ところ天の助


「揺れるんだよ、キミ達の声の振動で」


週刊少年ジャンプで連載されていたギャグ漫画「ボボボーボ・ボーボボ」の登場人物の1人。
見ての通り(?)、食べ物のところてんである。
アニメ版でのCVは園部啓一氏。格ゲー的には『堕落天使』の人造人間タロウ。

プロフィール
  • 身長:自由自在(普段は155cmほど)
  • 体重:45パック分(何の45パック分かは不明)
  • 血液型:ライチ型
  • 年齢:賞味期限切れ(ところてん歴34年なので実質34歳)

毛狩り隊Aブロックの隊長であり、初登場は2話と実は首領パッチより早い(ちなみに首領パッチは3話)。
実力はそれ相応で「プルプル真拳」を使うがボス格の敵を倒したかと思えば「ぷるん」の効果音1つで終わり大した決定打にならなかったりとムラが激しく、
本人の戦闘意欲に左右されるようである。
主人公たちと互角に戦っていたと思いきや、後半はビビりで雑魚という扱いになった。
というかこの漫画で戦闘能力とかまともに考察するだけバカみたいなもんだが
また身体が柔らかいため敵の攻撃やときにはボーボボに盾にされるなどしてバラバラになってしまうことも多いが大抵すぐに復活している。

ひらがなの「ぬ」が好きであり(ちなみに嫌いなのは「ね」)、「ぬのハンカチ」を筆頭に「ぬのグッズ」を大量に所持している。
ぬのハンカチは防御に使用されることも多いが機能しているかどうかは甚だ疑問である。
ゲーム版ではミニゲームのひとつにインベーダー風のゲームがあるが、そのときに防壁のかわりにぬのハンカチが使われている。
しかし、防御できず貫通し、ただボロボロになっていくだけと言う悲しい性能だった。

なお、この「ぬ」を偏愛するようになったのは、作者がたまたま見かけたカタカナの「ヌ」のハンカチに強烈なインパクトを覚えたかららしい。
結果として、ぬのハンカチは遊戯王にまで登場することとなった。

20年前はDブロック基地隊員であり、その後黒板消しになったが使われる前に溶け、
スーパーで10円で売られるようになったが売れ残っていたところを再び毛狩り隊にスカウトされ毛狩り隊Aブロック隊長となる。
なお、スカウト理由は真拳使いであることと100年前の伝説のAブロック隊長ハンペンと似ていたかららしい。
ちなみにそのハンペンとは本編で後に戦うことになり、同じ食べ物キャラということで激しくライバル視していた。

Aブロック基地でボーボボと首領パッチが融合したボボパッチに敗れ、その後再びスーパーで10円で売られるが
ビュティをさらった軍艦(ボーボボの幼馴染にしてライバル)と戦うための戦力としてボーボボに買われる。
その後はまたスーパーで売られていたらしくライス編ではキャプテン石田にこき使われていたが
キャプテン石田がボーボボに倒された後再び一行に加わった。
これ以降ボーボボ、首領パッチ、天の助3人での共同戦線が多くなり「3バカ」と総称されるようになる。

味方になってからはもっぱらいじられキャラであり、
真っ先に敵にやられたり先述のようにボーボボに盾にされたり、ところ天マグナムとして頭を撃ちぬかれたりする事が多い。
しかし「聖鼻毛融合(ボーボボ・フュージョン)」で"ボボパッチの助"や"天ボボ"といった融合戦士も生まれたりするため、
戦闘面で全く役に立たないわけではない。

ちなみに作者によると、元々は一番上のセリフを言わせるためだけに登場させた使い捨てキャラだったらしい。
しかし予想外の人気が出たため再登場を果たし、果ては主要キャラの一人にまで出世したというサクセスストーリーの体現者でもある。

「面白い、食してみるか?」



MUGENにおけるところ天の助

樹(ju)氏による『爆闘ハジケ大戦』のドットをベースに作られたものが存在した。
技もそれがベースになっており、飛び道具の「ところ鉄砲玉」、自分もダメージを受ける「命枷殺」などがある。
超必の「ぬの裁き」はガード不能技で終了後一定時間(ポーズをとっている間)は無敵。
ちなみに当たらない位置で出すと大きく後ろに下がる。(後ろに下がるのは元々そういう性能)
現在は2016年のフリーティケットシアター終了によるサイト消滅で入手不可。
蓬莱氏によるAIも存在していたが現在はサイトトラブルによりDLできない。
大してメジャーキャラというわけでもないので動画で見る機会はほぼない。

出場大会

出演ストーリー



添付ファイル