は大雪山おろしでどんどん放り投げるので接近戦主体の相手なら凶キャラであっても割と勝ったりする。

出場大会




添付ファイル