オディ・オブライト


「俺はヤツらにきっちりとさしてやったよ‥‥

        とどめをな!」

旧スクウェアのSFC用RPG『ライブ・ア・ライブ』の現代編(キャラデザイン:皆川亮二)におけるラスボス
作中の異種格闘技界において最強の格闘家を目指すため、人の心を捨て魔人となった男
上半身裸で肩と背中に刺青をしており、通常画面の2頭身ドット絵でも大きく表現されているほどの巨漢。
敗北者には死を」を信条としており、同じく最強を目指す主人公・高原日勝に敗北した格闘家達を全員殺害。
最後に高原に勝負を挑んでくる。

元ネタは、殺人風車の異名を持つ実在の巨漢プロレスラー「ゲーリー・オブライト」だと思われる。
(ただしゲーリーの方はハゲていないし、殺人風車というアダ名はあくまでも比喩である。2000年に逝去している。)
ちなみに元ネタの綴りは「Gary Albright」だが、Lは読まないためオルブライトにはならない。「- of Light」でもない。

戦闘中の名前表記は苗字が略されて「 オディー・O 」。なぜか伸ばし棒つき。続けて読むと……。
なお、最終編では高原が彼の石像を見て 「オ オブライト! オディ・オブライトじゃねえか!」 と言っているので、
表記ゆれの範囲でどちらでもいいのかもしれない。ややこしいので本項では基本的に苗字の オブライト で記す。

また、戦闘前の彼と高原との掛け合いは非常に アツい と評判。
+ 全文

原作での性能

オブライトは高原とは違い格闘家達の技をそのまま真似るのではなく、それを独自にアレンジしたオリジナル技を使う。そっちの方が主人公らしくね?
近距離での攻撃力が非常に高く、「アクロDDO」「デスズサイズ」を喰らえば2発、アクロDDOは下手をすると1発で死亡する。「テリブルシャウト」で自身を回復させる能力も持つ。
高原はオブライトの技をラーニングする事はできない。
ちなみにこの試合のみ 負けてもコンティニューのカウントダウン画面が現れ、何度でもコンティニューが可能。


+ オブライトの使用技一覧

+ で、実際苦戦するかというと…

「最強とは 人を殺せるかどうかで

        決まるのだ‥‥!!」


MUGENにおけるオディ・オブライト

IF氏が作成。ディスプレイネームは原作準拠で「ODIE O」となっている。現在は入手不能。
同氏のライブアライブボスと同じく、背景・BGMが原作と同じものになり、自身の移動はマス目単位で行う(BGMはON/OFFの設定が可能)。
モーションも原作と同じく1枚絵(上向きも含むと2枚だが)が動くだけなので、見た目だけで動きを見切るのは難しいが、技名が画面上部に表記されるので問題は無いと思われる。
技は原作の4つ+αだが、どれもガード不能かつ全身に攻撃判定が発生する。さらにハイパーアーマー持ちで、 敵の攻撃を一定確率で無効化(「ミス!」と表示)する
同氏の御出居隠呼大仏ほど鬼畜ではないが、攻撃判定も広い。
また、高原日勝と戦わせると 原作まんまのイベントが発生する 。LALファンは必見。
製作動画

技解説

アクロDDO(x)
原作で出せなかった鬱憤を晴らすがごとく、敵がどこにいようとロックして飛んでいく。
ただしジャンプして着地した瞬間にしか攻撃判定が発生しないので、すぐにダッシュすれば避けられる。
デスズサイズ(a)
自分の周囲全方位に攻撃判定が発生。やはり接近しないと当たらないが、原作同様時々2ヒットする。
骨法鉄砲(y)
アクロDDOと同じく、敵の位置にロックして突進。隙はアクロDDOに比べて小さいが、威力はやや低め。
テリブルシャウト(b)
自分の体力を回復。アーマーはそのままなので、 出せば必ず回復する
対抗するには、硬直中に回復量を上回るダメージを浴びせるしかない。
アルゴスの瞳(c+z)
同氏のオディワン・リー対戦時専用。リーが最後に使った技をラーニングして使う。一度に使えるのは直近の1つのみ。
元ネタは原作そのものではなく、幻想入り作品「 東方魔王譚 」でオブライトとリーが戦うシーンより引用。
ちなみにLAL本編ではプレイヤー用の攻撃アイテムであり効果も「石化にらみ」で全く異なる。

どの技も1回1回のモーションが長いが、喰らった敵の硬直時間も異様に長いので、当てさえすれば問題ない。
高機動にまかせて動き回るAIや、ちびキャラ相手にはデスズサイズ中心で。


「‥‥ フ‥‥ こ‥‥これからだ‥‥
        
本当の最強への道は‥‥

        
‥‥次から次へと‥‥ 俺の様なヤツが現れる‥‥

        
最強のためなら 自らの命すらいとわぬ‥‥

‥‥俺や‥‥お前の様なヤツらがな‥‥

        
‥‥ それでもお前は‥‥ 人間で‥‥いられるか‥‥な‥‥」


出場大会

  • 「[大会] [オディ・オブライト]」をタグに含むページは1つもありません。