キャプテン・オリマー




「ブンッ ポワッ ピピーーーーーッ!」


任天堂のアクションゲーム『ピクミン』シリーズの主人公的存在。
ホコタテ星出身の「ホコタテ運送」に宇宙船のドライバーとして勤務する男性。
小型貨物から宇宙資源までさまざまな物資の運搬を頼まれ、宇宙航海士としては確かな腕を持つ。
公式サイトによると「結構名前の知られたベテラン宇宙航海士」。
ちなみに身長はたったの 3cm 小男とかそういうレベルではない。

既婚者で、家族は妻と息子、娘が一人ずつ。それにペット一匹(チャッピーに似た生き物)。
その名前は「マリオ」のアナグラムであり、『ピクミン2』で登場する同僚ルーイも恐らくが由来であろう。
好物は愛する妻の作ってくれるホコタテ星の特産物「ピクピクニンジン」のスープ(ピクミンの命名由来)。
飲み物は「マシュルームティー」なるものを愛飲。
一人称は「私」。『ピクミン2』での声優は戸高一生

休暇をもらって愛機の宇宙船「ドルフィン号」で宇宙旅行という名の気ままな一人旅に出たのだが、
帰路においてドルフィン号が隕石に衝突(お茶を飲もうと自動操縦にして席を立ったのが原因だったらしい)、
それによって未開の惑星に墜落・遭難してしまう。
奇跡的にもオリマー自身は気絶だけですんだのだが、ドルフィン号はバラバラになって星の各地にパーツが散ってしまい、
さらに墜落した星の大気にはホコタテ星人にとっては猛毒となる「酸素」が多量に含まれており、
生命維持装置のバッテリーも30日しか持たないという絶望的な状況に陥ってしまう。
しかしそこで半動半植物の不思議な生命体「ピクミン」を発見、そのピクミンたちを指示することにより、
どうにか宇宙船のパーツを回収・修理することに成功、無事生還を果たす。

家族への愛情は強いが、日記や家族からのメールによると妻には頭は上がらないようである。
『ピクミン』での彼の日記や『ピクミン2』での図鑑メモを見ると、宇宙の「冒険家」になるという夢があるようで、
未開の星の探索を危険さを認識しながらも、ロマンを持ちながら楽しんでいるという節が見受けられる。
実際に彼は星で出会った生物を「オリマーメモ」というレポートに纏めており、その独自の解釈と分析から生物学等にも精通してることが伺える。
また、ケチな性分のようで、外出先における食事のほとんどは「宇宙一番ヌードル」や「ホコタテヌードル」という安価なインスタント食品で、
家や宇宙船にはヘソクリを隠していた。

+ 黒い任天堂

『ピクミン』では惑星からの脱出の為のドルフィン号の部品回収、
『ピクミン2』ではホコタテ運送の倒産危機(オリマーの遭難による長期不在が原因らしい、が…)により、
借金返済の為惑星の希少資源(お宝)の探索をルーイと行う(のちにホコタテ運送社長も自ら赴く)。
『ピクミン3』では主人公は新キャラクターであるコッパイ星人の三人アルフ、チャーリー、ブリトニーに交代となったが、
ストーリー終盤でルーイともども重要な事項に関わりながら登場することとなる。

ピクミンシリーズにおけるキャプテン・オリマー

一応アクションゲームなので簡単に彼の技や性能について解説しておく。
スマブラ版と異なり自力でジャンプできない(段差を越えるには間欠泉という蒸気が上がっている所に乗って飛ばないといけない)が、
その代償か本編中登場するキャラでは一番足が速い。
また連れているピクミンが居ない場合はパンチで攻撃が可能で、自分と同じぐらいの生物が相手なら上記の高い機動力を生かしてこれだけで戦うことも可能。
他にも十字ボタン下で寝そべることができ、この状態だと自分をピクミンに運搬してもらうことができる。
2では拾ったアイテムでどんどん強くなっていき、最終的には攻防走の向上に加えて炎や電気攻撃が無効(これに加え元々毒攻撃が無効)、
さらに草の実から精製したゲキカラスプレー(ピクミンの身体能力強化)とゲキニガスプレー(相手を石化)を装備。
もちろん、どちらの場合でも一番強力なのはピクミン達を使った攻撃で、最大で100匹もの彼らを率いて数の暴力をお見舞いする。
キャプテンコマンドーもそうだが、キャプテンと数の暴力は相性がいいのだった。


大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズにおけるキャプテン・オリマー


『DX』ではメモリーカードに「ピクミン」のデータがあることで彼のフィギュアが手に入ったが、『X』以降プレイアブルとして参戦を果たした。
同シリーズでの名義は 「ピクミン&オリマー」 である(但し、試合中画面下に映し出されている名前の表示、及び北米版では 「OLIMAR」 となっている)。
スマブラ世界は「フィギュアに魂が宿って戦っている」という設定なので、サイズ差に関してもさして問題はない。
ちなみに、参戦したキャラのなかで最も設定上の身長が小さい。先述の通りたったの3センチ。

+ 各種必殺ワザ(以降「B」と表記)

+ ピクミン&オリマーの性能、活躍


MUGENにおけるキャプテン・オリマー

海外のSSBR2氏によるものが今の所唯一作成されているオリマー。(名前は「C.olimar」である)
手描きであるが、ガード等の腕の形が変に曲がるため、編集はPCかもしれない。
はっきり言うと初心者には扱いづらい。また、変なところも多い。
ピクミンが相手にぶつかると「バシッ」といって消えたり、手が変に曲がったりするため
完全なるキャラクターとは言えないだろう。
AIは搭載されていない。せいぜい雷光氏のワドルディに勝てるぐらいである。

出場大会

  • 「[大会] [キャプテン・オリマー]」をタグに含むページは1つもありません。